マンガ大地の子

マンガ『大地の子』第25話 旅路|原作・山崎豊子

第25話 旅路
★前回の話を読む。
★次の話を読む。
★最初から読む。

原作:山崎豊子
大正13(1924) 年、大阪市に生れる。京都女子大学国文科卒業、毎日新聞大阪本社に入社。昭和 32 年、生家の昆布商を題材にした処女長篇「暖簾」を書下し刊行。翌 33 年、「花のれん」で第 39 回直木賞受賞。同年退社、執筆に専念。主な著書に『白い巨塔』『不毛地帯』『二つの祖国』『大地の子』『沈まぬ太陽』な

もっとみる
ありがとうございます!
9

マンガ『大地の子』第24話 富士山|原作・山崎豊子

第24話 富士山

★前回の話を読む。
★次の話を読む。
★最初から読む。

原作:山崎豊子
大正13(1924) 年、大阪市に生れる。京都女子大学国文科卒業、毎日新聞大阪本社に入社。昭和 32 年、生家の昆布商を題材にした処女長篇「暖簾」を書下し刊行。翌 33 年、「花のれん」で第 39 回直木賞受賞。同年退社、執筆に専念。主な著書に『白い巨塔』『不毛地帯』『二つの祖国』『大地の子』『沈まぬ太陽

もっとみる
ありがとうございます!
21

マンガ『大地の子』第23話 日本|原作・山崎豊子

第23話 日本
★前回の話を読む。
★次の話を読む。
★最初から読む。

原作:山崎豊子
大正13(1924) 年、大阪市に生れる。京都女子大学国文科卒業、毎日新聞大阪本社に入社。昭和 32 年、生家の昆布商を題材にした処女長篇「暖簾」を書下し刊行。翌 33 年、「花のれん」で第 39 回直木賞受賞。同年退社、執筆に専念。主な著書に『白い巨塔』『不毛地帯』『二つの祖国』『大地の子』『沈まぬ太陽』な

もっとみる
ありがとうございます!
13

長編小説『大地の子』を漫画に!(小説コミカライズ)

■「あなたが日本人だと解っていたら、愛など抱かなかった、許せないわ」

■この海の向こうにある日本、日本人とはさほどにまで卑しく、罪業を負った民族なのだろうか――。

これは日本を代表する作家・山崎豊子さんの小説『大地の子』の一節です。

1987年5月号から1991年4月号まで月刊文藝春秋で連載された本作は、終戦後に中国に取り残された子どもたち、いわゆる“中国残留孤児”の半生を描いた大河小説。

もっとみる

マンガ『大地の子』第21話 国務院回線|原作・山崎豊子

第21話 国務院回線

★前回の話を読む。
★次の話を読む。
★最初から読む。

原作:山崎豊子
大正13(1924) 年、大阪市に生れる。京都女子大学国文科卒業、毎日新聞大阪本社に入社。昭和 32 年、生家の昆布商を題材にした処女長篇「暖簾」を書下し刊行。翌 33 年、「花のれん」で第 39 回直木賞受賞。同年退社、執筆に専念。主な著書に『白い巨塔』『不毛地帯』『二つの祖国』『大地の子』『沈まぬ

もっとみる
ありがとうございます!
13

マンガ『大地の子』第22話 鉄の長城|原作・山崎豊子

第22話 鉄の長城

わずか2週間前に決まった、陸一心の日本出張。「労働改造所にいたときには、日本へ行く日が来るなんて考えもしなかった。あの囚人生活から救ってくれたのは、月梅と父さんだ」と振り返る。出発前、父からの手紙を目にした一心は……。

★前回の話を読む。
★次の話を読む。
★最初から読む。

原作:山崎豊子
大正13(1924) 年、大阪市に生れる。京都女子大学国文科卒業、毎日新聞大阪本社

もっとみる
ありがとうございます!
9

マンガ『大地の子』第20話 消息|原作・山崎豊子

第20話 消息

「これから私はまた中国に戻ります。もしも何かできることがあればすぐご連絡ください」。勝男(陸一心)とあつ子の消息をたどろうとする実父・松本耕次だったが……。

ありがとうございます!
11
ありがとうございます!
4

マンガ『大地の子』第18話 上海|原作・山崎豊子

第18話 上海

陸一心は、列車の中で思いもよらぬ人物と再会する。趙丹青、一心が日本人戦争孤児であることをよく知る女性だった。

★前回の話を読む。
★次の話を読む。
★最初から読む。

原作:山崎豊子
大正13(1924) 年、大阪市に生れる。京都女子大学国文科卒業、毎日新聞大阪本社に入社。昭和 32 年、生家の昆布商を題材にした処女長篇「暖簾」を書下し刊行。翌 33 年、「花のれん」で第 39

もっとみる
ありがとうございます!
7

マンガ『大地の子』第17話 茨の日々|原作・山崎豊子

第17話 茨の日々

「こうして私は、老いた父と出産直後の妻、生まれたばかりの長男を連れて満州へと旅立った」。かつて長野農村から出発した、信濃郷開拓団の最期を語る男性の言葉には、切なる想いが込められていたーー。

★前回の話を読む。
★次の話を読む。
★最初から読む。

原作:山崎豊子
大正13(1924) 年、大阪市に生れる。京都女子大学国文科卒業、毎日新聞大阪本社に入社。昭和 32 年、生家の

もっとみる
ありがとうございます!
8