パステルゾーン育児の会

違和感を覚える言葉

そういう風に言うんだな・・・
と今まで大した疑問も抱かず使ってきた言葉がある。
いや、のどに小骨が引っかかるぐらいは違和感がずっと続いていたというほうが正しい。ただ、そんな小骨なんて気にしている余裕がなかったから、チクチクするなーと思いつつ、次々起こる大出血を止血する作業に明け暮れていた。

止血しまくった後のかさぶたは、時と共にきれいに剥がれ落ち、やれやれこれで一息だわ・・・となったら、急に小骨

もっとみる
ありがとうございます❤
5

子どもが発達障害だからと言って、発達障害のプロになる必要なんてない

発達障害の民間資格が乱発されすぎてる

あなたの子どもは発達障害です。と言われたら、どれだけ衝撃を受けるだろう。一般には児童精神科医が診断するのだけれど、これを診断できるスキルを持っていると思い込んでいる民間資格保持者で教育をコンテンツとしている人がとても多い。

それなりのプロが監修のもとにしっかり情報収集や観察や臨床を繰り返し、作ったプログラムなら100歩譲ってまぁそういうのもあるのかと思う。

もっとみる
やったー!
1

発達障害の子どもを育てているわけではなく、息子という一人の人を育てている

私の息子は発達障害という特性を持ち合わせている。
あえて「特性」と書いたが、適当な言葉が見つからなかったため。まぁあえて言えばというところ。

世の中に障害は個性だとか、ギフトだとか、なんでもかんでもプラス思考で表現する事が多々あるが、私に言わせれば、障害は障害である。

発達障害があるというのは、何かとうまくいかないことが多く、困る場面に出くわすのだ。
個性で困ることはない。困るから障害。

もっとみる
スキ!ありがとうございます!
1