エロルソンヒュー

0003 キコ・コスタディノフ:アイトア・スループとアクロニウムの系譜 3

 自分のためのメモを書き出すだけと言いつつ、いざ公開するとなるとそう無責任にもなれず、再度リサーチし、記事として固めてしまう。それもまた自分の「臆病」な性格の現れなんだと認識し、今後はより純度の高い意味不明な文章もアウトプットしていけるようこの活動を続ける次第である。

キコ・コスタディノフ:アイトア・スループとアクロニウムの系譜 3

 前回はキコ・コスタディノフが1年間インターンし、服作りの基

もっとみる
ありがとうございます!がんばります!
20