アジア系学生

アジア系学生は、アメリカの大学受験にどう立ち向かうのか? その2

アメリカの大学入試の場合、試験の結果に基づいて合否判定が行われるわけではないので、切実感に駆られて勉強する気にはならないのかもしれない。そもそも、人種や親の学歴や収入、家族構成などが入学に左右してくる。親が卒業生だと入学が優遇される場合もある。格差是正のためにAffirmative Action(マイノリティ優遇措置)など特別措置があると、逆に優遇されなかった生徒はやる気が失せる。さらに、SAT/

もっとみる

アジア系学生は、アメリカの大学受験にどう立ち向かうのか? その1

駅前の交通の便が良いところに位置する塾や予備校、電信柱に貼られた塾や予備校の広告看板・・・日本に帰るたびに、日本の塾や予備校の存在感の大きさを感じる。

 日本の都心部では、幼稚園から始まり、小学、中学、高校、大学受験を目指す人のための学習塾・予備校が用意され、学習レベルと目的別に応じて補習塾から進学塾まである。受験において塾の果たす役割が大きく、一つの産業として成立し、社会に受け入れられている。

もっとみる