あんどうりす

あれから10年。これまでと、これから。 ~安全な暮らしと、住まい ~

あれから10年。これまでと、これから。 ~安全な暮らしと、住まい ~

東日本大震災から10年。 決して忘れることなく、語り継がれていかなければならない災害です。 この震災で、学んだことや気づかされたことがたくさんありました。 今からでもできること、それは備えること、そして知識を持つことです。 日常への防災の取り入れ方、住まいをめぐる問題について書かれた2冊の本を紹介します。 『りすの四季だより』家族の笑顔を守る暮らしの知恵 災害への備えや大切な防災意識を、気軽に身近に取り入れる方法をたくさん紹介しているのが、口コミで講演依頼が絶えることな

10
【防災月間おすすめの本】日常生活ですぐに使える暮らしの知恵がいざという時に命を守る『りすの四季だより』

【防災月間おすすめの本】日常生活ですぐに使える暮らしの知恵がいざという時に命を守る『りすの四季だより』

9月は防災月間です。この時期は防災のニュースも増え、防災訓練などもあるので、備蓄やいざという時の避難経路などを考えるけれど、常に防災意識を持ち続けることはなかなか難しいのではないでしょうか。そんな人にお勧めしたいのが本書です! アウトドア防災ガイドのあんどう りすさん 著者のあんどう りすさんは、阪神・淡路大震災での被災体験とアウトドアの知識を生かして、アウトドア防災ガイドとして2003年から全国各地で防災の講演活動をされています。とりわけ、子育てグッズと防災グッズをイコー

3
withコロナ時代の防災

withコロナ時代の防災

一般社団法人ポリパンスマイル協会から、ご案内です。 日本各地で大雨の被害に遭われた方々に心よりお見舞いを申し上げます。 コロナ禍の中、ボランティアは限定されており、近県であっても駆け付けることが出来ないのが歯痒さを感じています。 災害は身近に起きることで、備えておくべきだと思っていても、いざとなると何から備えておけば良いか、どのくらい必要なのか悩みますね。 当協会では、先月、防災士のあんどうりすさんをお招きし、オンラインで『withコロナ時代の防災講座』を開催致しました。 多

あんどうりす講師によるwithコロナ時代のオンライン防災講演会のご案内

あんどうりす講師によるwithコロナ時代のオンライン防災講演会のご案内

こんにちは。 久しぶりのnoteへの投稿となってしまいました。あれよあれよという間に、今年も上半期が過ぎて、季節は台風シーズンを迎えようとしています。今日は全国的に雨の予報とのこと。ところどころで、激しい雨や雷雨の予報も発表されていますので、お出かけの際は注意してくださいね!! 千葉の地震で不安な思いをされていらっしゃる方も多いことと思います。心よりお見舞い申し上げますとともに、今後の余震には十分お気をつけてくださいますように。 気象庁の発表では東日本大震災の余震とのことで、

3
コロナ感染拡大中のいま、もし災害が起きたら?(2020.5.2)

コロナ感染拡大中のいま、もし災害が起きたら?(2020.5.2)

防災の活動をされている、あんどうりすさんの講演。最近、あちこちで地震もあり、タイムリーだったので参加! これから梅雨を始め雨が多い時期になるので、雨対策は必須! 地震もいつ起こるかわからない、避難所は全員を収容できるわけではないし、コロナで密を避ける必要があるため、なるべく家で過ごせるよう日頃の備えが大事! 【断熱で寒暖差をなくす】 家の中が寒い場合、断熱サッシをつけるなど常に快適な環境を作るよう心がける。 車をお持ちの方は、断熱シート、カーインバータなどを備えると良い。

25
暮らしの中に防災を!
+1

暮らしの中に防災を!

1