3歳の息子のことば。
見出し画像

3歳の息子のことば。

子どもの発言はハッとさせられるというお話。


「いーじゃんいーじゃん!へーきへーき!」
「へっちゃらさ!」


そんな事をこの間から言う。誰が言ってたの?と聞くと
「ユノちゃん」と教えてくれた。


子どもの遊んでる世界は自由だ。とにかく自由だ。制限がない。遊ぶ姿を眺めていいなぁ。と思う。


今の世界を選んでるのは自分なのだと、ここ近年の読書や、今までを思い返すとよく思う。
「やりたいことをやれなかった」は、やらないことを選んだ。だからいまこの瞬間でさえも皆、やりたいことをいつもやれているそうだ。
この世界を自分が選んだのなら、これからは当然今この瞬間から選びたい放題だ。それなのに、なぜ出来ないと思い込んで居たんだろう。

体の声を聴くこと、必須だと実感する。痛みや些細な不調は体のサイン。それを無視すると、それなりに体は固くなり、しなやかさが薄れていく。月イチのメンテナンスをすると、体の感覚が研ぎ澄まされているのを実感する。私の一番研ぎ澄まされている感覚は触れることなので、よく分かる。

選ぶ選ばないで大切なこと。それは心地良さ。じんわりと温かくなる感覚。軽いこと。

頭ばかりで損得を考えると体の感覚を見失っていくのだと思う。心地良さすらも。私も色々な事が巡り過ぎて、自分の感情に振り回されるけど、中庸に戻ってくる事が出来るようになった。ちゃんと戻ると体の体温は本当に上がる。温かいと心は、穏やかである。 

ハルは鍼灸院だが、私のところへ来てくれた方へはその日私のやれることは全てリリースしている。鍼を刺す以外にも。鍼灸やお茶会、アクセスバーズ、どこかで体の緊張が取れてゆったりして体が緩んだら、心も緩む。

10月もそんな感じで鍼療しています。

この記事が参加している募集

子どもに教えられたこと

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
明日はスキップで出勤。
はりきゅうHARUのブログへようこそ。 岐阜市・柳ヶ瀬にて小さな鍼灸院を営んでいます。 鍼灸師・2児の母 趣味でロゴデザイン、出生時間からわかる諸々、フットワークは人一倍軽くてどこへでも行きます。