7Artisans 60mm F2.8 macro

7Artisans(七工匠)から新しく60mm F2.8のマクロレンズが登場した。
CP+2019でも展示されていたので感度の高い方ならご存知だろう。
日本では焦点工房から、価格は25000円である。
格安のマクロレンズである。今回はFUJIFILM Xマウント版をお借りできたので、少し撮影してみた。
ちなみに、このレンズ中国国内の人気が高く、日本に入荷数量が少ないらしいので在庫見つけたら即買いが吉かもしれない。


■外観デザイン

7Artisansのレンズは、いずれのレンズも価格を超えた作りの良さがある。シンプルだが安っぽいデザインに走らず品質感を漂わせてくる。もちろん金属製のボディだし、持てば小さい割にズッシリとくるのは他の7Artisansレンズと同じである。

■画質
はっきり言うと、センターから四隅まで高解像にカッチリ描写する。ボケも妙なボケ方をすることもなく美しい。質感描写も良い。いい意味で驚きである。マクロレンズでAFをほとんど使わない私としてはこのレンズは物撮りの時にヘビロテしそうな匂いがプンプンしている。

■写真
とりあえず撮影した写真を貼り付けておきます。

F値は、モノクロのみがF4、他はF5.6~F8で撮影しています。
普段はマクロ撮らないけど、たまに必要なときがありますよね。価格も抑えられてるこのレンズはいい候補になりそうです。

■少し残念なところ
価格を考えると言いにくいところですが、マクロ撮影ではガッツリ絞りたいことも多く、このレンズはF16までしか絞れない。できればF32くらいはクリアして欲しい。ピントはもっと精度を上げてほしい。ヘイリコイドの回転角に対して少々敏感かな?と思うところもありますけど、慣れの問題ですね。

FUJIFILM X-T3
7Artisans 60mm F2.8 macro

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます🎵
9
ヤマグチハルク ( HarQ Yamaguchi ) / 写真家 FUJIFILM Official X-Photographer 奈良在住。コンセプチュアル、人物、風景作品を中心に写真家活動をする人。ユーザーサイドに立ったレンズやカメラのレビューも行う。無類の蕎麦好き。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。