tomonao-h

原朋直 (はらともなお):ジャズトランペット奏者/作曲家/バンドリーダー/洗足学園音楽大学教授 Web site: https://tomonaohara.com / Facebook page: https://www.facebook.com/tomonaoharamusic

tomonao-h

原朋直 (はらともなお):ジャズトランペット奏者/作曲家/バンドリーダー/洗足学園音楽大学教授 Web site: https://tomonaohara.com / Facebook page: https://www.facebook.com/tomonaoharamusic

    マガジン

    • いろいろ

      いろいろなことを撮ったり書いたり。。。

    • Music

      Jazz, Trumpet, Music...

    • Photos

      自然、街、猫、もの、人…

    ストア

    • 商品の画像

      Circle Round

      原朋直グループによるジャズ・オリジナル・アルバム第二弾 〜テーマは「地球・宇宙・愛」〜“Circle Round”は、10曲のオリジナル楽曲(原9曲、池尻1曲)によるジャズ・アルバム。これらの曲たちはグループの前作 “Time In Delight”の録音後およそ2年半をかけてbandによって大切に育てられた。原が初めて作詞に挑戦した “Cosmic Microcosm”では原と朝田のvocal、その後の全員コーラスが楽しい。壮大なストーリー性に満ちた世界が広がる原朋直の自信作。“Circle Round”----------------------------------------1.Deep Sea (Tomonao Hara)2.Eruption (Tomonao Hara)3.Circle Round (Tomonao Hara)4.Polar Form (Hiroshi Ikejiri)5.Living Song (Tomonao Hara)6.Let’s Gomi Jam (Tomonao Hara)7.Empty Room (Tomonao Hara)8.Nebula (Tomonao Hara)9.Blue Blues (Tomonao Hara)10.Cosmic Microcosm (Tomonao Hara)----------------------------------------Tomonao Hara Group:原朋直 Tomonao Hara (Trumpet)鈴木央紹 Hisatsugu Suzuki (Tenor & Soprano Saxophone)宮川純 Jun Miyakawa (Piano & Fender Rhodes Mark I)朝田拓馬 Takuma Asada (Guitar)池尻洋史 Hiroshi Ikejiri (Double Bass & Electric Bass)デニス・フレーゼ Dennis Frehse (Drums)----------------------------------------Recorded on March 16 and 17, 2020 at Studio Tanta, TokyoProduced by Tomonao Hara(原朋直)Recorded by Mick Sawaguchi(Mick沢口)Mixed by Mick Sawaguchi(Mick沢口)Mastered by Mick Sawaguchi(Mick沢口)Assistant Engineer: Yu Sasaki, Koki Takagi(佐々木優、髙木康生)Photo by Tomonao Hara(原朋直)----------------------------------------Tomonao Hara plays YAMAHA Trumpet (YTR-8335GH) & Mouthpiece (TR-HARA-GP)Hisatsugu Suzuki plays D’Addario Reserve ReedsDennis Frehse plays Canopus Drums, Zildjian Cymbals and Regal Tip Sticks & Brushes----------------------------------------Special Thanks: Keiko Hara(原慶子)----------------------------------------*CDはMQAフォーマットです。(通常のCDプレイヤーでも問題無く再生することができます。)----------------------------------------Gaumy Jam Records (GJR0004)
      ¥2,500
      Gaumy Jam Records STORE
    • 商品の画像

      Dear J.C. ~ Dedicate to John Coltrane ~

      「トランペットとダブルベースのデュオによる、ジョン・コルトレーンのオリジナルのみで構成された作品」トランペット・ダブルベースという単音楽器同士のアンサンブルで、曲目は全てジョン・コルトレーン作曲によるもの。このチャレンジングなアイデアにトライした二人のジャズ・ミュージシャンの音世界は想像を超える広がりを見せ、聴くものの魂を揺さぶる。緊張と癒しのコントラストが美しい作品集。"Dear J.C. ~ Dedicate to John Coltrane ~"----------------------------------------1.Lonnie’s Lament (John Coltrane)2.Equinox (John Coltrane)3.Naima (John Coltrane)4.Moment’s Notice (John Coltrane)5.Dear Lord (John Coltrane)6.Syeeda’s Song Flute (John Coltrane)7.Spiral (John Coltrane)8.Central Park West (John Coltrane)9.Count Down (John Coltrane)10.Chasin’ The Train (John Coltrane)----------------------------------------原朋直 Tomonao Hara (Trumpet)池尻洋史 Hiroshi Ikejiri (Double Bass)----------------------------------------Recorded on August 21 and 22, 2017 at MOURI ART WORKS STUDIO, TokyoProduced by Mick Sawaguchi (Mick Sound Lab, UNAMAS-Label)(Mick沢口)Recorded by Mick Sawaguchi(Mick沢口)Mixed by Mick Sawaguchi(Mick沢口)Mastered by Mick Sawaguchi(Mick沢口)Photo by Tomonao Hara(原朋直)----------------------------------------Tomonao Hara plays YAMAHA Trumpet (YTR-8335GH) & Mouthpiece (TR-HARA-GP)----------------------------------------*CDはMQAフォーマットです。(通常のCDプレイヤーでも問題無く再生することができます。)----------------------------------------Gaumy Jam Records (GJR0003)
      ¥2,500
      Gaumy Jam Records STORE
    • 商品の画像

      Circle Round

      原朋直グループによるジャズ・オリジナル・アルバム第二弾 〜テーマは「地球・宇宙・愛」〜“Circle Round”は、10曲のオリジナル楽曲(原9曲、池尻1曲)によるジャズ・アルバム。これらの曲たちはグループの前作 “Time In Delight”の録音後およそ2年半をかけてbandによって大切に育てられた。原が初めて作詞に挑戦した “Cosmic Microcosm”では原と朝田のvocal、その後の全員コーラスが楽しい。壮大なストーリー性に満ちた世界が広がる原朋直の自信作。“Circle Round”----------------------------------------1.Deep Sea (Tomonao Hara)2.Eruption (Tomonao Hara)3.Circle Round (Tomonao Hara)4.Polar Form (Hiroshi Ikejiri)5.Living Song (Tomonao Hara)6.Let’s Gomi Jam (Tomonao Hara)7.Empty Room (Tomonao Hara)8.Nebula (Tomonao Hara)9.Blue Blues (Tomonao Hara)10.Cosmic Microcosm (Tomonao Hara)----------------------------------------Tomonao Hara Group:原朋直 Tomonao Hara (Trumpet)鈴木央紹 Hisatsugu Suzuki (Tenor & Soprano Saxophone)宮川純 Jun Miyakawa (Piano & Fender Rhodes Mark I)朝田拓馬 Takuma Asada (Guitar)池尻洋史 Hiroshi Ikejiri (Double Bass & Electric Bass)デニス・フレーゼ Dennis Frehse (Drums)----------------------------------------Recorded on March 16 and 17, 2020 at Studio Tanta, TokyoProduced by Tomonao Hara(原朋直)Recorded by Mick Sawaguchi(Mick沢口)Mixed by Mick Sawaguchi(Mick沢口)Mastered by Mick Sawaguchi(Mick沢口)Assistant Engineer: Yu Sasaki, Koki Takagi(佐々木優、髙木康生)Photo by Tomonao Hara(原朋直)----------------------------------------Tomonao Hara plays YAMAHA Trumpet (YTR-8335GH) & Mouthpiece (TR-HARA-GP)Hisatsugu Suzuki plays D’Addario Reserve ReedsDennis Frehse plays Canopus Drums, Zildjian Cymbals and Regal Tip Sticks & Brushes----------------------------------------Special Thanks: Keiko Hara(原慶子)----------------------------------------*CDはMQAフォーマットです。(通常のCDプレイヤーでも問題無く再生することができます。)----------------------------------------Gaumy Jam Records (GJR0004)
      ¥2,500
      Gaumy Jam Records STORE
    • 商品の画像

      Dear J.C. ~ Dedicate to John Coltrane ~

      「トランペットとダブルベースのデュオによる、ジョン・コルトレーンのオリジナルのみで構成された作品」トランペット・ダブルベースという単音楽器同士のアンサンブルで、曲目は全てジョン・コルトレーン作曲によるもの。このチャレンジングなアイデアにトライした二人のジャズ・ミュージシャンの音世界は想像を超える広がりを見せ、聴くものの魂を揺さぶる。緊張と癒しのコントラストが美しい作品集。"Dear J.C. ~ Dedicate to John Coltrane ~"----------------------------------------1.Lonnie’s Lament (John Coltrane)2.Equinox (John Coltrane)3.Naima (John Coltrane)4.Moment’s Notice (John Coltrane)5.Dear Lord (John Coltrane)6.Syeeda’s Song Flute (John Coltrane)7.Spiral (John Coltrane)8.Central Park West (John Coltrane)9.Count Down (John Coltrane)10.Chasin’ The Train (John Coltrane)----------------------------------------原朋直 Tomonao Hara (Trumpet)池尻洋史 Hiroshi Ikejiri (Double Bass)----------------------------------------Recorded on August 21 and 22, 2017 at MOURI ART WORKS STUDIO, TokyoProduced by Mick Sawaguchi (Mick Sound Lab, UNAMAS-Label)(Mick沢口)Recorded by Mick Sawaguchi(Mick沢口)Mixed by Mick Sawaguchi(Mick沢口)Mastered by Mick Sawaguchi(Mick沢口)Photo by Tomonao Hara(原朋直)----------------------------------------Tomonao Hara plays YAMAHA Trumpet (YTR-8335GH) & Mouthpiece (TR-HARA-GP)----------------------------------------*CDはMQAフォーマットです。(通常のCDプレイヤーでも問題無く再生することができます。)----------------------------------------Gaumy Jam Records (GJR0003)
      ¥2,500
      Gaumy Jam Records STORE
    • もっとみる

    最近の記事

    温泉、音楽、ハンバーガー

     夏休み、温泉街にあるお洒落なカフェにて流れる音楽を聴きながらの読書。命の洗濯とエネルギー補給。  呼吸をゆっくりしながら時間に身を委ねることがいかに心と体に良いことか分かる。  嘗ての私は旅行や遊びの時間を心から楽しむことが出来ず、常に先の事や自分に関係する諸問題について心配をしモヤモヤを抱えながら「お休みの時間」を取っていた。  私の見える、感じる世界が広がったのか、歳をとって少し鈍くなってきたのかは分からないが、最近他人の価値観や言うことに振り回されることが無くなっ

      • アンブシュア・イメージの話

         頭の中で生み出した音楽を歌や楽器で表現するということが「音楽を作る」ということだと思うのだが、 肝心の楽器が頭の中の音楽をダイレクトに出せない場合、それは大変苦しく辛い。  トランペットの場合、まず楽器をコントロールするという点において気の遠くなる様な時間とエネルギーが必要になる。少なくとも私はこれまで相当な時間と労力を費やしてきた。  腹式呼吸についての研究、舌の役割についての研究、歯や歯茎、顎についての考察と研究、唇について、上唇と下唇の役割や関係についての考察と研究

        • 隙間時間のぼーっとした時に浮き出てくる貴重なもの

           大学の仕事で地方に出張することがある。 早朝に家を出て、用事が済んだらどこにも寄らずに帰路に着く、というまるで多忙なビジネスマンの様なドライな旅である。  移動は新幹線や飛行機がほとんど。その間音楽を聴いたり映画を観たり電子書籍を読んだり…うたた寝をしたり、、、そんな中でぼーっとなる瞬間がある。  ぼーっと空(くう)を見つめる時間、そんな感じで半分寝ている様な感覚になった時に、いろいろなものやことがやって来る。  トランペットの奏法の気付きや呼吸、アンブシュア、舌の運動に

          • Bromptonで多摩川サイクリングロードを走る&いろいろ考えながら…→どうでもよくなる→最高

             毎朝の日課(ラッパの練習)を終え、必要最小限な荷物を持ち、今日は多摩川サイクリングロードを上流方面に向けて走る。  朝の風が実に気持ちよく、走り出しはお尻も痛くなく、脚もしっかりと力強く働く。  土曜日の午前中ならではの人の動き…いい感じ。  見慣れた風景も晴れるといいね。  音楽のこと、レコーディングのことをあれこれ考える。実に楽しい。ワクワクする。思いついたアイデアはすぐにメモをする。  少し脚が重くなり始める。  自分の音楽以外の瑣末なことが頭を巡りだす…面白く

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • いろいろ
            tomonao-h
          • Music
            tomonao-h
          • Photos
            tomonao-h

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            力を抜く、力を入れない…という感じではなく、力が入っていないという感じ。

             トランペットを吹くために必要な「力」…腹式呼吸で使う「力」やアンブシュアが崩れない様にするための「力」、楽器を持つための「力」などの「必要な力」を除いては楽器を演奏する時の「力を抜く」「力を入れない」「リラックスする」ことが大切である、と多くの先人たちから教えられ、私はそれを最重要事項と思い長いこと練習や研究を重ねてきた。  しかしこれはなかなか難しいことで、研究には何十年もかかり、漸く最近になって長年の苦労が実り始め、良い音を出すためのリラックスした「感じ」が少しずつ確

            充電の日

             制作に費やす時間よりも人間模様の渦の中で右往左往している時間が長くなってくると、本当にしんどいなあ…と思う今日この頃。  散歩日和の今日は、自分の内側に入りカメラを持って近所を散歩して少し充電出来たと思う。  散歩はいいね。 #eosr6 #tokyo #丸子橋 #canon #散歩 

            ギタリスト朝田拓馬とのDuoを撮った

             Tomonao Hara Groupのメンバーでギタリストの朝田拓馬とTrumpet & Guitar Duoの映像を撮った。  朝田は私が務める大学の卒業生。 彼は私のアンサンブル授業の元履修生であり、学内外での様々な音楽活動を積極的に行い、当時から異彩を放っていたという記憶がある。  また、他の学生が私とのアンサンブル研究をする「副科実技」というものにも聴講生として参加していた。 その授業は朝の9時から始まるもので、実際に履修していた学生が寝坊や体調不良で欠席した時で

            トロンボーン 練習日記 4

             11才で始めたトランペットをおよそ43年間続けているのだが、頭の中にはいつもトランペットのことが在る。  コンディションだったり、演奏のことだったり、バンドのこと、作品制作のこと、楽器の開発のことだったり。全部トランペットに紐づいている。  トロンボーンを手に入れ、ワクワクしながらもでもやはりトランペットが頭から離れない。  お陰で、トランペットの研究で得た唇やアンブシュアのこと、呼吸のこと、体のことについてかなりの部分で応用が効く。  ただ、楽器の演奏やメロディーを生み

            独奏の楽しみ

             私はジャズのアドリブの独奏が大好きだ。 トランペットは単音楽器なのでアドリブソロのコンピングを同時に行うことは無理だが、自分の頭の中で生み出すハーモニーやリズムの流れを感じながらグルービーに歌うことはとても気持ちがいい。  合奏とは、ひとりひとりが独自の音楽世界を繰り広げ、それらのコラボレーションにより発展し広がっていくものだと思う。 時には矛盾を孕んだ激しい摩擦が起こり、また時にはロックインや同一化が起こりとてつもない感動を生み出す。  その素になる独りの音楽世界をより

            いい演奏だったのでupした^_^

            先日のライブがとても楽しく、演奏もよかったのでYouTubeにupした。 ライブハウスで間近に感じるものとは違うかもしれないが、私のバンドをひとりでも多くの人に聴いて欲しいので、気に入った演奏は積極的にあげることにしている。 2021/4/12(月) 千葉県柏市 Nardis Tomonao Hara Group 原朋直/tp, 鈴木央紹/ts, 宮川純/p, 朝田拓馬/g, 池尻洋史/b, デニス・フレーゼ(Dennis Frehse)/ds

            トロンボーン練習日記 3

            「出来ない」時間を気長にのんびりと過ごす…これは私の得意技だ。  トロンボーンで吹いた楽曲のテーマやアドリブが美しく響き、アンサンブルの中で影響力のあるメロディーとなっていくためには相当な音楽力と楽器力が必要だ。その能力を手に入れるためには近道の練習法やすぐに役立つ方法論などは殆どないというのが私の経験的意見である。  それは、一見スポーツに似ているといえるかもしれないが、私は全く違うと思っている。体や心のどこか、もしくは全体を「鍛え」、競争力を養い、他人や自分に「勝つ」た

            再生

            日曜日の朝にブルースを吹く

            原朋直オフィシャルYouTubeチャンネル(https://youtube.com/channel/UCdmDgyTSr36KovADiS19JYw)で公開中の動画。 YouTubeチャンネルを色々な目的のために複数開設しているので、ここのところどれがオフィシャルなのかはっきりしなくなってきてしまった。なので、自分の演奏動画はひとつのアカウントでまとめていこうと思う。(原朋直プライベートという紛らわしいチャンネルは私のダラダラ話す動画や趣味のコンテンツを載せていく予定。)

            再生

            After You've Gone 独奏

            ジャズ・スタンダードナンバー After You've Gone を独りでアドリブ。音楽と戯れる私の楽しい時間。

            トロンボーン練習日記 2

             トランペットを吹いて40年以上が経った。 姿勢、アンブシュア、舌の動き、ブレス、音程、音のイメージ、音の質感、リラックス、その他様々な方法や考え方を通り、試行錯誤を繰り返し現在に至る。  楽器は、全てがリンクすることで安定した音を得ることができる。 何かひとつのことに拘ると悪循環が生まれ、結局「良い音が出ない」「レンジが広がらない」等たくさんの悩みの種を生み出す。  大切なことはひとつではなく沢山あって、それぞれが難しく、その沢山の複雑なことを「力を入れずに」まとめ、操り

            トロンボーン練習日記 1

             トロンボーンを真剣に練習しようと思う。  2020年10月頃からトロンボーンに興味が湧き、やがて夢中になり、手に入ったその日から毎日たくさん練習や研究をした。 トランペットで出来ることを無理やりトロンボーンでやろうとして1月中旬にぎっくり腰になり、唇を切ってしまった。多分、腹筋に力を入れすぎたことが腰への負担をかけ、唇を休ませず長時間吹き続けたことが唇への負担をかけたのだと思う。  私は自分で考えそしてやってみて出来るようになるのが好きだ。トランペットもジャズも素晴らし

            作品の出来栄え

             私は朝には取り敢えずトランペットを吹き、鍵盤を弾き、ウクレレの練習などをする。最近ではトロンボーンも仲間入りした。  休日も大抵は楽器を演奏し、音楽を聴き、本を読み、映画や動画を観る。またはカメラを持ってポタリングやドライブに出かける。  いろいろやりながら、しかしいつも私の頭の中には作曲や作詞のことが在る。 そしてある時突然閃きが沸き、突然作業に入る。それは自由気ままにやって来る。  閃くものがコンセプチュアルな時もあり、断片的な時もある。様々だ。  出来栄えは想像しな