はらまき

おもしろい話を作りたいと思っています。周りの影響を受けやすく、考えがころころ変わる人間です。

三センチの秘密

人間は生まれて八〇年たつと三センチだけ浮くことができるんだ。ほんとだよ。僕はおばあちゃんが大好きで子どものころずっと一緒にいたんだけど、あるとき、浮くところを見…

鳩とコーヒー

日課の散歩をしていると雨が降ってきた。すぐやみそうだったので近くのコンビニで雨宿りをしていると、コーヒーを飲みたくなり購入。外に出ると雨はもうあがっていた。コー…

口の中の秘密(140字小説)

口内炎がよくできる。治ったと思うとまた新しい口内炎ができるので、ほぼほぼ一年中口の中に何かができている。病院は嫌いなので行きたくない。そんな暮らしをどのくらい続…

おならと初恋(140字小説)

かつて僕は、おならを自由に操ることができた。音、匂い、頃合い、全て自在だ。ある昼休み、僕がビートルズのイエスタデイをおならで演奏していると、隣のクラスの梨乃ちゃ…

靴靴靴(140字小説)

街で気になる靴を見かけた。立ち止まり足を向けようとするのだが、意思に反して足は先へと進んでいく。しかもペースが上がった。「待てって」僕がそういうと「やだ」と靴は…

この星で一番速く走るために生まれた友人の話(140字小説)

「この星で一番速く走るために、俺は生まれてきたんだ」友人は成長し、誰よりも速く走れるようになった。そんな友人が怪我をした。一緒に山を登ったときに熊に襲われそうに…