Keiko Kakiuchi / 株式会社ケイ・シー・ブライトン

一人ひとりががいきいき輝いて、幸せに働き、幸せに生活できるようなwellbeingな社会を目指して活動しています。 人づくり/組織づくり、人とつながる場づくり、社会づくり/地域活性×キャリア https://k-c-brighten.com

Keiko Kakiuchi / 株式会社ケイ・シー・ブライトン

一人ひとりががいきいき輝いて、幸せに働き、幸せに生活できるようなwellbeingな社会を目指して活動しています。 人づくり/組織づくり、人とつながる場づくり、社会づくり/地域活性×キャリア https://k-c-brighten.com

    最近の記事

    禅語 #3 「主人公(しゅじんこう)」

    意味は、「自分の中にいる本当の自分のこと」 ある和尚が、毎日座禅をしながら、自分自身に、「主人公?」と問いかけて、自らそうだと答えていたことから生まれた禅語。 いつも人に合わせたり抑えたりしていると、一見人間関係は円滑でも、自分自身が苦しくなってしまいます。一番大切なのなのは、いつまでも本来の自分を見失わず、自分らしくあることです。 自分が自分の世界の主人公でいれば、周りに振り回されることなく、自由に生きていくことができますね。 Zen word #3  “shujink

    スキ
    2
      • 禅語 #2 「自灯明(じとうみょう)」

        English below 「他者に頼らず、自分自身を頼りとして生きていきなさい」という意味。 自分自身を灯火として、自分の意志で行動すること。夜に灯すロウソクの明かりのように、頼るものがなにもないところでも、自分を頼りとすることで自分自身が明かりとなり暗闇を照らすことができるように。 もし自分以外の誰かを灯火として生きていたら、その誰かという明かりが消えてしまった時、真っ暗闇の中をさまようことになってしまいます。 自分自身を灯火としていれば、これから先の人生も自分自身で

        スキ
        4
        • ウェルビーイングに生きるヒント   ~生きる力になる・折れない心をつくる禅語~

          このVUCAの時代、そしてこの数年ではコロナ禍で生活にも大きな変化がありました。そんな中で、心や体を癒したり、生きる力をもらったりしたいと思うことも多いのではないでしょうか。 そんな時に、禅の言葉から力をもらってみませんか? 禅語は、禅宗の僧侶たちによって語られてきた言葉です。その言葉には、心を整えたり、日々の生活の中で心がけたいことや、悩みを解消するヒントになるような言葉がたくさんあります。 ウェルビーイングな人生を送る(よりよく生きる)ためにも禅語をご紹介していきます。

          スキ
          2