安岡美佳|Mika Yasuoka Jensen

リビングラボ(デザイン手法)を用いた社会におけるICT実装プロジェクトを実施。スマートシティ・電子政府・伝統工芸の知識伝承に関心あり。2005年よりデンマーク在住、2拠点研究(希望)。What ICT can do to make our life happier!?

安岡美佳|Mika Yasuoka Jensen

リビングラボ(デザイン手法)を用いた社会におけるICT実装プロジェクトを実施。スマートシティ・電子政府・伝統工芸の知識伝承に関心あり。2005年よりデンマーク在住、2拠点研究(希望)。What ICT can do to make our life happier!?

    マガジン

    • デンマークのアクティブラーニング

      デンマークには、アクティブラーニングの世界的先達であり先鋒である2大学、ロスキレ大学、オールボー大学があります。 現在、世界中の学校の閉鎖や授業の休講が相次いでいます。授業がないから、学校が閉鎖されたから、そのような理由で「学ぶ」という行為が中断されていないでしょうか。その中断はしょうがないことであると認識されてはいないでしょうか。学ぶという行為は、人に一生ついて回ります。このような時期だからこそ、アクティブラーニング(自分で主体的に学ぶ)という考えが、今以上に重要になっている時期はない、と考えています。新しい発見も含め、改めてアクティブラーニングについて、そしてグループワークについて考えて見たいと思っています。

    • 北欧のスマートシティ

      北欧のスマートシティは、そこの住む人たちの幸せを追求する街。住みやすい街を模索する市民のボトムアップとコスト削減をしつつ公共サービスの質を落とさないためにはどうしたらいいかという行政のトップダウン、街を舞台に消費経済や生産経済を循環させる産業の真摯な共同的模索の体現です。中国型でも米国型でもない「ムーミン谷」型、それが北欧のスマートシティです。

    • ハピネステクノロジ

      "What ICT can do to make our life happier" 幸せの国、住みやすい国、働きやすい国として各種国際指標でトップを維持するデンマークは、電子政府指標などでも上位に出てくることの多い国だ。電子政府政策進展の恩恵を受け、デンマークでは行政手続きに止まらず、医療、福祉、教育、金融などのあらゆる分野においてデジタル化が進み、デジタルの恩恵が国民生活の隅々にまで行き届いている。デンマークは、先端技術が次々と生まれる国というわけではないものの、国内外の先端技術をうまく活用した生活を良くする工夫が次々と生まれる、「人を幸せにする技術」の国なのである。

    • 北欧の電子政府

      デンマークの電子政府を中心に北欧の電子政府に関する記事をまとめています。2000年あたりに北欧各国で始まった電子政府政策は、20年が経過し、確実な成果が積み重ねられています。安全・便利・効率的な電子政府の実現の一端を紹介します。

    • 北欧のリビングラボ

      北欧のリビングラボについて、コンセプトや事例の紹介をしています。 情報共有ネットワークとしてFBのリビングラボ研究所(https://www.facebook.com/groups/1749263638549485)があります。 ジャパンノルディック・リビングラボ・コンソーシアム(http://livinglab.japanordic.com/)は、共同研究の枠組みです。

    最近の記事

    デンマークでは『学び直し』はないという事実

    「学び直し」や「リスキリングRe Skilling」という言葉に違和感をずっと感じていたんだけれども、Saki Matsuura@Facebookの投稿で、その理由の一端が見えた気がしていて、そのことについて備忘録として記録しておきたいと思う。 学び直しとは何か?デンマークを訪問する日本人の口から「学び直し」という言葉が聞かれるようになったのはいつ頃のことだろう。デンマークでは「学び直し」の仕組みが企業にありますか?北欧の政府は「学び直し」支援のための施策をどのように進めて

      • コペンのルーフトップに出現した農園の話

        デンマークでは、従来より都心のアパートに住む人たちが小さな農地を所有し、週末農業を行うコロニーヘーヴ(kolonihaveve)が盛んに行われていた。一軒家であれば家の片隅で土いじりが簡単にできるけれども、都心ではなかなかそうもいかない。この昔からの流れは今も健在で、週末になるとちょっと家から離れたところにある猫の額ほどの農地にいそいそと土いじりをしに出かける人たちはたくさんいる。昔は、都市圏内でも少し中心から離れたところにコロニーヘーヴが作られてきたのだが、近年、この流れと

        • ソーシャル・データ活用に見る未来

          デンマークは、言わずもがなの先進デジタル社会である。世界に先んじて社会の隅々までデジタルが浸透する社会となることで注目されるのは、いかに便利なデジタルツールがあるかなどの表面的な部分だけではなく、デジタルインフラがあるからこそ指数関数的に社会に広がるイノベーションの種なんじゃないかなと思っている。 データは宝の山か?データは次世代の石油、と言われて久しいけれども、実際にデータを活用して産業が勃興したり、ビジネスが生まれるというところまで行き着くのは時間がかかる。高品質のデー

          • なぜメタバースは注目されるのか?

            メタバースのことが知りたくて米国に行ってきた北欧でスマートシティ研究に取り組む私の最近の最大の関心事の一つ、これからの街とデジタルの関係性。これからの街がデジタル社会の到来で、どう変容できるのかを知りたい、どうデザインできるかを考えたい。 そこで、関連しそうな気もするし、しない気もするメタバースを、もっとよく理解する必要があるのではないかと考えて、米国に「メタバースを知る旅」に行ってきた。メタバースは、米国や日本の一部で盛り上がっているようだが、私が住んでいる北欧をはじめと

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • デンマークのアクティブラーニング
            安岡美佳|Mika Yasuoka Jensen
          • 北欧のスマートシティ
            安岡美佳|Mika Yasuoka Jensen
          • ハピネステクノロジ
            安岡美佳|Mika Yasuoka Jensen
          • 北欧の電子政府
            安岡美佳|Mika Yasuoka Jensen
          • 北欧のリビングラボ
            安岡美佳|Mika Yasuoka Jensen
          • ウズベキスタン
            安岡美佳|Mika Yasuoka Jensen

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            デンマークのAI Innovation Houseに行ってきた

            先日、機会を得て、デンマークのヴァイレ市(Vejle)に設立された、AIとデジタル関連のインキュベーション組織に行ってきた。AI Innovation HouseのCOO、ミカエラ・アナセン(Michaela Andersen )さんが案内役だ。 AI Innovation Houseとは?3年ほど前にAIやITテクノロジーに特化したインキュベーション組織として作られ、最先端の技術の展示やイベント、マッチングサービスなどを行なっている。大手企業の入居ばかりでなく、自治体が支

            電子化は郵便をどう変えるのか?デンマークの例

            デンマークの郵便事情は、先進国にもかかわらず「かなり悪い」という話を聞いたことがありますか。かつて、郵便は、公共・ユニバーサルサービスとして全国津々浦々郵便ネットワークが行き届き、人々のコミュニケーションの要となっていました。私が北欧に住み始めた2005年頃は、ひどいと言われつつも2−3日で国内郵便は届いていましたし、日本からのEMSも1週間程度で届いていました。 約20年後の現在、郵送による手紙や小包は、今まで比較にならないほど、不便で届きにくくなっています。日本人的感覚

            デンマークと高齢者とICT

            若宮正子さんとの出会い2022年6月、日本から若宮正子さんがデンマークを訪問された。スマートシティ・インスティチュートの南雲さんに紹介されて、「デンマークに近いうちに行きたいと思っている」という正子さんとオンラインでお話しするようになった。話はとんとん拍子に進み、6月の数日間デンマークの視察をお手伝いすることになった。 若宮正子さんは、御歳87歳の日本最高齢のプログラマー、アプリの開発者、高齢者のオンラインコミュニティ「メロウ倶楽部」の副会長やデジタル田園都市国家構想実現会

            アバター実験4:分身ロボットカフェに行ってきた

            ずっと行きたいと思っていた分身ロボットカフェに行ってきた。知り合いの研究者のプロジェクトや書籍などでアバターが身近になる社会が描かれるようになり、アバター共生社会ってどんなものなんだろうと気になりだしたことがきっかけだ。 現実社会でも、アバター関連でいくつか興味のある場所やアクティビティが出てきたのだが、分身ロボットカフェはその一つである。アバターの可能性を見出したり、アバターが社会に進出しているということを見聞きするたびに、実際に自分で体験しなくてはと思いつづけていた。今

            テレワーク推進は働き方改革につながるか〜コロナ禍におけるテレワークの社会的影響調査から考える

            この半年、学生と「コロナ禍におけるテレワークの社会的影響」に関する国際文献調査を行なってきた。対象としたのは全世界から報告されているテレワークに関する研究論文だ。世界的にテレワークについてどのようなことが言われているのかを収集し、デンマーク的視点から分析した。 結果、テレワーク推進は必ずしも働き方改革にならないし、働く環境を悪化させることにもなり得てしまうということが明確に示されている。コロナ禍が収束した後のテレワーク実施は、各組織において、科学的分析に基づいた組織や人の成

            2022年初春

            2022年を迎えました。皆様どのような新年を迎えられているでしょうか?2022年が、皆様にとって、実り多い喜びに溢れる日々になりますように。 2021年は、あいかわらずコロナに振り回された年でした。海外への渡航は相変わらず制限続きで、業務との兼ね合いから日本に気軽に戻ることもままなりませんでした。12月には今までの20年間を振り返えることになる出来事もあり、個人的には心身ともに疲弊することも多くありました。 ただ、改めて振り返ってみると、コロナ禍にもかかわらず、デジタルの

            限界から始まる〜手加減なしの言葉の応酬

            上野千鶴子、鈴木涼美.限界から始まる〜手加減なしの言葉の応酬.幻冬社.2021. 最近、取り組んでいる往復書簡の2冊目である。男性に紹介されて読み始めた本書であるが、女性である私であっても初めて読む上野千鶴子の書籍としては刺激が強かった。 性暴力の話やMe Too運動などが、メディアで取り上げられることが多くなった昨今であるが、日本を舞台として女性、女の自由、男性の女性への目線などといったトピックについて語ることがいかに難しいか、いかに男女の考え方が異なり同じ線上で対話す

            有料
            100

            まちへのラブレター:参加のデザインをめぐる往復書簡.乾久美子・山崎亮

            まちへのラブレター参加のデザインをめぐる往復書簡.乾久美子・山崎亮.2012年.学芸出版社. ほぼ10年前の本である。わたしの日本のまちづくりの知識は、日本の大学の知り合い研究者の枠の中に限定されており、日本のコミュニティデザインや都市開発についてそれほどよく知らない。往復書簡の登場人物の二人の名前は、聞いたことがあったが、どのようなことをされているのかはよく理解していなかった。完読したのち、この10年間で、「参加」に関しての二人の意見は変化したのかどうかが気になった。

            2021年:共創学会第5回年次大会

            共創学会第5回年次大会が12月4〜5日、オンラインで開催された。国際学会、特に欧州系の学会は週末に開催されるのがほぼないので、「週末に学会?」と同僚からは不可思議な反応をもらった。日本の学会は週末や夕方が多いのです。 日本時間で開催の学会であったために、朝の9時から(夜中1時)夕方18:30(10時30)までの開催。朝の会は、どう頑張っても参加するのは厳しく、結局、興味深い発表をいくつも逃したのが残念だ。コロナ禍ということもありオンライン開催であるが故に、発表は可能だったわ

            岡山まちづくり探検〜地方創生時代の市民活動集〜・岩淵泰

            この本を読んで岡山に行ってみたいと思った。岡山のことを全く知らないとわかって、そして岡山をもっと知りたいと思った。 私が筆者である岡山の岩淵さんを知ったのは、2019年に徳島県小松島市で「こまつしまリビングラボ」をやっていた笹尾さんに招聘されてワークショップに参加した時のことだ(これは以前、まちづくりのリビングラボとして執筆している。記録しておいてよかった)。 私は、日本列島の西側は正直あまり足を踏み入れたことがなく、知識も限られていて、中・高の地理や歴史で授業の知識がほ

            日本のリビングラボに見た未来:横浜市

            Photo by Gianni Scognamiglio on Unsplash 彩豊かなリビングラボの集積地:横浜リビングラボ日本でリビングラボを実施するときの秘訣が満載だ、と、思いもよらず素敵な宝物を手に入れた気分にさせられたのは、会話が弾んだ時に得られる一時的な高揚感によるものだったのだろうか。少し時間が経って、改めて振り返り、いや、そんなことないと思っている。期待が高まったのは確かなんだけれども、一時的な熱ではない。ちょっと灰色がかっていた未来の色が変化しつつあ

            オンライン講義のお作法

            10月は、例年に比べても忙しかった。コロナ禍の出口が見え始めたことも(11月に入った今現在はまた感染者増加気味のようだが)あったのか、オンライン講演/講義が続き、対日本で10件近くこなした。依頼されたものを全て受けられているわけではないのだが、興味深いと考えた依頼を受けていたら、10月は週に2-3件という、私にとっては過労死寸前の量にまで膨れ上がってしまった。 発表に関して言えば、コロナ禍の期間は、海外在住研究者として利点が感じられる契機となった。コロナ禍で日本に気軽に行け