安岡美佳|Mika Yasuoka Jensen

リビングラボ(デザイン手法)を用いた社会におけるICT実装プロジェクトを実施。スマート…

安岡美佳|Mika Yasuoka Jensen

リビングラボ(デザイン手法)を用いた社会におけるICT実装プロジェクトを実施。スマートシティ・電子政府・伝統工芸の知識伝承に関心あり。2005年よりデンマークと日本の2拠点で、研究活動中。What ICT can do to make our life happier!?

マガジン

  • 北欧のリビングラボ

    北欧のリビングラボについて、コンセプトや事例の紹介をしています。 情報共有ネットワークとしてFBのリビングラボ研究所(https://www.facebook.com/groups/1749263638549485)があります。 ジャパンノルディック・リビングラボ・コンソーシアム(http://livinglab.japanordic.com/)は、共同研究の枠組みです。

  • ハピネステクノロジ

    "What ICT can do to make our life happier" 幸せの国、住みやすい国、働きやすい国として各種国際指標でトップを維持するデンマークは、電子政府指標などでも上位に出てくることの多い国だ。電子政府政策進展の恩恵を受け、デンマークでは行政手続きに止まらず、医療、福祉、教育、金融などのあらゆる分野においてデジタル化が進み、デジタルの恩恵が国民生活の隅々にまで行き届いている。デンマークは、先端技術が次々と生まれる国というわけではないものの、国内外の先端技術をうまく活用した生活を良くする工夫が次々と生まれる、「人を幸せにする技術」の国なのである。

  • 北欧の電子政府

    デンマークの電子政府を中心に北欧の電子政府に関する記事をまとめています。2000年あたりに北欧各国で始まった電子政府政策は、20年が経過し、確実な成果が積み重ねられています。安全・便利・効率的な電子政府の実現の一端を紹介します。

  • 北欧のスマートシティ

    北欧のスマートシティは、ICTやデジタル、データの力を使って、そこの住む人たちの幸せを追求する街。住みやすい街を模索する市民のボトムアップとコスト削減をしつつ公共サービスの質を落とさないためにはどうしたらいいかという行政のトップダウン、街を舞台に消費経済や生産経済を循環させる産業の真摯な共同的模索の体現です。中国型でも米国型でもない「ムーミン谷」型、それが北欧のスマートシティです。

  • デンマークのアクティブラーニング

    デンマークには、アクティブラーニングの世界的先達であり先鋒である2大学、ロスキレ大学、オールボー大学があります。 現在、世界中の学校の閉鎖や授業の休講が相次いでいます。授業がないから、学校が閉鎖されたから、そのような理由で「学ぶ」という行為が中断されていないでしょうか。その中断はしょうがないことであると認識されてはいないでしょうか。学ぶという行為は、人に一生ついて回ります。このような時期だからこそ、アクティブラーニング(自分で主体的に学ぶ)という考えが、今以上に重要になっている時期はない、と考えています。新しい発見も含め、改めてアクティブラーニングについて、そしてグループワークについて考えて見たいと思っています。

最近の記事

リビングラボの日本モデル

2024年2月4日日曜日、こまつリビングラボ第五回:リビングラボのこまつモデルを考える、が開催された。 私は、「北欧の事例を交えたリビングラボの役割」という題目で30分ほどお話しさせてもらい、その後、青山学院大学教授の野末先生のファシリテーションで、90分程度の宮橋小松市長とのトークセッションを実施した。以前にも、なぜ小松市のリビングラボが面白いのか、素晴らしいのかということをお話ししたが(こちら:地方自治体でリビングラボ:石川県小松市)、今回のリビングラボワークショップで

    • 私のポットキャスト元年

      「最近、ポッドキャストワークショップをAL2でやっているのよね」 そうアンネッテに言われたのは、2019年秋だった。民間銀行ALのリビングラボAL2を知り調べていく過程で、戦略・顧客インサイト責任者のアンネッテと懇意になった。北欧の人らしいクール・エレガントな雰囲気の第一印象は、ちょっと話せば顕れてくるお茶目な表情で見事に覆される。頻繁に会うようになって、AL2のカフェの一角でそんな話になったのを今でも昨日のことのように思い出す。 リビングラボ「AL 2」では若者が知りた

      • 地方自治体でリビングラボ:石川県小松市

        「未来型図書館づくり」のプロジェクトを市民と共に進めていくためにリビングラボを活用したい。そんな連絡を受けたのは、今年の5月ごろだったと記憶している。メールを交換し、オンラインでお話しし、なんだか惹かれるものがあって、今回の現地訪問に繋がった。今まで複数の自治体のリビングラボに関わってきているが、小松市は、リビングラボ実践の地の一つとして、今後も関わっていきたい興味深い自治体の一つになった。なにが注目要因になっているのかを改めて考えてみたい。 ①自律した市民 元々、住んで

        • イノベーションの法則

          イノベーションを生み出すための法則はあるのか。恩師との会話中に勧められた書籍「日本の革新者たち」や最近の日本の地方自治体との交流(例えばこれ)から、今までデンマークに特徴的だと思っていた事項なども日本で少なからず見られ、文化を超えたイノベーションの法則はありそうだとの思いを強くした。 「日本の革新者たち」(2016年)は、野村総合研究所未来創発センター2030年研究室室長の齊藤義明さんによる著作。日本の100名以上の起業家(革新者)たちとの対話により、導出されたイノベーショ

        リビングラボの日本モデル

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 北欧のリビングラボ
          安岡美佳|Mika Yasuoka Jensen
        • ハピネステクノロジ
          安岡美佳|Mika Yasuoka Jensen
        • 北欧の電子政府
          安岡美佳|Mika Yasuoka Jensen
        • 北欧のスマートシティ
          安岡美佳|Mika Yasuoka Jensen
        • デンマークのアクティブラーニング
          安岡美佳|Mika Yasuoka Jensen
        • ウズベキスタン
          安岡美佳|Mika Yasuoka Jensen

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          北欧のスタートアップの祭典TechBBQはグリーントランジションへ

          2023年のTechBBQアップデート2023年のTechBBQは、9月13・14日に開催された。私は、今年で2019年から5年連続の参加になる(2019年報告)。例年になく、快晴な暖かい2日間で、少々の通り雨もあったものの、広い会場の熱気も手伝って、かなり熱い2日間となった。 実は、私にとって、2023年のTechBBQは、事前イベントから幕を開けた。NAVA (Nordic Asian Venture Alliance)のJulianと一緒に日本のデリゲーションに『デン

          北欧のスタートアップの祭典TechBBQはグリーントランジションへ

          デモクラシー・ガレージに行ってきた

          民主主義のリビングラボ、デモクラシー・ガレージ(Demokrati Garage)に行ってきた。数ヶ月前に知ってから、何度も足を運ぶようになったデモクラシー・ガレージ。今回は、デモクラシーのリビングラボ、デモクラシー・ガレージについて紹介したい。 コペンハーゲンのNV (北西)にあるデモクラシー・ガレージ(Demokrati Garage)は、デンマーク在住の日本人、デンマーク・デモクラシーの重鎮(若いけど)のAyaさんに教えてもらった場所だ。Ayaさんがオススメの場所だか

          デモクラシー・ガレージに行ってきた

          デンマークの生成AIに対する対応

          はじめにデンマークは、国際的なIT指標でも名前の上がることの多い先進的なデジタル国家であり、AIを活用するデジタル・データインフラが整備されている数少ない国だ。インフラを整備した後に進められるのは、いうまでもないことだろうが、インフラの活用であり、要素技術の応用だろう。AI(人工知能)に関する論調もその特徴を反映しており、数年前よりAIの話題が見られるようになり、ChatGPTに代表される生成AIが注目されるようになった2022年年末ごろから、さまざまな新しい動きも見られてい

          デンマークの生成AIに対する対応

          データに基づいた分析が社会へ与える影響

          定期的に見ている情報の一つに、デンマーク統計局の統計報告がある。登録しているので、新しい統計レポートが出されると自動配信されるのだが、最近のレポートで興味深いものがあった。「だれがCOVID -19のワクチンを打ったか(Hvem er vaccineret mod COVID-19?)」と題されたものである。 「デンマークに住む人々で5歳以上がワクチン接種の機会を得て約90%がワクチンを摂取した」とされるワクチン接種の詳細として、年齢、地域、出身、教育、雇用の有無で分析をし

          データに基づいた分析が社会へ与える影響

          幸せ博物館で「幸せ」探し

          デンマークコペンハーゲンにあるHappiness Museum (幸せ博物館)。2020年7月に民間研究所Happiness Research Institute(CVR: 39680203)がオープンした小さな私設美術館で街中の半地下のスペースを手作り感たっぷりに展示スペースにしている。日本のメディアでも多々報道されているから(Greens, Ideas For Good)知っている人はいるかも。 どんなところ? しあわせ博物館は、地理・政治・社会・文化・医学・歴史・哲

          幸せ博物館で「幸せ」探し

          コペンヒルに行ってきた

          先日、BWSCのうっちーに誘われて、アマーバッケ(Amager Bakke)に行ってきた。アマーバッケを知らなくても、コペンヒル(CopenHill)と言ったら、知っている人も1割ぐらいは出てくるかもしれない。スキースロープが併設されている廃棄物処理場といったらどうだろうか。2023年1月14日からドキュメンタリー映画『コペンハーゲンに山を』が渋谷のシアターフォーラムで上映されていて、それを見て知った日本の人も多いかもしれない。監督のオープニングトークなどもあったようだし、我

          コペンヒルに行ってきた

          デンマークでは『学び直し』はないという事実

          「学び直し」や「リスキリングRe Skilling」という言葉に違和感をずっと感じていたんだけれども、Saki Matsuura@Facebookの投稿で、その理由の一端が見えた気がしていて、そのことについて備忘録として記録しておきたいと思う。 学び直しとは何か?デンマークを訪問する日本人の口から「学び直し」という言葉が聞かれるようになったのはいつ頃のことだろう。デンマークでは「学び直し」の仕組みが企業にありますか?北欧の政府は「学び直し」支援のための施策をどのように進めて

          デンマークでは『学び直し』はないという事実

          コペンのルーフトップに出現した農園の話

          デンマークでは、従来より都心のアパートに住む人たちが小さな農地を所有し、週末農業を行うコロニーヘーヴ(kolonihaveve)が盛んに行われていた。一軒家であれば家の片隅で土いじりが簡単にできるけれども、都心ではなかなかそうもいかない。この昔からの流れは今も健在で、週末になるとちょっと家から離れたところにある猫の額ほどの農地にいそいそと土いじりをしに出かける人たちはたくさんいる。昔は、都市圏内でも少し中心から離れたところにコロニーヘーヴが作られてきたのだが、近年、この流れと

          コペンのルーフトップに出現した農園の話

          ソーシャル・データ活用に見る未来

          デンマークは、言わずもがなの先進デジタル社会である。世界に先んじて社会の隅々までデジタルが浸透する社会となることで注目されるのは、いかに便利なデジタルツールがあるかなどの表面的な部分だけではなく、デジタルインフラがあるからこそ指数関数的に社会に広がるイノベーションの種なんじゃないかなと思っている。 データは宝の山か?データは次世代の石油、と言われて久しいけれども、実際にデータを活用して産業が勃興したり、ビジネスが生まれるというところまで行き着くのは時間がかかる。高品質のデー

          ソーシャル・データ活用に見る未来

          なぜメタバースは注目されるのか?

          メタバースのことが知りたくて米国に行ってきた北欧でスマートシティ研究に取り組む私の最近の最大の関心事の一つ、これからの街とデジタルの関係性。これからの街がデジタル社会の到来で、どう変容できるのかを知りたい、どうデザインできるかを考えたい。 そこで、関連しそうな気もするし、しない気もするメタバースを、もっとよく理解する必要があるのではないかと考えて、米国に「メタバースを知る旅」に行ってきた。メタバースは、米国や日本の一部で盛り上がっているようだが、私が住んでいる北欧をはじめと

          なぜメタバースは注目されるのか?

          デンマークのAI Innovation Houseに行ってきた

          先日、機会を得て、デンマークのヴァイレ市(Vejle)に設立された、AIとデジタル関連のインキュベーション組織に行ってきた。AI Innovation HouseのCOO、ミカエラ・アナセン(Michaela Andersen )さんが案内役だ。 AI Innovation Houseとは?3年ほど前にAIやITテクノロジーに特化したインキュベーション組織として作られ、最先端の技術の展示やイベント、マッチングサービスなどを行なっている。大手企業の入居ばかりでなく、自治体が支

          デンマークのAI Innovation Houseに行ってきた

          電子化は郵便をどう変えるのか?デンマークの例

          デンマークの郵便事情は、先進国にもかかわらず「かなり悪い」という話を聞いたことがありますか。かつて、郵便は、公共・ユニバーサルサービスとして全国津々浦々郵便ネットワークが行き届き、人々のコミュニケーションの要となっていました。私が北欧に住み始めた2005年頃は、ひどいと言われつつも2−3日で国内郵便は届いていましたし、日本からのEMSも1週間程度で届いていました。 約20年後の現在、郵送による手紙や小包は、今まで比較にならないほど、不便で届きにくくなっています。日本人的感覚

          電子化は郵便をどう変えるのか?デンマークの例