安岡美佳|Mika Yasuoka Jensen

リビングラボ(デザイン手法)を用いた社会におけるICT実装プロジェクトを実施。スマートシティ・電子政府・伝統工芸の知識伝承に関心あり。2005年よりデンマーク在住、2拠点研究(希望)。What ICT can do to make our life happier!?
    • 北欧のスマートシティ

      北欧のスマートシティ

      • 4本

      北欧のスマートシティは、そこの住む人たちの幸せを追求する街。住みやすい街を模索する市民のボトムアップとコスト削減をしつつ公共サービスの質を落とさないためにはどうしたらいいかという行政のトップダウン、街を舞台に消費経済や生産経済を循環させる産業の真摯な共同的模索の体現です。中国型でも米国型でもない「ムーミン谷」型、それが北欧のスマートシティです。

    • 北欧の電子政府

      北欧の電子政府

      • 6本

      デンマークの電子政府を中心に北欧の電子政府に関する記事をまとめています。2000年あたりに北欧各国で始まった電子政府政策は、20年が経過し、確実な成果が積み重ねられています。安全・便利・効率的な電子政府の実現の一端を紹介します。

    • 北欧のリビングラボ

      北欧のリビングラボ

      • 8本

      北欧のリビングラボについて、コンセプトや事例の紹介をしています。 情報共有ネットワークとしてFBのリビングラボ研究所(https://www.facebook.com/groups/1749263638549485)があります。 ジャパンノルディック・リビングラボ・コンソーシアム(http://livinglab.japanordic.com/)は、共同研究の枠組みです。

    • ハピネステクノロジ

      ハピネステクノロジ

      • 9本

      "What ICT can do to make our life happier" 幸せの国、住みやすい国、働きやすい国として各種国際指標でトップを維持するデンマークは、電子政府指標などでも上位に出てくることの多い国だ。電子政府政策進展の恩恵を受け、デンマークでは行政手続きに止まらず、医療、福祉、教育、金融などのあらゆる分野においてデジタル化が進み、デジタルの恩恵が国民生活の隅々にまで行き届いている。デンマークは、先端技術が次々と生まれる国というわけではないものの、国内外の先端技術をうまく活用した生活を良くする工夫が次々と生まれる、「人を幸せにする技術」の国なのである。

    • ウズベキスタン

      ウズベキスタン

      • 5本

      ウズベキスタンに行きたいので、情報を集めます。

    • すべてのマガジンを表示
+4

世界最大の木造建築:サラカルチャーハウス(Sara Kulturhus)

サラ・カルチャーハウススウェーデン北部のSkellefteå(フレフティオ)市*に2021年9月8日オープンしたサラ・カルチャーセンター(Sara Kulturhus)は、20階建て、80メートルの…

+5

最先端データ・マーケットプレイスの試み

コペンハーゲンの挑戦2016年、コペンハーゲン市は日立と協力し、世界初の都市データのデータ・マーケットプレイスを構築した。The City Data Exchange (データ・エクスチェ…

100
+8

優雅な監獄:フレデンスボー・ハウス

1950年代にコペンハーゲン北部のエルシノア市に作られたフレデンスボー・ハウス(Fredensborghusene)は、自然の中に立地する住宅エリアである。近隣には、王室のサマーハウ…

世界一サステナブルな都市エリア:スマートシティ・ハマビュ・シュスタッド(Hammarby Sjöstad)

世界で最も環境に優しいサステナブルな都市エリアといわれるようになったハマビュ・シュスタッド(Hammarby Sjöstad)は、かつて工場エリアだった。先見の明があった建築家J…

誰も取り残さないデジタル社会に向けて

デンマーク電子化庁が6月22日にレポートを出した。その名も「デジタル社会におけるデジタルインクルージョン(analyse brugerperspektivet er centralt i arbejdet med d…

デンマークのワクチンパスポート:移動は自由になるのか?

2021年4月末、デンマークデジタル化庁がデンマークのデジタルワクチンパスポート(Digital Corona Pass, coronapas-appen, 以下コロナパスアプリ) のインタフェース・デザイ…