見出し画像

わいのセクシュアリティ


きっかけは、本当にたまたまだった。

ただ、そのたまたまが、自分のセクリュアリティについて考えるきっかけになった。


そのたまたまというのが、これ。



大阪大学の学生さんが作った、「anone」というセクシュアリティ分析サービス。

60個くらいの質問に応えると、2000通りのセクシュアリティから自分にもっとも近いパターンを分析してくれるとのこと。

最近、自分の恋愛観や女性としての生き方について悩んでいたこともあって。これが目に入った瞬間やるしかないと思った。


まずわいの結果に入る前に、次の4つのカテゴリについて理解しておく必要がある。


①「こころの性」

あなたが自認している性のことです。


②「恋愛的指向」

あなたがどんな人を好きになるか、そしてあなたが恋愛をどう位置付けているか、を指します。

③「性的指向」

あなたがどんな人に性的な魅力を感じるか、そしてあなたが性的な欲求をどう位置付けているか、を指します。

④「表現したい性」

あなたが「表現したい」性別のことです。表現したい性は、こころの性と必ずしも一致するものではなく、服装や、言葉遣いといった自己表現に出る性別のことを指します。

(出典:「anone」)


anoneでは、この4つのカテゴリごとに最も近いセクシュアリティを分析してくれるのだ。

そしてこちらがわいの結果。


①こころの性・・・「ジスジェンダー」

画像1

まず、体とこころの性が一致していることに名前がついていることを初めて知った。こういう名前はセクシュアル・マイノリティにしかついていないと勘違いしていた。セクシュアル・マイノリティには分類されない、マジョリティに分類される人々の現象にも、名前がついているんだね。”普通”なんて存在しないんだっていうことを初っ端から考えさせられた。


②恋愛的指向・・・「ヘテロロマンティック」「デミロマンティック」

画像2

どっちも初めて聞くぞ、、、どういう意味だろう?

画像3

ほう。異性を好きになるという現象にも名前がついているのだね。ヘテロロマンティック。

画像4

デミロマンティックは、強い信頼関係で恋に落ちることらしい。

これは、たしかにそうかもって思った。わいは人生で一目惚れとかしたことないし、する人の気持ちがわからない。普段から、人に対して恋愛感情が強く現れることはない。というか、「好き」っていう感情に、あまりならない。

なんでならないんだろう?自分は冷めた人間なのかなってずっと思っていたけど、それは自分とその人との間に形成される信頼関係に恋をしていたからなんだね。

わいは「好き」か「好きじゃないか」じゃなくて、その相手と自分の関係性に重きを置いている。だから、いきなり「好き」になることもなければ「好きじゃない」ってなることもない。

「気づけばよく一緒にいるようになってて、気づけば自分にとって大切な人になっていた。ああ、これが好きってことなのか」

という感じが、一番しっくり来る。

だから、デートを数回重ねて、どっちかが告白して、付き合って、恋人になるっていう流れが自分に合わない。それを薄々感じていたから、これを知れてすごくスッキリした。


③性的指向・・・「アセクシュアル」

画像5

アセクシュアルってきくと、「他者に対して性的欲求・恋愛感情を抱かないセクシュアリティ」をイメージしていたけど、恋愛感情はあって性的欲求がない人もアセクシュアルに分類されるんだね。初めて知った。

そして自分のことをアセクシュアルだと認識したことはなかった(そもそも自分のセクシュアリティをカテゴリ化したことがなかった)から、この結果が出て驚いた部分もある。が、説明を読んで、しっくり来た部分のほうが大きい。

画像6

「愛に体のつながりはいらない」のがアセクシュアル。

自分で認識したことがなかったから、あまりイメージを持てていないけど、たしかにセックスをしたいという欲は人よりもあまりない気はしていた。友達の性の話を聞いても、あまりピンと来なかった。飲み会の場の下ネタは、あんまり好きじゃなかった。というか、気持ち悪いなってちょっと思うこともあった。

高1のときに初めて経験して、なんでこんな変なことしなきゃいけないの??みんなこんなことするの?思ってた。そこから今まで付き合ってきた人にはセックスを求められたらそれに応えていた。男の人はみんな性欲を持っていて、付き合ったらセックスするのはあたりまえだと思っていたから。

でも私自身は、セックスがしたいのではなくて、「相手の期待に応えたい」という気持ちのほうが大きかった。ここで断ったら、「必要ないって思われるんじゃないか」っていう不安が大きかった。好きな人がしてほしいって思うことは、してあげたいしさ。喜ばせたかったんだろうね。

正直、セックス以外に愛を確かめ合う手段があるのならば、そっちでもいいと思ってる。てかセックスうんぬん以前に裸を見せること自体が恥ずかしくてあんまり好きじゃない。たとえ同性であっても一緒にお風呂にはいるのは恥ずかしくて得意じゃない。お互いの愛を確かめ合う、分かち合う手段としてのセックスであって、その行為自体に特別な感情を抱いているわけではない。それは言葉であったり、音楽だったり、絵だったり、なんだってよくて。愛を確かめ合う手段ってセックスだけじゃなくない?って思う。

むしろ、セックスよりも、不意に頭を撫でられたり、愛の言葉をもらったり、そういうちょっとした一つ一つの行為にこそ愛や性的な興奮みたいなものを感じることがある。

これが、アセクシュアルに分類されるかはわからない(し、分類自体は自分にとって重要ではない)けど、自分の性的指向について思考を整理するいいきっかけにはなった。そして、セックスという行為にそこまで興味がないことって別に変なことじゃないんだなぁって思えた。


④表現したい性・・・「ノンバイナリー」

ノンバイナリーって初めて聞いた。こんな感じらしい。

画像7

これは、まさにそのとおりだと思う。わたしは中性的なものに惹かれる傾向がある。服も人もけっこうぜんぶ。

女の子らしい服装をすることもあるけど、そういう日はなんかソワソワしてしまう。肌の露出は極力したくない。チノパンにシャツ、そしてベストにブーツ、みたいなインテリ男子大学生みたいな格好が好き。

洋服を買いに行くと、女性用の服よりも男性用の服のほうが可愛く見えてくる。私が一番好きな服装は、ユニセックスのデザインだったり、カジュアルなものが多い。お兄ちゃんが着ている服が可愛くて、たまにこっそり着ていたこともある。

またわたしは、自分の一人称がコロコロ変わる。小学生の頃は、家に帰ると自分のことを「おれ」と呼んでいた。

現在のレパートリーは、わたし、わい、わし、うち、ぼく、おれっち、、、

こんな感じだろうか。前よりも増えた。

わたしはその場の雰囲気、相手との関係性、その時に表現したい感情によってこれらの一人称を使い分けている。これは自分が”表現したい性”とも関連しているのかなと思う。

女性らしい自分を表現したいときもあれば、男性らしい自分を表現したいときもある。というか、女性とか男性とか関係ないんだろうね。


以上が、私のセクシュアリティ。

この診断を100%信じ込むわけではないけれど、こんなカテゴリがあるんだ!と知ることによって、自分のセクシュアリティについて考えるいいきっかけになった。

そして、自分は今のままでいいんだよって思えて、自己肯定感が上がった気がした。


普通な人なんて誰ひとりいない。

一人ひとり、違ったセクシュアリティを持っていて、それが当たり前になれば、多様性なんて言葉もなくなるのかも知れないね。






この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
21
コメント (2)
私も気になってやってみた!面白いねー
くらら
やってみたんだね!!くららの個性きになる!またあったときにおしゃべりしよう☺️☺️
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。