見出し画像

"SIGNS FOR [          ]"について

前回の記事からすっかり間が空いてしまったが今回は自分の利便性の為だけに、久しぶりにノートを書いてみようと思う。
 昨年度発表した"SIGNS FOR [          ]" という一連の作品で、UNKNOWN ASIA 2018というアートコンペでグランプリを頂いてから、有難くも自分がどういう作品を作っているかを説明する機会が増えた。
しかし如何せん口頭で説明すると、どうしても長くなってしまうのである。
「そんな時いつでもサッと読んでもらえるように、"SIGNS FOR [          ]" という作品の概要を紹介した記事があったらいいのになぁ〜」という訳で、今回はそんな便利な記事を自分で書いておこうという訳だ。
 なんせ作品紹介なので、読み物としてはかなり退屈になってしまうだろうが、興味がある方は良ければご高覧ください。
 
=======================================================

Statement for "SIGNS FOR [          ]"
街を歩いていると、ある時から何も描かれていない看板が目に留まるようになった。堂々と頭上に掲げられた意味を持たない空白。
それらは私にとって「全てのものは存在意義がなくとも、そこに存在している」ということを人々に知らしめるためのモニュメントのように見えた。
"SIGNS FOR [          ]"はそのような頭上の空白を切り出し目線高に設置して、青い光で照らすことによって私がそれらから感じたメッセージをより明確に可視化する試みである。

 One day, as I was walking down the street, I noticed a large signboard overhead, which had nothing on display. This imposing, blank space in the sky held absolutely no meaning. It seemed to me to be some sort of monument placed there to let the world know that things still exist, even though they may not have reason to. SIGNS FOR [ ] is an attempt to further visualize the message I felt when I saw that monument: I crop these blank, overhead signboards, hang them high above our eye level and illuminate them with blue fluorescent lights built into the pictures.

画像1

画像2

画像3

画像4

画像7

・どんな作品なのか
 本作はアクリル板に写真をUVプリントで直接印刷し、その上にネオンライトを設置した光る作品である。コンセントさえあれば、どこでも点灯できる仕様だ。
また使用しているネオンライトはLEDではなく、昔ながらのガラス管でできたものを作品のサイズに合わせて1点ずつネオン職人の方に曲げてもらっている。
発光色は(写真では白く写ってしまうのだが)、肉眼で見ると眼が痛くならない落ち着いた青である。

画像6

 ところで本作の被写体だが、見た通り「何も描かれていない空(カラ)
の看板と雲ひとつない青空」である。
これはデジタル上で余計なものを消したのではなく、晴れた日に偶然見つけた空看板を望遠レンズで撮影している。
(なので、ものによっては消される前に書かれていた文字が薄っすら読めるものもある。)

画像7

 この一連の作品だが、制作の過程で初めて明確な「縛り」(簡単にいうと自分ルール)を定めて作ったものになる。
ちなみに今までも作品ごとに自分ルールのようなものはあったが非常に感覚的なことだったので、飽くまでも自分にしか分からないルールだったのだ。
下記の項目が今回の「縛り」である。

①デジタル上で合成や消去などの加工をしない。(明るさなどの若干の補正はあり。)
②雲を写さない。
③「広告募集」という文字があったらNG。
④看板部分以外の建物に書いてある文字も極力写さない。
⑤看板の背景が青空になるシチュエーションでしか撮らない。
⑥わざわざ空看板を探しに行くためだけに家を出ない。

 初めて制作過程に明確な「縛り」を設けることによって完成まで時間がかかってしまうが、作品に強度を持たせやすく(作品に意図せず付随してしまうノイズを初めから無くしておける...という感覚)、もしかしたら自分に向いているのかもしれないと思った。

画像8

画像9


・今作について考えていること
 私は作品を制作し発表することを通して「意味がある/ない」「存在している/していない」「違う/同じ」といったような、一見すると両極端な事象の間にある広大なグレーゾーンに触れていたいと考えている。
また相反すると思われている事象が、ひとつのものの中に同時に、そして完璧に成立しているということを実感したいのだ。
これは今回だけではなく、前作や前前作から一貫している私のテーマである。

 上記のことを踏まえた上で、本作"SIGNS FOR [          ]"のメインテーマは「意味があること/ないこと」の間のグレーゾーンであり、それらがひとつのものの中に同時に成立するということ...さらに遍く物事というものは「存在意義がある/ない」に全く関わらず「ただ存在しているから存在しているのだ」ということを再確認することである。

 また一方で経済活動を離れた、一見無用そうなもの(所謂トマソン)の美しさに対する賛美でもある。
いいじゃない、これからもっと全国的に経済活動が減少したって。
都会田舎分け隔てなく年々増え続ける空白の看板の美しさを愛でるように、縮小や減退の真っ只中にあっても細やかな楽しみや発見と共に伸びやかに暮らしていくぞ...という生まれてこの方、ずっと景気が悪い時代を生きている私の意思表明でもある。
奇しくもこのノートの1投稿目の伏線回収のようになってしまったが、そこには私が知らず知らずのうちに刷り込まれてきた「わびさび」の要素があることが否めないと思う。

・最後に
 この作品を展示に出すたびに必ず質問していただくこととして「なぜ青い光をつけたんですか?」ということがある。
最後にそのことに少しだけ触れて終わりたい。

 私の地元の最寄駅に到達するまでの線路には、踏切前に青いライトがついている。田んぼの真ん中を通るその路線を夜遠くから見ると、真っ暗な闇の中に深い青の光が一列に点々と灯っているのだった。
その理由は2013年に「駅に青いライトを設置すると自殺率が84%下がる」という論文が発表され、青いライトが一部の駅の構内や踏切に導入されたからだ。
それによるとどうやら、青い光には人の精神的な昂りを抑え、リラックスさせる効果があるというのである。
(しかし青い光によって本当に自殺率が84%も下がるのかということについては後日、その研究結果を問い直す懐疑的な論文も発表されている。)
その踏切の青い光を見ていると、私は日本の若年層における自殺率のことを思い出さずにはいられない。

 何も描かれていない空白の看板は、存在意義の有無に一切囚われず、今この瞬間も我々の頭上に堂々と佇んでいる。
私はこの作品"SIGNS FOR [          ]"の前に立つあなたが、もし周囲の物事や自身に対する存在意義(もしくは意味)を突き詰めようとするあまり、息がしづらくなっているなのらば、青い光に照らされた空看板を眺めながら一旦それらのことを忘れ、そして時にはゆっくり休んで欲しいと願っている。

画像10


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしていただいたお金は全て作品制作につぎ込みます!!

ありがとうございます!今後もご贔屓に!
7
フォトグラファー、現代美術家、Soulflex所属。 好きなことが沢山あるけど、基本的に出不精です。 http://hanako-photo.sakura.ne.jp/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。