見出し画像

【結婚までの最短距離】結婚相談所で活動するときにかかるお金の話とサポート内容の話

札幌の『離婚しない家庭を育てる』結婚相談所はなふさ津嶋 です。

9/11配信 はなふさラジオ でご紹介しました 「結婚相談所で活動するときにかかるお金の話とサポート内容の話」 をご紹介いたします。

スライド1

婚活を始めるときには最もハードルが高い「結婚相談所への入会」。
そのハードルが高い理由は、すっごく高いんじゃない? という心配ではないでしょうか。そこで大手さんの料金形態と私たちのような小規模な結婚相談所での料金設定の違いをお伝えします。

まずは大手結婚相談所

入会時点でかかる費用は、入会金+システム登録料。
入会金は1万円~5万円、システム登録料として3万円~5万円。 入会時点でかかる費用は5万円~10万円程度。
そして毎月かかる月額利用料があります。 1万円~2万円弱。
結婚が決まった場合の成婚料はありません。


そして今度は小規模の結婚相談所。

これは私の 結婚相談所はなふさ の場合を例に出します。
入会金は3万円。 システム登録料3万円。 入会時合計6万円。
月々かかる費用はありません。
結婚が決まった時の成婚料は12万円。

スライド2

さぁそれでは両方を比較してみましょう。

私たちの成婚退会までの平均は1年半。 18か月間として算出してみます。
大手さんは、入会時に平均で7万円とします。 月々1万円とすると合計25万円。
結婚相談所はなふさ では、入会時に6万円。 ご結婚が決まったら、12万円。 合計18万円。
※ちなみに、これは 結婚相談所はなふさ は安いとアピールをしているわけではありません。

そしてそれぞれの結婚相談所ではどんな活動できるのでしょうか?

大手結婚相談所では

たくさんの会員数を武器に自分自身で自分の望むお相手を探します。
自分からアクションを起こす必要がありますので、
ご自身で積極的に行動できる方に向いています。

結婚相談所はなふさ では

まずはあなたの幸せな結婚像をイメージしていただきます。
どんな人と結婚すればよいのかを自分でわかっていただいて、そのうえで今の自分は理想の人にふさわしいのかを自問していただきます。 足りないスキルなどがあれば、それを埋めることをご提案します。
実際のお見合はそのあとです。
出会いは数をこなせば理想の相手と出会えるわけではありません。
そもそも理想の相手がどんな人化もわからないうちにお見合ばかり勧めても時間と費用ばかり掛かってしまいます。
一見遠回りのようで、結婚までの最短距離を目指しております。

スライド3

さて、大体のイメージはつかめたでしょうか?
結婚相談所といっても規模の大きさや、経営方針の違いがあります。

一番大切なことは、あなたをサポートしてくれる担当の方とあなたの愛称です。
同じ方向を向いて一緒に婚活をしてくれるようなサポートをする方もいれば、割と放任主義の結婚相談所もあります。 そしてお見合の数をこなさせようとする結婚相談所もあります。
ご自身に合った結婚相談所を探すということを一番に考えてみてはいかがでしょうか。
無料の相談会なども行っている結婚相談所は多くありますのでぜひご連絡をしてみてはいかがでしょうか。

スライド6

皆様が婚活から一日も早く卒業できるようお祈りしております。

スライド4

結婚相談所はなふさ
代表 津嶋 克幸

【はなふさ】ロゴ190208


■ご意見、お問い合わせはメールにて
hanafusa.hokkaido@gmail.com

■結婚相談所はなふさ のホームページ
https://hanafusa-hokkaido.com/

■結婚相談所はなふさ の公式ブログ
https://note.com/hanafusa/

■津嶋の私的活動ブログ(アメブロ)
https://ameblo.jp/hanafusa-hokkaido/

■津嶋のTwitter
https://twitter.com/kekkon_hanafusa

■津嶋のFacebook■
https://www.facebook.com/katsuyuki.tsushima/

■事務所■
 北海道札幌市北区北7条西5丁目6-1
 ストークマンション 603号室
 合同会社 花總 -はなふさ-
 結婚相談所 はなふさ
 TEL/FAX : 011-799-0873
 代表 津嶋 克幸

【はなふさ】ロゴ190208




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1
札幌の「離婚しない家庭をつくる」結婚相談所はなふさ です。 まずはご自身の人生としっかり向き合い、どのような結婚生活を送りたいのかを明確にしましょう。 結婚はゴールではないのです。 結婚を機に「独りの人生は終わり、おふたりで生きる人生が始まる」のです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。