Mai:海外在住ライター

2024年はkindle出版に注力します。 キンドル本出版、新刊の無料キャンペーンなど…

Mai:海外在住ライター

2024年はkindle出版に注力します。 キンドル本出版、新刊の無料キャンペーンなどはスタンドエフエムで行っています。 チャンネル名「ノマドの窓から」で検索してみてください。 ウェブサイト:https://nomadonomado.com/

メンバーシップに加入する

2022年9月14日からの、一年間夫婦バックパッカー旅行の模様をリアルタイムでお届け! 私たちといっしょに、世界一周の旅に出かけませんか? noteメンバーシップでは、旅行記以上のことを書いています。

  • 世界周遊プラン(停止中です)

    ¥1,200 / 月

マガジン

  • 不労所得毎月10万円までの道

    完全放置、まったく何も作業orメンテナンスしなくても発生する100%純粋な不労所得(自動収入)を毎月10万円安定して得るまでの道のりの記録。

  • 私の本

    アマゾンKindleから電子書籍を出しています。ほとんどすべての本がKindle Umlimited(読み放題)で読めます。

  • 思想のカケラ

    ふと思ったことや、考えたこと、感じたことのカケラを集めています。エッセイというものに成形する前のアイデアとつぶやき的なもの。

  • 書く力

    書くこととの出会い、書くことについて。 後日まとめてキンドル本として出版する予定で書いています。出版の暁にはすべてのコンテンツを削除する予定。 メンバーシップに加入すると特典として追加料金なしで読めます。

  • カナダから日記

    カナダ、ケベック州に住む私が感じる日本観とか、田舎のスローライフについての日記

最近の記事

Kindle本にレビュー書いていただいた方、ありがとうございます♪

Amazonのキンドル本を何冊が出版しております。 私の場合、あまり販促というか、宣伝をやってこなかったので、出版したら放置というのが常でした。 でも、今年は抱負にも書いた通り、宣伝やプロモーションにも取り組んでいこうと思っています。 で、レビューの話ですが。 Kindle本(電子書籍)をセルフ出版して販売する場合、本の売れ行きにレビューが大きく影響します。 私はこれまでいろいろなジャンルの本を出してきましたが、放置しているにも関わらず、ある日突然ふわっと販売数が伸び

    • 無料キャンペーンのお知らせ:地中海式ダイエット

      「はじめての地中海式ダイエット」 Kindle本として出版しました。 1月27日(土)17時より30日(火)16時59分まで、 無料キャンペーンをやってます。 期間中、無料でダウンロードできますので、 興味がある方は、読んでみてください。 よければ、レビューをいただけると励みになります! 義理の姉からインスピレーションをいただき、一気に書き上げました。 地中海式ダイエットのことは以前から知っていて、気にはなっていたんですよね。 本書では、地中海式ダイエットの考え方

      • やっぱり不労所得はありがたい

        今年の抱負についてちょっとおちゃらけた文章を投稿しました。 昨年はいろいろあった年でしたが、私にとっては「やっぱり不労所得ってありがたいなあ」と実感した年でもありました。 ここでいう不労所得とは、自動収入、英語では「パッシブインカム(Passive Income)」と呼ばれるもののうちでも、特にデジタルコンテンツから発生するものについて話題にしていきます。 私は、「ご職業は?」と聞かれると「ライターです」とこたえます。 フリーランスライターをしておりますが、自分でブログ

        • 2024年の抱負

          もう、ほら、今年も1月の終わりが見えてきたっていうのに、今さら抱負ですか? ―――と思われながら、このタイトルをクリックされたことでしょう。 そうです。今さらの抱負です。 というのも、昨年の冬からバタバタと身辺が忙しく、あっちにいったり、こっちをさまよったりで、居場所がめくるめくしておりました。 1年間の海外旅行から戻り、ほっとしようという間もなく、年が明けちゃったよ、あーあ。 という感じでしたね。 で。 今年はどんな年にしようかな。 なんてことも、ここ数日、

        Kindle本にレビュー書いていただいた方、ありがとうございます♪

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 不労所得毎月10万円までの道
          Mai:海外在住ライター
        • 私の本
          Mai:海外在住ライター
        • 思想のカケラ
          Mai:海外在住ライター
        • 書く力
          Mai:海外在住ライター
          ¥500
        • カナダから日記
          Mai:海外在住ライター
        • 国際夫婦バックパッカー♪声の旅日記:365日海外旅行
          Mai:海外在住ライター
          ¥850

        メンバーシップ

        投稿をすべて見る すべて見る
        • この物語の登場人物(ご参加いただいたメンバー様へ)

        • 9月26日(月)にトルコ入国予定

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 女王が亡くなったから鉄道ストライキ中止だって

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 一年間の旅に出ます

        • この物語の登場人物(ご参加いただいたメンバー様へ)

        • 9月26日(月)にトルコ入国予定

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 女王が亡くなったから鉄道ストライキ中止だって

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 一年間の旅に出ます

        メンバー特典記事

        メンバー特典記事をすべて見る すべて見る

          海外旅行でトラブル発生!現金盗難のケースinマレーシア

          「世界周遊プラン(停止中です)」に参加すると最後まで読めます

          マレーシアの世界的トップクラスのダイビングスポット、シパダンという場所があります。シパダン自体でダイビングやシュノーケリングするのはちょっと面倒くさいので(許可証がいる)、その近くの離島でシュノーケリングするボートツアーに参加しました。 そしたらそのボートで現金盗難事件が起こったよ、という話。取られたのは私じゃないけどね、私たちもトバッチリで荷物検査されたりとか、ウザいのです。というか、ツアー船に大金持ち込むのがどうかと思うんだけど…。

          海外旅行でトラブル発生!現金盗難のケースinマレーシア

          ヌヌカン(Nunukan)からタワウ(Tawau)へ国境越え〜インドネシア→マレーシア

          「世界周遊プラン(停止中です)」に参加すると最後まで読めます

          カリマンタン島(あるいはボルネオ島)にて国境越えしました。今はマレーシアです。 インドネシアのヌヌカンという街から、マレーシアのタワウへ船での国境越えです。 ヌヌカンにたどり着くまでに複数のスピードボートを使いましたが、途中の海上で燃料が切れたり、乗客定員オーバーの船でヒヤヒヤしたりしました。でも、ヌヌカンータワウ間は国際船ですからね。一応ちゃんとした船でした。

          ヌヌカン(Nunukan)からタワウ(Tawau)へ国境越え〜インドネシア→マレーシア

          マラトゥア島でシュノーケリング

          「世界周遊プラン(停止中です)」に参加すると最後まで読めます

          マラトゥア島はインドネシアにある離島です。環礁というおもしろい地形であり、スキューバダイビングをする人にとっては秘境的なスポットらしいのです。 私たちはダイビングはしませんが、シュノーケリングスポットとして訪れてみました。 結論からいうと、私たち以外に誰もいないビーチとドロップオフを独り占め状態。とても満喫でき ました。

          マラトゥア島でシュノーケリング

          マラトゥア(Maratua)島へのアクセス、ベラウ(Berau)からのスピードボート:秘境的ダイビングスポットへ

          「世界周遊プラン(停止中です)」に参加すると最後まで読めます

          インドネシアのマラトゥア島に来ています。ダイビングの秘境、と書きましたが、アクセスに時間がかかることと、たとえ英語ソースでもネット上の情報が非常に少ないため、秘境ということで。 ダイビングする人にとってはすでによく知られた地名かもしれません。でも私たちはダイビングではなくシュノーケリングしに来てます。 とにかく、まだ未知数の島で、手つかずの海洋自然と海洋生物が見られるのです。それで実際に来てみましたが、思っていたよりもスムーズでした。 カリマンタン島のベラウ(Berau

          マラトゥア(Maratua)島へのアクセス、ベラウ(Berau)からのスピードボート:秘境的ダイビングスポットへ

          クアラルンプール経由インドネシア行きの航空券取りました!

          「世界周遊プラン(停止中です)」に参加すると最後まで読めます

          フィリピン、ボホール島のアンダというところに来ています。4月25日にフィリピン入りしてすでに2週間を過ぎました。予定では5月24日のフライトでコタキナバルへ行くことになっており、すでに航空券も手配していたのです。しかし、予定を大幅に変更して、早めにインドネシアへ向けて出発することにしました。 コタキナバル行きの航空券は捨てることになりますが、今日あらたに航空券を購入しました。5月14日にセブからクアラルンプール行きのエアーアジアAK591便でフィリピン出国します。午後1時4

          クアラルンプール経由インドネシア行きの航空券取りました!

          フィリピン、ネグロス島まで一気にやって来た

          「世界周遊プラン(停止中です)」に参加すると最後まで読めます

          日本に一瞬だけ帰国してましたが、あっという間に時間がたち、今はフィリピンのネグロス島でこれを書いています。 日本にいる間はとにかく忙しくて、何が忙しいかというと、国内旅行のリサーチ、ブッキング、クリスとの通訳、そして旅の全貌(←大げさ)をブログにしたためる、という活動のローテーションで、ホントに忙しかったのです。 そして、ゴールデンウィークの混雑を避けて、4月25日(火)にフィリピンへ向けて出国。マニラはトランジットだけで一気にネグロス島のバコロドまで来ました。そして今は

          フィリピン、ネグロス島まで一気にやって来た

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          海外旅行でトラブル発生!現金盗難のケースinマレーシア

          マレーシアの世界的トップクラスのダイビングスポット、シパダンという場所があります。シパダン自体でダイビングやシュノーケリングするのはちょっと面倒くさいので(許可証がいる)、その近くの離島でシュノーケリングするボートツアーに参加しました。 そしたらそのボートで現金盗難事件が起こったよ、という話。取られたのは私じゃないけどね、私たちもトバッチリで荷物検査されたりとか、ウザいのです。というか、ツアー船に大金持ち込むのがどうかと思うんだけど…。

          海外旅行でトラブル発生!現金盗難のケースinマレーシア

          ヌヌカン(Nunukan)からタワウ(Tawau)へ国境越え〜インドネシア→マレーシア

          カリマンタン島(あるいはボルネオ島)にて国境越えしました。今はマレーシアです。 インドネシアのヌヌカンという街から、マレーシアのタワウへ船での国境越えです。 ヌヌカンにたどり着くまでに複数のスピードボートを使いましたが、途中の海上で燃料が切れたり、乗客定員オーバーの船でヒヤヒヤしたりしました。でも、ヌヌカンータワウ間は国際船ですからね。一応ちゃんとした船でした。

          ヌヌカン(Nunukan)からタワウ(Tawau)へ国境越え〜インドネシア→マレーシア

          マラトゥア島でシュノーケリング

          マラトゥア島はインドネシアにある離島です。環礁というおもしろい地形であり、スキューバダイビングをする人にとっては秘境的なスポットらしいのです。 私たちはダイビングはしませんが、シュノーケリングスポットとして訪れてみました。 結論からいうと、私たち以外に誰もいないビーチとドロップオフを独り占め状態。とても満喫でき ました。

          マラトゥア島でシュノーケリング

          マラトゥア(Maratua)島へのアクセス、ベラウ(Berau)からのスピードボート:秘境的ダイビングスポットへ

          インドネシアのマラトゥア島に来ています。ダイビングの秘境、と書きましたが、アクセスに時間がかかることと、たとえ英語ソースでもネット上の情報が非常に少ないため、秘境ということで。 ダイビングする人にとってはすでによく知られた地名かもしれません。でも私たちはダイビングではなくシュノーケリングしに来てます。 とにかく、まだ未知数の島で、手つかずの海洋自然と海洋生物が見られるのです。それで実際に来てみましたが、思っていたよりもスムーズでした。 カリマンタン島のベラウ(Berau

          マラトゥア(Maratua)島へのアクセス、ベラウ(Berau)からのスピードボート:秘境的ダイビングスポットへ

          クアラルンプール経由インドネシア行きの航空券取りました!

          フィリピン、ボホール島のアンダというところに来ています。4月25日にフィリピン入りしてすでに2週間を過ぎました。予定では5月24日のフライトでコタキナバルへ行くことになっており、すでに航空券も手配していたのです。しかし、予定を大幅に変更して、早めにインドネシアへ向けて出発することにしました。 コタキナバル行きの航空券は捨てることになりますが、今日あらたに航空券を購入しました。5月14日にセブからクアラルンプール行きのエアーアジアAK591便でフィリピン出国します。午後1時4

          クアラルンプール経由インドネシア行きの航空券取りました!

          フィリピン、ネグロス島まで一気にやって来た

          日本に一瞬だけ帰国してましたが、あっという間に時間がたち、今はフィリピンのネグロス島でこれを書いています。 日本にいる間はとにかく忙しくて、何が忙しいかというと、国内旅行のリサーチ、ブッキング、クリスとの通訳、そして旅の全貌(←大げさ)をブログにしたためる、という活動のローテーションで、ホントに忙しかったのです。 そして、ゴールデンウィークの混雑を避けて、4月25日(火)にフィリピンへ向けて出国。マニラはトランジットだけで一気にネグロス島のバコロドまで来ました。そして今は

          フィリピン、ネグロス島まで一気にやって来た

          旅行ブログのメインをワードプレスにシフトすることにしました

          9月にカナダの自宅を出発してから、一年間の旅行中の模様をワードプレスとnoteに投稿してきました。ワードプレスとnoteでは異なる書き方をしたほうがいいので、使い分けてきたんですが、それを今後はワードプレスの方へ、基本的に一本化しようと思います。noteの方は、投稿しないわけではありませんが、ブログ更新のお知らせみたいなのがメインになるかもしれません。 なんでワードプレスとnoteの使い分けを実質やめるのかというと、いくつ理由があります。まず一つ目はAIに書けるよう「情報提

          旅行ブログのメインをワードプレスにシフトすることにしました

          シェムリアップ三泊四日+αでアンコール遺跡三昧

          最近投稿が滞っていました。音声配信もSNSにも露出が減っておりましたが、むちゃくちゃ「書く」方に集中してました。 カンボジアのシェムリアップといえば、世界遺産アンコールワットがある街です。ここに3泊しまして、毎日アンコール寺院遺跡を見学していました。 シェムリアップ近郊にはアンコールワットだけでなく多くのアンコール時代の寺院遺跡が点在しています。私たちは自転車をレンタルしてそれらを朝から夕方まで3日間見学しまくっていました。3日間有効のチケットを購入したのですが、3日間で

          シェムリアップ三泊四日+αでアンコール遺跡三昧

          カンボジア入国、そしてプノンペンからコンポンチャムへ

          サイゴンからカンボジアへ入国しまして、昨日はプノンペンに一泊しました。そして今日はコンポンチャムというところに来ています。 コンポンチャムには以前も夫といっしょに来たことがあり、二回目の訪問になります。コンポンチャム郊外にいくつかの見どころがあり、明日はレンタサイクルで回る予定。前回、印象的だったのは、竹だけで作られた長い橋があるのです。自転車はもちろん、オートバイも通行できるんじゃなかったかな。この橋は市内からそれほど離れていなくて、ホテルにチェックインしたあと歩いてここ

          カンボジア入国、そしてプノンペンからコンポンチャムへ

          ホーチミン市散策、明日は国境へ向けて移動

          ベトナムからカンボジアへの国境越えを予定しているが、ホーチミン市からプノンペン行きの国際バスは意外と安くない。それで、今日は一日ホーチミンを散策して、明日から段階的にカンボジアへの国境を目指すことに。 カンボジアはアンコールワットがあるシュムリアップに行こうということで、プノンペンは行かなくてもよいのだ。それで、ホーチミンから北西にあるタイニン(Tây Ninh)という街に行ってみようと考えてる。そこからはバスを乗り換えてカンボジアとの国境まで行けるはずなのだが、情報はほと

          ホーチミン市散策、明日は国境へ向けて移動

          ベトナム入国:サイゴンにて三月二十七日

          三月二十七日(月)シンガポールからのフライトでベトナム、ホーチミンシティ(サイゴン)にやってきた。サイゴンはベトナム最大の都市で、2019年の人口は900万人にせまる勢い。ベトナム経済の中心地であり、「東洋のパリ」「東洋の真珠」などと称されたフランス統治時代の建物が残っている。 月曜日の午後着だったが、空港のイミグレーションがむちゃくちゃ混んでいて、1時間位待たされた。出国手続きのあと、小額だけ両替して、109号バスで市内へ。 ベトナムのコンソン島へ行こうかと計画していた

          ベトナム入国:サイゴンにて三月二十七日

          シンガポールからサイゴンへ

          三月二十六日(日)インドネシア出国し、無事シンガポールに着いた。シンガポール、チャンギ空港での入国はパスポートをスキャンするだけなので楽ちん。アライバルカードはすでにオンラインで登録済みだったし。 ただ、空港から地下鉄で市中心まで移動しようとしたところ、交通ICカードがシンガポール国外のクレジットカードではチャージできないことを知ってショックだった。国際都市シンガポールにおいてそんな不便があるとは。。。これは別ブログにあらためて書くとして。 今回はアラブストリート近くのホ

          シンガポールからサイゴンへ