Mai:海外在住夫婦バックパッカー@世界一周旅行中

一年間長期海外旅行ブログ: https://maiandchristravel.com/jp/ 旅の画像はインスタグラムで❣️ Mai: https://www.instagram.com/hana_chan81/ スタエフ配信中です。「ノマドの窓から」で検索してみて💕

メンバーシップに参加

2022年9月14日からの、一年間夫婦バックパッカー旅行の模様をリアルタイムでお届け! 私たちといっしょに、世界一周の旅に出かけませんか? noteメンバーシップでは、旅行記以上のことを書いています。

世界周遊プラン

¥1,200 / 月

Mai:海外在住夫婦バックパッカー@世界一周旅行中

一年間長期海外旅行ブログ: https://maiandchristravel.com/jp/ 旅の画像はインスタグラムで❣️ Mai: https://www.instagram.com/hana_chan81/ スタエフ配信中です。「ノマドの窓から」で検索してみて💕

メンバーシップに加入する

2022年9月14日からの、一年間夫婦バックパッカー旅行の模様をリアルタイムでお届け! 私たちといっしょに、世界一周の旅に出かけませんか? noteメンバーシップでは、旅行記以上のことを書いています。

  • 世界周遊プラン

    ¥1,200 / 月

マガジン

最近の記事

海亀と泳ぐ

インドネシアのブナケン島に来た目的はシュノーケリングですが、このエリアはそもそもダイビングで有名で、宿泊しているゲストハウスの宿泊客も、私たち以外はみんなダイビングが目的で来ているのです。 残念ながら、今の時期は雨季にあたり、毎日曇り空、雨続きなのですが、オフシーズンとはいえ、ゲストハウスはほとんど満室。ここで少し、同じゲストハウスの住人を紹介しておきましょう。 私たちがここにやってきた二月四日(土)から泊まっている客は、フランス人夫婦一組とイタリア人男性二人、中国人の男

    • インドネシア・インソムニア:離島の夜は意外とうるさい

      ブナケン島での二夜目が明けた。眠い。 昨夜もなかなか眠れなくて。運動不足だろうか、夜になっても目がさえちゃっているのだ。コーヒーとお茶の飲み過ぎかもしれない。 そういえば、シンガポール以来、アルコールを手離し中。だから眠れないということはないけど。 離島のゲストハウス、バンガローに泊まっていて、正面はビーチ、裏手はいわゆるジャングルだ。田舎も田舎、ウッソウとしたジャングルともなると、意外と夜はうるさい。 前の晩は左隣りの中国人Yvanがうるさかったけど、昨夜は右隣りのフ

      • ブナケン島の夢

        時差ボケは、もう完全に治ったと思っていたのに、松本清張も真っ青並の超グロデスクな夢を見た。ブナケン島の初夜は、うるさくて眠れなかった。少し離れたバンガローの中国人が深夜までぼそぼそ話す声と、ヤモリのケラケラ笑う声、そして夫は猫の仕業だというが、木の板をパラパラ叩き合わせるような「クラックラッ」という音。あれが猫だというなら、化け猫しかありえないんじゃないか? 離島の三人姉妹の周辺で起こった奇怪な事件の最後は、真ん中の美女が腐りかけの生首を取り出して自白する夢で、そんなものを

        • シンガポールのフードコートがそれほど安くもない件

          あらかじめ言っておきますが、これは苦情ではありません。 シンガポールに来ております。ちょっとお久しぶりの訪問です。シンガポールにはもう何度も来ていますが、昔香港に住んでいた私としては、ミニ香港みたいで好き。歩きやすいんですよね。しかも、至る所に食べ物がある! 今泊まっているホテルの近くにも、たくさんフードコート、あるいはフードセンターとも呼ばれますが、食べる場所があります。 フードコートに入っているお店もいろいろです。シンガポールの有名な料理、海南チキンの店はゴロゴロ。

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 思想のカケラ
          Mai:海外在住夫婦バックパッカー@世界一周旅行中
        • 私の本
          Mai:海外在住夫婦バックパッカー@世界一周旅行中
        • 書く力
          Mai:海外在住夫婦バックパッカー@世界一周旅行中
          ¥500
        • カナダから日記
          Mai:海外在住夫婦バックパッカー@世界一周旅行中
        • 国際夫婦バックパッカー♪声の旅日記:365日海外旅行
          Mai:海外在住夫婦バックパッカー@世界一周旅行中
          ¥850
        • ブログ運営とワードプレス界隈
          Mai:海外在住夫婦バックパッカー@世界一周旅行中

        メンバーシップ

        投稿をすべて見る すべて見る
        • この物語の登場人物(ご参加いただいたメンバー様へ)

          本メンバーシップへのご参加ありがとうございます。 (参加ご検討の方も、無料で読んでいただけます) こちらでは、私たち夫婦の一年間の海外旅行の模様を、ダイレクトに…

        • 9月26日(月)にトルコ入国予定

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 女王が亡くなったから鉄道ストライキ中止だって

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 一年間の旅に出ます

          海外在住バックパッカーのMaiです。 現在はカナダ、ケベックの森の中に、イギリス人夫と二人で暮らしています。 海外旅行好きな私たちですが、9月14日より、一年間の夫婦…

        • この物語の登場人物(ご参加いただいたメンバー様へ)

          本メンバーシップへのご参加ありがとうございます。 (参加ご検討の方も、無料で読んでいただけます) こちらでは、私たち夫婦の一年間の海外旅行の模様を、ダイレクトに…

        • 9月26日(月)にトルコ入国予定

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 女王が亡くなったから鉄道ストライキ中止だって

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 一年間の旅に出ます

          海外在住バックパッカーのMaiです。 現在はカナダ、ケベックの森の中に、イギリス人夫と二人で暮らしています。 海外旅行好きな私たちですが、9月14日より、一年間の夫婦…

        メンバー特典記事

        メンバー特典記事をすべて見る すべて見る

          海亀と泳ぐ

          「世界周遊プラン」に参加すると読めます

          インドネシアのブナケン島に来た目的はシュノーケリングですが、このエリアはそもそもダイビングで有名で、宿泊しているゲストハウスの宿泊客も、私たち以外はみんなダイビングが目的で来ているのです。 残念ながら、今の時期は雨季にあたり、毎日曇り空、雨続きなのですが、オフシーズンとはいえ、ゲストハウスはほとんど満室。ここで少し、同じゲストハウスの住人を紹介しておきましょう。 私たちがここにやってきた二月四日(土)から泊まっている客は、フランス人夫婦一組とイタリア人男性二人、中国人の男

          インドネシア・インソムニア:離島の夜は意外とうるさい

          「世界周遊プラン」に参加すると読めます

          ブナケン島での二夜目が明けた。眠い。 昨夜もなかなか眠れなくて。運動不足だろうか、夜になっても目がさえちゃっているのだ。コーヒーとお茶の飲み過ぎかもしれない。 そういえば、シンガポール以来、アルコールを手離し中。だから眠れないということはないけど。 離島のゲストハウス、バンガローに泊まっていて、正面はビーチ、裏手はいわゆるジャングルだ。田舎も田舎、ウッソウとしたジャングルともなると、意外と夜はうるさい。 前の晩は左隣りの中国人Yvanがうるさかったけど、昨夜は右隣りのフ

          ブナケン島の夢

          「世界周遊プラン」に参加すると読めます

          時差ボケは、もう完全に治ったと思っていたのに、松本清張も真っ青並の超グロデスクな夢を見た。ブナケン島の初夜は、うるさくて眠れなかった。少し離れたバンガローの中国人が深夜までぼそぼそ話す声と、ヤモリのケラケラ笑う声、そして夫は猫の仕業だというが、木の板をパラパラ叩き合わせるような「クラックラッ」という音。あれが猫だというなら、化け猫しかありえないんじゃないか? 離島の三人姉妹の周辺で起こった奇怪な事件の最後は、真ん中の美女が腐りかけの生首を取り出して自白する夢で、そんなものを

          シンガポールのフードコートがそれほど安くもない件

          「世界周遊プラン」に参加すると読めます

          あらかじめ言っておきますが、これは苦情ではありません。 シンガポールに来ております。ちょっとお久しぶりの訪問です。シンガポールにはもう何度も来ていますが、昔香港に住んでいた私としては、ミニ香港みたいで好き。歩きやすいんですよね。しかも、至る所に食べ物がある! 今泊まっているホテルの近くにも、たくさんフードコート、あるいはフードセンターとも呼ばれますが、食べる場所があります。 フードコートに入っているお店もいろいろです。シンガポールの有名な料理、海南チキンの店はゴロゴロ。

          シンガポールのWestin Hotelに滞在したけど、時差ボケは直らん(当たり前)

          「世界周遊プラン」に参加すると読めます

          バックパッカーにあらぬ行いかもしれませんが、シンガポールでは高級ホテルに滞在中です。といっても、クレジットカードの優待特典で取得したバウチャーを利用しているだけで、正規の料金を払っているわけではないのです。 ウェスティンシンガポールは、シンガポールの観光スポットが集まるエリアに立地していて、とても便利です。 シンガポールのホテルですからね、部屋の広さはそれほどでもありませんが、38階からのシティビューを眺める部屋は素晴らしい。 浴室にはバスタブがあり、ここからもシンガポ

          フィンエアーでロンドン発ヘルシンキ経由でバンコク到着、スノーケリングマスクを買った!

          「世界周遊プラン」に参加すると読めます

          フィンエアーでロンドン発ヘルシンキ経由でバンコクイギリスでの滞在を終え、再び東南アジアに戻ってきた。今朝六時半にバンコク到着。そして、明日朝のフライトでシンガポールへ発つ。 ヒースロー空港からフィンエアーでヘルシンキ乗り換え、そこからバンコクまで約十一時間半の長距離フライトだった。ヒースロー空港第三ターミナルから出たのだが、空港までは義理の姉がレンタカーで送ってくれた。 朝三時起床、三時半出発で、空港に着いたのは午前五時すぎと、予定通り。ヒースロー空港は早朝にも関わらず人

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          シンガポールのWestin Hotelに滞在したけど、時差ボケは直らん(当たり前)

          バックパッカーにあらぬ行いかもしれませんが、シンガポールでは高級ホテルに滞在中です。といっても、クレジットカードの優待特典で取得したバウチャーを利用しているだけで、正規の料金を払っているわけではないのです。 ウェスティンシンガポールは、シンガポールの観光スポットが集まるエリアに立地していて、とても便利です。 シンガポールのホテルですからね、部屋の広さはそれほどでもありませんが、38階からのシティビューを眺める部屋は素晴らしい。 浴室にはバスタブがあり、ここからもシンガポ

          フィンエアーでロンドン発ヘルシンキ経由でバンコク到着、スノーケリングマスクを買った!

          フィンエアーでロンドン発ヘルシンキ経由でバンコクイギリスでの滞在を終え、再び東南アジアに戻ってきた。今朝六時半にバンコク到着。そして、明日朝のフライトでシンガポールへ発つ。 ヒースロー空港からフィンエアーでヘルシンキ乗り換え、そこからバンコクまで約十一時間半の長距離フライトだった。ヒースロー空港第三ターミナルから出たのだが、空港までは義理の姉がレンタカーで送ってくれた。 朝三時起床、三時半出発で、空港に着いたのは午前五時すぎと、予定通り。ヒースロー空港は早朝にも関わらず人

          イギリス到着から今日(1月26日)までの日記

          1月19日木曜日夕方5時半にイギリス、ロンドン、ヒースロー空港に到着しました。バンコクからドーハ乗り換え、カタール航空のフライトを乗り継いでの旅でした。イギリス到着後、夫の姉が空港までレンタカーで迎えに来てくれていたので、それに乗ってスムースに実家の方に到着することができました。 そもそもイギリスに戻ってきた理由は、夫の母の九十歳の誕生日を一緒に祝うためです。誕生日のお祝いは、日曜日のランチにレストランで行われました。家族が集まって会食をした形になりますが、その後で実家の方

          読みたい本を書けばいい

          文章を書くのが好きなら、一生に一度は自分の本を出版してみたいと思うのではないでしょうか。 ちょっと前であれば、本を出版するなんて、しようと思ってカンタンにできるものではありませんでしたね。ところが今は、アマゾンのKindle本という形で、誰でも無料で本を出すことができます。 ただし、本を出版することと、本が売れることは別の話。売れる本を出したいなら、それなりの戦略と書き方で本を書かなくちゃ… って、そんなことは分かっていますが、でも自分が書きたいものを納得できる形で書か

          音声配信を始める前に知っておきたかった10個の疑問:電子書籍化出版しました!

          これ、実は2019年にYouTubeで流した動画音声配信が元ネタなのですが、今回、新しい情報も盛り込んで、電子書籍Kindleとして出版しました。 Kindleアンリミテッド(読み放題)でもお読みいただけます。 以下はアマゾン商品説明ページからの引用です。 音声配信って、やってみたいんだけど… 音声配信に興味があるけど、難しそう… ポッドキャスト、スタンドエフエム(スタエフ)が気になる… そんな人に向けた、音声配信入門書です。 私が音声配信を始めたのは、2018年1

          明日バンコク、明後日ロンドン

          一年間の旅に出ております。 長期旅行ということですが、その中で一月中旬だけはどうしてもイギリスにいたいという制約があります。その理由は、義母の九十歳の誕生日です。 だから一月十九日にバンコクからロンドン行きの航空券を購入済みでして、その前日にはバンコクにいる必要があります。 フライトは、二〇二三年一月十九日午前八時〇五分バンコク、スワンナプーム空港発ドーハ行き、カタール航空QR831便で、同日午前十一時半ドーハ着、フライト時間は、七時間二十五分。 ドーハで一時間半の乗

          いつになれば、海外旅行に行けるの?

          コロナ以降、海外旅行に出にくい状況になり、旅行好きな日本人の方で自粛している方は少なくないでしょう。2023年という新しい年になりましたが、ニュースで今年の年始は、久しぶりに海外に出る日本人が増加したと、聞きました。それでも、まだ海外旅行なんて、なかなか行けないよーと、思っている人もいるのではないでしょうか。 私たちは、2022年9月14日にカナダの自宅を離れ、海外旅行に出ています。途中日本に立ち寄った時期もありましたが、それ以外は全て日本国外で過ごしております。 それで

          過去の自分への文章と未来の自分への文章

          私は本当に節操がないなあと自分で思うのだけれども、けっこうどんな文章でも書けちゃうのです(自慢しているのではない)。 強気なセールスライティングもできるし、かる~いブログ記事も書けば、顔文字絵文字てんこ盛りのアメブロ的文章も書けます。でも、自分の商品としてガチで書く作品は、どんなものがよく読まれているかというと、昔の自分に対して伝えたかったことを書いた文章かもしれません。 文章を書くとき、読者像、つまりペルソナを意識するようにいわれます。自分の文章を読んでもらいたい人はど

          ロンドン発バンコク行きの航空券取りました:2023年1月8日(今、ノーンカーイ)

          二〇二三年一月八日、ロンドン発バンコク行きの航空券を予約購入しました。マイレージを使っての購入です。 今月一九日のフライトで、バンコクからイギリスに戻ることになっています。義母の九〇歳の誕生日があり、それを家族みんなでお祝いするための訪問となります。一月のイギリスは寒いのであまり長居はしたくないところです。イギリス訪問の後、どこに行くかはいろいろな案がありましたが、今のところ東南アジアに戻ることを考えており、航空券を探しておりました。 ところが、時期的なものなのか、それと

          ラオス旅行5週間のハイライト

          2022年12月1日にベトナム、フエからラオスに入国し、翌年1月6日にタイへ出国するまで、ラオスには5週間滞在しました。すっかりラオスに恋してしまった私たちですが、ここで改めてそのハイライトをまとめておきたいと思います。 12月1日ベトナム、フエからラオス入国ベトナムのフエから、バスでラオバオ国境まで移動。デンサバーンから国境超えして、アライバルビザ取得しました。 国境超えしたイミグレーションに、たまたまサワンナケート行きのバスが乗り付けていたため、便乗して一気に西進しま

          テクニカルライティング、コマーシャルライティング、クリエイティブライティング

          オンラインで文章を書いて公開するなら、多かれ少なかれ誰かに読まれたい欲求があると思います。そのコンテンツを必要とする人に届けたい、できれば多くの人に読んでもらいたい。たとえぼんやりであっても、無認識があっても、少しくらいはそんな欲があるものでしょう。 しかし、ネットで文章を書いて多くの人にコンテンツを届けるためには、単にクオリティの高い文章を書くだけでは、その願望をかなえられない可能性が高いです。そもそもクオリティの高い文章とはなんなのか。オンライン上の文章において多くの人

          stand.fmもブログもー相互というのが苦手なのです。前からいってるけど

          SNSとかネット上でコミュニケーションを取るのは嫌いじゃないんですが、つくづく相互で読まれたり聞かれたりされるのが、私はやっぱりだめだな~という話です。前にも別のところで書いたことがありますが、あ、別にスタエフで何があったというわけでもありませんよ。ーーーでも、まあ、小心者なので、フォローされるとフォローしなくちゃって思うし、いいねもらうと「いいね」返ししてあげたくなっちゃう。それって、累積するとSNS疲れになるんですよね。 だから読み物も聞くものも、自分が本当に読みたいも