濵田農園|愛媛・八幡浜のみかん農園
農家5代目直伝! みかんの美味しい食べ方、教えます
見出し画像

農家5代目直伝! みかんの美味しい食べ方、教えます

濵田農園|愛媛・八幡浜のみかん農園

こんにちは!皆さん、初めまして。

濵田農園5代目の濵田直人(なおと)です。前回のブログでは農園の紹介をしましたが、私からは活動報告のような形で、みかん栽培の様子などを届けられたらと思っています。

愛媛県八幡浜市向灘(むかいなだ)地区で、5代続くみかん農家である濵田農園。現在、4代目の父と母、祖母と従業員さんで仕事をしています! なんと祖母はもう少しで90歳になるのですが、今も現役で仕事場に原付に乗り、仕事場の農園まで通っています。

他にも、愛媛県の大学様と連携をとり、インターンシップの受け入れも行なっています。学生さんには約1カ月間のインターンで農作業を体験してもらいます。しかし、すぐに結果があらわれる仕事ではないため、「半年後や収穫時期に農園に来て、自分たちが作業をした結果を見においで」と伝えています。こうした機会を通して、学生さんたちに何か感じてもらえたら嬉しいのと、農業という仕事に興味を持ってもらえたらと思っています。

香りを楽しみながら食べられる剥き方を紹介!

画像1

(9月頃のみかんはこんな感じ。今の時期は夕日がとても綺麗です)

今の時期、濵田農園では「早生(わせ)」という、普通よりも早くできるみかんを出荷しています。糖と酸とバランスがよく食べやすいみかんです。そろそろみかんが恋しくなる時期になってきましたよね。皆さんは、みかんを美味しく食べる方法を知っていますか?

今回は5代目直伝、みかんの美味しい食べ方を紹介していきます。

まず、みかんが届いたところから。細かいところですが、保管はダンボールを開けたまま日陰で風通しの良い場所にしてください。また、みかんを食べる前に揉んだら甘くなるという説があり、実際に検証した記事もありますが、農家としてはオススメできません。

なぜなら、みかんにダメージを与えているだけだからです。栽培時にもクッションをしいて、ダメージを与えないように工夫をしているほど、みかんは繊細な果物なのです。

次はみかんの剥き方。皆さんは、食べるときに下の写真のような剥き方をしていませんか? この食べ方でも美味しいのですが、もっと美味しく食べれる方法をお教えします。

画像2

まず、花びら型に剥くのと同じように中央部に指を入れ、皮を剥かずに半分に割って下さい。そして、一口サイズまで割ったものを口に当て、歯で剥ぎ取るように皮と果肉を切り離して食べてみてください。こうすると香りを楽しめます。花びら型に剥くと、皮から出る香りが逃げるのでもったいないです。ぜひ、一度この剥き方で食べてみてください!

画像3

画像4

冒頭の写真にもあるように農園のある八幡浜市は、自然に恵まれた地域で山と海に囲まれています。この時期になると、とても夕日が綺麗になります。11月23~24日には収穫体験ツアーも開催するので、ぜひこの機会に八幡浜市に来てもらえると嬉しいです!

【ご案内】
11月23~24日に収穫体験ツアーを開催します!https://www.facebook.com/events/419918992044672/
濵田農園オンラインストアhttp://shop.kiwami-mikan.net/

編集:ローカルマガジン「おきてがみ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
濵田農園|愛媛・八幡浜のみかん農園
日本でも有数なみかん産地である愛媛県八幡浜市向灘地区において、みかん栽培を行っている農園です! みかんづくりに拘ること80余年。先代から引き継いだ土地と木、最高の環境のもとで、皆様に「究極のみかん」を提供すべく日々取り組んでいます。