見出し画像

刺しゅうをきれいに仕上げるために

刺しゅうをする布には、わたしは裏面に片面接着芯を貼るようにしています。
接着芯を貼ると布に厚みがでて縫いやすくなり、また布が伸びにくくなるので、仕上がりが格段にキレイになります。

刺しゅうをするときに悩むのが『刺しゅう枠は使った方がいいの?』ということ。

刺しゅう枠は布をピンッと張って刺しゅうをキレイに仕上げるために使う道具です。
刺しゅう枠を使うと、糸を引きすぎて布がよれてしまうなんてことがありません。

そんな大事な役割の刺しゅう枠…わたしはといいますと…使っていませんm(__)m


使ったことももちろんありますが、わたしはどうも慣れず、刺しゅうをしながら、付けたり外したりする作業もおっくうでして…

なので、わたしはそのピンッと布を張る役割を、接着芯にお任せしています!!
厚手の布には薄手の接着芯、薄手の布には厚手の接着芯、と使いわけて貼っています。

接着芯には不織布タイプ、織物タイプ、ニットタイプとありますが、わたしが使っているのはこちらの不織布タイプ。

画像2

薄手は指がよく透ける感じ、厚手はうっすら透ける感じになります。

接着後も布の柔らかさを失わず、刺しゅうをするようになってからずっとお世話になっていました。
…が
先日、いつものように、いつもの手芸店にいつもの不織布タイプの接着芯を買いに行きました。またまた時間がたっぷりあったので、接着芯のコーナーを時間をかけてじっくりと見ていました。
すると、接着芯の見本と使い心地などが書かれたボードが!!
小さくカットされた見本が貼られ、とてもわかりやすく細かく接着芯の説明が書かれています。
そしてじっくり読み進めると、織物タイプの説明書きに…完全接着の文字が!!
そう、わたし不織布タイプの接着芯にひとつだけ不満がありました。大きく切った布に貼るときに仮接着のため、めちゃめちゃアイロンがしんどいのです…
完全接着って魅力的!!試しに購入してみよう!!
織物タイプは厚さがほとんど変わらないものを、仕上がりがソフトタイプとややハードタイプで選び、50㎝ずつ購入してみました!!

感想は…
あらっなんて使いやすいんでしょう♪
完全接着というだけあってアイロンをかけた瞬間、接着芯が布にピタッとくっつきます。
いい感じに布が補強されました。

…が
ソフトタイプの方はバッチリいい感じ、ややハードタイプの方はパリッとなりすぎました。
これでは針を刺すときと抜くときに力がいり、手首を痛めてしまいます。
試しに刺しゅうをしてみますと、うまく表現できませんが、刺しゅう糸までもがかたい表情に…。
ソフトタイプの方は接着芯を貼っても布の柔らかさを保ったまま、刺しやすく抜きやすい。刺しゅう糸のふっくらとしたやさしさもそのままです。

こんな感じに仕上がりました。

画像1

織物タイプ(仕上がりソフト)の接着芯、これは◎新しい良いもの発見です!!

ガーゼ生地のような柔らかな風合いです。

画像3


いつも使いなれたものがあると、それが一番になってしまって、なかなか他に手を出すことがなくなりますが、たまにはちょっと違うものを手に取って、試してみる…というのもいいものですね。

次回は"刺しゅう枠、わたしは飾るときに使います"というお話をしたいと思います。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
うれしいです♪ありがとうございます!!
103
刺しゅうイラストレーター・手芸作家。兵庫県姫路市在住。 ひと針ひと針手縫いで、イラスト刺しゅうの作品や手芸小物を作っています。 http://hacobe.sakura.ne.jp

こちらでもピックアップされています

note編集部お気に入りマガジン
note編集部お気に入りマガジン
  • 17343本

様々なジャンルでnote編集部がおすすめしている記事をまとめていきます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。