見出し画像

教師から「けしましょう」と書かれたノートを見て、子どもは何を思うだろうか。

今日は、怒りモードだ。

まずは、こちらの写真をご覧いただきたい。

画像1


これは、私の友人がFacebookに投稿していた写真だ(本人許諾済)。

小学校に通う娘さんが、宿題として課された範囲を超えて取り組んだところ、教師から返却されてきたノートがこれだ。

「ここはまだです」
「けしましょう」

ふざけるな。

返却されたノートを見た娘さんの気持ちを考えると、大げさではなく、涙がこぼれそうになる。

なぜ、このような信じられない“暴言”が吐かれてしまったのか。私自身も小学校教師を務めていた経験から考えてみようと思う。

             ------✂------

ここから先は有料公開となります。

個別の記事を数百円ずつご購入いただくよりも、月に20本近い記事が配信される定期購読マガジン(月額1,000円)をご購読いただくほうが圧倒的にお得です。

記事の更新はみなさんからのサポートに支えられています。ぜひ、この機にご登録をお願いします!

「乙武洋匡の七転び八起き」
https://note.mu/h_ototake/m/m9d2115c70116

この続きをみるには

この続き: 1,583文字
記事を購入する

教師から「けしましょう」と書かれたノートを見て、子どもは何を思うだろうか。

乙武 洋匡

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

みなさんからサポートをいただけると、「ああ、伝わったんだな」「書いてよかったな」と、しみじみ感じます。いつも本当にありがとうございます。

ありがとうございます。よろしければシェアもお願いできれば幸いです!
103
「自由に生きたい」と願う人は多くいます。でも、自由に生きるには、多くの選択肢が必要です。日本に、もっと選択肢を。 #選択肢を増やそう

こちらでもピックアップされています

乙武洋匡の七転び八起き
乙武洋匡の七転び八起き
  • ¥1,000 / 月

乙武洋匡のコラムやQ&Aコーナー、マネージャー日記や趣味(映画・ワイン・旅行etc.)の記録などを公開していきます。 「すべての人に平等なチャンスと選択肢が与えられる社会」を目指す仲間を大募集中です!