見出し画像

【義足プロジェクト #23】 “仙人”から伝え聞いた「みぞおち」の極意。

 六月十八日。

 梅雨に入ると、肌寒い雨の日が続いた。

「遅くなって、すみません!」

 電車が遅れて十分ほど遅刻した内田氏は、少し息があがり、顔に汗が光っている。

「お疲れさま」

 私はそう答える。

 この一週間の体調などについて話をし、内田氏の前に身体を横たえた。

「ストレッチポールのおかげかな、上半身が柔らかくなってきた気がするんだ」

「ほんとうですか、いいですね!」

 内田氏は私の股関節に力を加えながら、前日に始まったサッカー南米選手権(コパ・アメリカ)の話を始めた。

「乙武さん、サッカーのコパ・アメリカ観てます?」

「今回は地上波で放送してないんだよね。だからニュース映像くらい」

「初戦はチリに圧倒されちゃいましたね。あんな大差がつくとは……」

「そのなかでも期待の久保建英は、キラリと光るプレーを見せてたよね」

 内田氏も私も大のスポーツ好き。こうしてサッカーの話に花を咲かせながらストレッチに励むことで、私の筋肉だけでなく、心までもほぐされていくのだった。

「では、起き上がってください」

 内田氏は上半身のストレッチに取りかかる。

「無駄な力みが取れてきてますね」

 そう言って私の右腕を上に掲げると、内田氏はこんなことを話しはじめた。

「私たち理学療法士の間で『仙人』と呼んでいる理学療法界の大先輩が、乙武さんの歩行を動画でご覧になったらしく、『みぞおちで歩けばいいんだ』と言っていたそうなんです。足の筋肉は胸からつながっているので、一理あ……」

 内田氏が話し終わらないうちに、私は「それだ!」と叫んでいた。

            ------✂------

ここから先は有料公開となります。

個別の記事を数百円ずつご購入いただくよりも、月に20本近い記事が配信される定期購読マガジン(月額1,000円)をご購読いただくほうが圧倒的にお得です。

記事の更新はみなさんからのサポートに支えられています。ぜひ、この機にご登録をお願いします!

「乙武洋匡の七転び八起き」
https://note.mu/h_ototake/m/m9d2115c70116

この続きをみるには

この続き:1,536文字
記事を購入する

【義足プロジェクト #23】 “仙人”から伝え聞いた「みぞおち」の極意。

乙武 洋匡

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

みなさんからサポートをいただけると、「ああ、伝わったんだな」「書いてよかったな」と、しみじみ感じます。いつも本当にありがとうございます。

ありがとうございます。よろしければシェアもお願いできれば幸いです!
33
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。