見出し画像

TRXで全身を鍛える!

quest_iwasawa

2年ぶりのnoteです!
改めてnoteをいろいろ活用しようと思っています。
その最初の記事で今回はQuest流の全身強化のためのトレーニングプログラムをシェアします。
今回の内容については後日YouTubeでも解説動画をアップしますのでこの機会にQuestのYouTubeチャンネル「Questトレーナー塾」をチャンネル登録をしていただければ本当に嬉しいです!
「Questトレーナー塾』
https://www.youtube.com/channel/UCgK7ZH_McUOfBqaKtncUvfw

今回のテーマ「FSS=ファンクショナル スーパーセット」

この「FSS=ファンクショナル スーパーセット」はQuestオリジナルのトレーニングプログラムデザインの一つです。

ウエイトトレーニングにおけるスーパーセットとは

拮抗関係にある2つの筋群に対するトレーニング2種目を連続で行い、1セットとするトレーニングメソッドを言います。
例えば「バイセップスカール」(上腕二頭筋)と「ケーブルプレスダウン」(上腕三頭筋)を組み合わせます。
こうすることで上腕という限られたエリアの筋肉に最大限に血液を集中させ、筋肥大を狙うのです。

ファンクショナルスーパーセット=FSSとは

FSSは上記のウエイトトレーニングにおけるスーパーセットとは方法も目的も全く異なります。

FSSの方法
・基礎動作、使用筋群、体幹の働きなどについてできるだけ異なる二つの種目を組み合わせてセットを作り、それを繰り返す

FSSの利点
・特定の筋肉を疲労させることが少ない
→それによって
1.短いインターバルで様々な動作、筋群を強化することができ、時間効率性が高い。
2.特定の筋肉の痛みが少ないため、精神的な負担が少ない
3.動作のクオリティが保ちやすい

今回のFSSプログラム

今回はあえて全てをTRXを使った種目でプログラミングしました。

一つ一つの種目に関しては今後アップするYouTube動画で動きと共に解説をしますが、レップ数に関してはセット2の「TRXフロントスクワット w/ダブルホップ」のみセットごとに40秒、35秒、30秒のタイムベースですが、その他の種目は全て以下のようなレップベースで実施します。
1セット目=12レップ、2セット目=10レップ、3セット目=8レップ
さらにセット間のインターバルをできるだけ短くすることで代謝系(心肺持久系)にも負荷をかけることができます。

セット1からセット4までのトータルタイムは20〜30分。
これで全身のバランスがとれた基礎的な体力強化のプログラムになるのです。

このような「ファンクショナルトレーニング」の種目を活用し、目的別に20
種類以上のトレーニングプログラムを9時間以上にわたって詳細に説明している動画セミナーがついに完成しました!
それがこの「決定版トレーニングプログラム大全」です!
https://quest.yosuke-iwasawa.com/pages/6443689/page_202209111545

ただいま完成記念のキャンペーンで割引価格でご購入いただけます!
もしよかったら上記のリンクもぜひ覗いてみてください!

今後もこのノートを活用し、トレーニングに関する様々な最新情報をお届けしますのでぜひ注目してください!

今回はこの記事を読んでいただき、ありがとうございました!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!