見出し画像

GRIDの仕事~セールス編~

GRID公式note

こんにちは。今回の記事では、グリッドのセールスチームをインタビューしてみました。どんな仕事をしているかお伝えいたします!


現在どんな仕事を担当していますか?

Yさん:セールスとして動いています。データ解析プロジェクトに関するお問い合わせ対応や、展示会や体験会などでお会いしたお客様の対応するなどがあります。お客さんの抱いている課題をヒアリングして、適切なサービスを提案する仕事です。

Mさん:プロジェクトの受注と各セミナーの登壇活動もありますね。

特に頑張っている点はありますか? 

Mさん:うまく伝えることです。セールスチームはフロントにいるだけであって、プロジェクトを進めるメンバーが一緒に動いてくれないと難しい部分がたくさんあります。グリッドの作ったサービスを社会の中に広げて認めてもらう、それと同時に市場の意見をまとめて開発チームと共有することも大事です。社会と開発チームのコミュニケーションチャンネルになることですね。

Yさん:流石です!(笑)自分の場合は、まだ勉強が多いですね。前職では目に見える物を売る仕事でしたので、物がないサービスを売っていくという経験がまだ少なかったです。情報系の営業スキルは、今後にも必ず競争力になると思っているので、日々頑張っています。

仕事環境についてはどう思いますか?

Yさん:グリッドは先をみて大胆に先行投資をできる会社だと思います。その分、成長できるチャンスも多いと思います。仕事の進め方や予定の組み方もかなり自由にできるので、自分のスタイルで仕事をすることができます。ただ、そのためにはタスク管理やチームとの情報共有をしっかりしないといけないなと思っています。

Mさん:確かに主体的に動く方法はすごく身につくよね。最初はどうすればいいかわからない時もあったけど、今思うとすごく成長できたと思う。

Yさん:はい。でも自分でやってみてわからなかったことは、メンバーに細かく見てもらっています。チームには立ち回りがすごくうまい人も、仕事がすごく早い人も、臨機応変に適切な対応ができる人もいてそれぞれ得意があるというか。相談すればすぐにコツを教えてくれます。

Mさん:話が変わりますけど、個人的には都会で働けるのは本当にいいな。(笑)街中なので仕事以外にもいろんな発見があります。渋谷か有楽町はショッピングしによく行っていますし、帰りには中目黒とかに寄ってブラっと歩いたりもしています。

チームが大事にしていることは何でしょうか?

Yさん:営業チームだからもちろん売り上げを立てていくことが最も重要なミッションです。お客様の欲しいものとは何かを調べて、考えて、役に立つ提案をすることが大事ですね。特にグリッドは社会インフラを支えたい、そしてテクノロジーでイノベーションしたい会社なので、社会の課題と先端の技術を繋ぎ合うことが我々の実現できる価値だと思います。

どんな人と仕事したいですか?

Yさん:決まりがなくても、整えられてなくても存在できる人ですかね。

Mさん:言葉が難しいよ!(笑)え~と、自分から作ることに楽しみを感じる人というか。最近は会社の規模が大きくなってきてますが、まだベンチャー企業なので、自分で答えを見つけないといけない瞬間に向き合う時も多くあります。決まっている中で動くよりは、自分で調べて動くことが好きな人と一緒に仕事ができると嬉しい。その他は…セールスだから人と話すのが好きな人?

Yさん:それと、テクノロジーにたくさん興味を持っている人。AIの製品そのものや、技術の実用化についてたくさん学ばないといけないですし、それに興味があるからもっと仕事が楽しくなると思います。


以上、グリッドのセールスチームよりお伝えしました!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!