見出し画像

漬物屋を家業に持つ、中野 百合子さん

家業があって、それを自分に合った形でサポートしたり、進化させたりしている人のことを、僕らはグラフトプレナーと呼んでいる。いったいみんな、どんな活動をして、どんな毎日を送っているんだろう。今回は漬物製造業を家業に持つ、中野 百合子さんを紹介。

プロフィール
名前:中野 百合子(なかの・ゆりこ)
年齢 :27歳
家業:漬物製造業
何代目:父が11代目
事業承継:未定
現在:家業に入りながら、漬物を作る体験の提供や自宅で始めるぬか床作りの提案やサポートを新規事業として開始している。

山口県岩国市にある漬物屋300年の歴史を持つ漬物屋さんを家業に持つ中野さん。無添加保存料無し自然発酵の手作りの漬物屋で、一般的な漬物よりも乳酸菌が100倍なのが特徴です。卸先の6割がスーパー。残りは、紀伊国屋や阪急百貨店などの高級スーパー、業務用として飲食店、などの卸しと本館で販売しています。漬物屋には築170年の本館があり、工場見学も出来るようになっています。

家業に入った中野さんは新規事業に取り組んでいます。おうちでぬか床を楽しんでもらえるキットを作るため、パッケージを考えたり、ぬか床の研究開発や分析、オンラインサポートの仕組みづくりをしています。もともと東京で働いていた中野さんが山口の家業に入ったのには、家業ならではの理由があったといいます。
「社会人になってから初めて迎えるお正月に実家に帰ると家庭に不穏な空気が流れている事に気づきました。帰る場所の形が変わってしまいそうな状況下でこのまま私が東京にいるのはどうだろうと思い始めて家に戻ってやるべきことをやろうと決めました。回避したいことを回避させるために。母親には『せっかく大学も出たのに勿体無いし、漬物屋の仕事は辛いからやめておきなさい』と帰ってくることを反対されました。」

画像1

しかし一度覚悟を決めた中野さんは山口県へ帰り、家業をまず手伝うことにします。
「いつの間にか家族もあたたかい形になりました。父も母も幸せであることを願っています。でも最近はその気持ちも私の押し付けだと気付いて、無理にこうしようああしようと提案するのをやめたんです。これから先は自分自身が何をやりたいかという所にフォーカスして自分自身がやりたいことで力を発揮していきたいと思っています。だから新規事業をはじめました。」

画像2

「家業に入ったからといって、誰かの為にとか、親が言うからとか、家業だからとか、制限をつけてしまうと苦しくなるので、まずは家業について学んでみる、好きになってみることを私は大切にしています。その上で自分の思いを込めてこの世の中に何を提供するのかしたいのか考えています。今はとてもワクワクしながら仕事に取り組めています。」

画像3

家業を手伝う時、家族のためだと気持ちを押しつけずに自分のやりたいことにフォーカスしながら家業を捉え直すこと。そのおかげで家業とのいいバランスを見つけた中野さんのお話、どんな家業にも共通する大切な考え方なのかもしれません。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
家業トリビア!川崎麻世さんと峯岸みなみさんの共通点、それは家業が喫茶店
2
【メンバー募集中】家業持ち達と一緒に家業の悩みを解決できるオンラインコミュニティ「家業エイド」始めました。コミュニティ参加はこちらから ▶︎https://www.graftpreneur.com/kagyo-aid

こちらでもピックアップされています

グラフトプレナー図鑑──僕らの家業プロジェクト
グラフトプレナー図鑑──僕らの家業プロジェクト
  • 17本

家業があって、それを自分に合った形でサポートしたり、進化させたりしている人のことを、僕らはグラフトプレナーと呼んでいる。いったいみんな、どんな活動をして、どんな毎日を送っているんだろう。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。