働き手の変化に対応します
見出し画像

働き手の変化に対応します

 ボルドリッジ・エクセレンス・フレームワークは、組織のパフォーマンスを向上するための最も重要な質問集です。質問に答えることで自ら気づき、改善を繰り返していくことで、現在と未来の成功を確実なものにしていきます。
 5.1 働き手の環境では、働き手の熟練度と充足度のニーズ、組織の業務を遂行するためにこれらのニーズをどのように応え、支援的な職場環境をどのように確実に実現しているかについて尋ねます。

 新人の採用、既存メンバの活用による、組織のニーズへの対応について尋ねます。

(2)新しい働き手のメンバーをどのように募集、採用、配置していますか。
(3)変化する熟練度と充足度のニーズに対して働き手をどのように準備していますか。
(Baldrige Excellence Builder 2011-2012より。翻訳筆者)

 新しい働き手のメンバーについては、募集、採用、配置それぞれについて、その方法を尋ねています。それぞれ独立のプロセスですが、募集、採用、配置を通じて、新しいメンバーが組織の価値観を理解し、組織文化になじんで組織のメンバとして活躍できるようにすることをどのようにサポートしているかも重要なポイントになります。

 変化する熟練度と充足度のニーズ、すなわち、顧客や市場、事業環境の変化などにより、新技術や技術の高度化への対応など求められる能力の変化、季節的な要因も含め需要拡大への対応や重点領域の変更などに伴う必要な要員の変化に対応するために、働き手をどのように適正に確保しているかについて、尋ねています。

 いずれにせよ、それに先立つ質問(1)で確認した働き手の熟練度と充足度のニーズがもとになっています。
 働き手と組織のニーズのバランスを取り、継続性を確保し、働き手の減少を防止し、働き手の削減が必要となった場合にその影響を最小限に抑えるようにすること、働き手の成長のあらゆる期間に備え、管理すること、そして、組織構造および業務システムの変更が必要となった場合に備えておくことが重要になってきます。

 変化していく熟練度と充足度のニーズに対する働き手の備えとしては、例えば
・訓練、
・教育、
・頻繁なコミュニケーション、
・働き手の雇用、
・キャリアカウンセリング、
・転職サービス
などがあります。

★★

 ボリドリッジ・エクセレンス・フレームワークの要約版、「ボルドリッジ・エクセレンス・ビルダー【日本語版】」は、米国NISTのウェブサイトからダウンロードできます。ページ下方の Non-English Versions / Japanese を参照ください。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます。
グローバル・クオリティ・フォーラム(Global Quality Forum、GQF)は、米国MBNQA、欧州EFQMなど、世界の経営革新プログラムをグローバルに研究し世の中に貢献するグループです。本項担当の黒瀬 晋は、2006年からGQFに参画し活動を続けています。