見出し画像

右肩上がりの業界でも社員にとってプラスとは限らない

こんにちは。
「世界一簡単なカードゲーム販売の教科書」の著者、後藤寛(ごとうひろし)です。

画像1

世界一簡単なカードゲーム販売の教科書


飲食店やアウトドア用品など、
コロナの影響で大きく売上を落とした業種が多いです。


逆に通販サイトやゲーム市場など、
右肩上がりになった業種もあります。


自分の勤める市場が上がり調子になるのは素晴らしい事ですが、
現場の人間にとって地獄になる事はよくあります。


私は以前勤めていたカードショップもそうでした。


私がカードショップで働き始めたのは今から15年前の2005年で、
遊戯王はGXが始まってしばらくたった頃、デュエマは暗黒期となる
不死鳥編が始まる少し前くらいの事です。


その頃のカードゲームはブームも落ち着いており、
アナログゲーム以外でムシキング・ラブandベリーの
稼働終了が近づいてきた頃でした。


その頃カードショップで販売される主力ゲームは
遊戯王・デュエマ・MTGが3本柱で、そこにお店によって
1~2タイトルくらいを扱う程度でした。


上記のムシキング・ラブandベリーに加え、
ポケモンカード、ガッシュ・ベルか当時プロカードゲームとして押し出されていた
ディメンション・ゼロくらいです。


遊戯やデュエマのカード種類も少なく、
ものすごく働きやすい時期だった記憶しています。


当時の私は念願の遊戯王担当となり、
都心から離れたお店でシングル売上100万円を
初めて達成したりと充実した日々を送っていました。


しかし私がカードショップを退職した2011年頃年には
カードの種類が爆増しており、残業しないと追いつかないレベルになっていました。


・バトルスピリッツ
・ヴァイスシュバルツ
・ヴァンガード
・カオスTCG
・リセ
・ライブバトルカードライブオン
・サンデーVSマガジン
・サンライズクルセイド


アナログゲームだけでもざっとこれだけ増えている上に、
アーケードゲームまで誕生して大変でした。


・ドラゴンクエストバトルロード
・バトライド(仮面ライダー)
・WCCF(サッカー)


さらにスタン落ちの存在しない
遊戯王・デュエマのカード種類が管理しきれないほど
増えているのもヤバかったです。


しかも販売サイクルも上がっており、
当時は数か月に1度のレギュラーパック+αだったのが、
2011年は毎月どころか毎週何かしらの新作が出て
対応に追われる事態になりました。

今はさらにカード種類も販売スピードも増加していて、
メルカリなどのフリマアプリで売上も減っているので
カードショップは大変だと思います。


2011年にカードショップを辞めたのは英断だったと
今でも思っています。


業界が活性化することはいい事なのですが、
比例して現場の仕事量は増えていきます。


それでも給料が上がればいいのですが、ライバルが増えて
利益が減り、社員やバイトの給料は以前と変わらないなんて事も
よくあります。


忙しくなればその分仕組み化したりスタッフを増やして
対応すべきなのですが、利益重視でそれを怠る会社にいると
搾取される一方になります。


右肩上がりの業界にいるもしくは参入する場合、
自分が動かなくても稼げる仕組み化をするか、
労働者ではなく経営者側に回った方がいいです。


【PR】カードゲームで稼ぐための書籍を販売しています

2020年3月にセルバ出版より、カードゲーム販売に特化した書籍を出版しました。


画像2

世界一簡単なカードゲーム販売の教科書

  

・輸入
・輸出
・国内販売
・転売&せどり
・卸販売
・自社ECサイト
・投資


上記のすべてを カードゲーム販売で行るため、初心者から上級者まで始めやすく極めやすい理想的なビジネスです。


世界一簡単なカードゲーム販売の教科書

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます! 良ければフォローお願いします^^
中国輸入で週30分労働 | 著書あり | 38歳 | 元カードショップ店長 | ブラック企業から脱出組 | 千葉市主催セミナー講師4年連続  | 物販・情報発信ノウハウを公開 | ★フォロー歓迎★ ツイッター→ https://twitter.com/merumaga5100