取説(ジェイ編)

昨シーズンまで磐田に所属していたジェイが札幌に所属することになるようです。

2年間ジェイを見続けてはいたので、それなりにジェイをわかっている方ではあると思うので、札幌サポに向けて、簡単な取説を書こうかと思います。


決定力

ゴールを奪う力はJリーグで1、2位を争うレベルにあります。

ヘディング、足とどこでも得点をする力があります。

ヘディングは、相手のマークの上からゴールをする力があるので、とりあえずクロスをあげとけが成立します。

磐田もこれにかなり救われました。

足に関しても、シュートはうまいです。

ミドルレンジからでも決める力があります。

足の振り幅が小さいながらも、強力なシュートができるため、GKが対処しにくいです。


ポストプレー

ヘディングの高さはもちろんですが「それを胸トラでキープするの!?」というプレーもします。

足元の技術もかなり高いため、ポストプレーのレベルは高いです。

ただ、福岡のウェリントンのように相手がこようとどっしりとキープはしてくれません。

結構倒れます。

そして、怒ります。

ジェイへのマークは厳しいので、本人が怒るのもわかるのですが「もうちょい耐えてよ、、、」と思うことも少なくなかったです。


ディフェンス

これに関しては、ほとんど期待しないでください。

オフェンスとも共通することなのですが、まずハードワークしません。

それはスタミナの面もあるだろうし、単純に本人がやりたがらないというのもあると思います。

ジェイがいた頃の磐田は、ジェイを抜きにした10人で守っていました。

本来ならファーストディフェンスをする選手が守備免除されていたので、J2はなんとかなったけど、J1では結構厳しかったです。


性格の二面性

ジェイはピッチ外だと、めちゃくちゃナイスガイです。

被災地のために募金したり、日本のために色々と行動してくれました。

しかし、ことピッチ内になるとかなりアンタッチャブルです。

起伏がめちゃくちゃ激しいです。

激しくプレッシャーにこられると、明らかに不機嫌になっていきます。

人心掌握術では、日本でずば抜けてトップにいるんじゃないかと思っている名波監督をもってしても、扱いにかなり苦労したと語っていたので、よっぽどなのではと思います。

四方田監督で、ジェイを扱いきれるのか、正直不安なとこです。


総論

毒にも薬にもなるというのが私のジェイに対しての評価です。

札幌のJ1残留を救う救世主にもなるかもしれないし、逆にチーム状況を悪化させる存在にもなりうると思います。

少数得点で、少数失点で勝ち切るというのが札幌だと思っていたので、守備をしない選手を獲得して、どう使うのかは興味深いです。

都倉とジェイで殴るつまりなのかもしれないが、なんとなく都倉はハイタワーコンビになるとうまくいかない印象がある。

都倉、ナザリトのコンビも、結局芽が出ずに終わったし。

J1昇格の立役者でもあったので、磐田サポは基本的にジェイのことが好きです。

磐田戦以外でなら活躍することを願っております。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
子供相手にほそぼそとコーチしてます。 Twitter(https://twitter.com/gorilla_soccer