見出し画像

NovelJam2019' 参戦記⑤番外編

参戦記④に続いて番外編です。番外編といいながらも番外編じゃない点についてはまあよし、ということでお送りいたします。
NovelJamとはなんぞや? という方はのリンクよりご確認ください。
以前コメントしましたが、販促とは? と考えた場合、やはりレジが近いのがいちばんかと思います。電子書籍の場合はデジタルコンテンツなので、web上での販促が、お互い(提供者、消費者)にとっていちばんカロリー消費が少ないだろう、と思って「小説投稿サイト」「電子書籍」の各プラットフォームに出すことで導線を作ってみました。んで、11月度が締まりましたので、いったんレポートをまとめたいと思います

【小説投稿サイト】
こちらはサイトごとに特色があり、閲覧数の結果にも大きな差がでました。一部、閲覧数のレポートに違和感があるものを除いて、多かった順にコメントいたします。閲覧数は「we're Men's Dream」スピンオフの累計数になります。また、各投稿のリンクを貼るのがすげーめんどくさかったので、「noveljam」もしくは「ノベルジャム」で各サービス検索いただけると見つかります。すべてタグ入れしてあるので。「百合」でもひっかかります

1位:NOVEL DAYS(閲覧数:528
ダントツに多かったのがNOVEL DAYSです。人気上位を見るとわかるのですが、歴史もの、現代もの、学園ものなどバランスよく人気を得ています。多くの他サービスは「ファンタジー」「異世界転生チート」が上位を占め、また、それに関する投稿数も多いので、ここでの閲覧数が多かった点についてはバランスの良さが起因すると考えられます

2位:pixiv(閲覧数:230
1位と大きく差がありますが、pixivではシリーズまんべんなく読まれていました。こちらは「シリーズ、続編」をわかりやすく表示させる機能があるので納得です。pixivでは、こばじさんのイラストファンも多いのでその恩恵が大きかったと思います。ジャンルとしては「ファンタジー」「異世界転生チート」が人気です

3位:エブリスタ(閲覧数:138
こちらも全作コンスタントに読まれていました。ひんぱんにコンテストが行われており、お題が偏っていないせいで、上位がバランスよくまじりあっています。表紙画像を自動リサイズしてくれる機能があるとさらによいかなと思いました(サービスごとに、いちいちリサイズしてるヒマはない)

4位:小説家になろう(閲覧数:134
3位とは僅差でした。こちらも人気のジャンルは「ファンタジー」「異世界転生チート」です。トップ10はこれで占められていました。アクセスのアナライズ機能が実装されており、ガラケーかスマホかPC経由かの閲覧数を分けてみることができます。また、単なるPVではなくUUも見られます。老舗なのでオールドユーザーが多いせいか、PCでの閲覧が9割近かったです

5位:ノベルアップ+(閲覧数:97
こちらも「ファンタジー」「異世界転生チート」が人気なのですが、ちらほらと「現代もの」「恋愛もの」も上位に交じっており、ほかに比べるとバランスがとれている気がしました。特に平日の昼過ぎくらいにメンションつけてツイートすると、公式からRTされる確率が高いです。ちなみに運営会社はホビージャパンです

その他、LINEノベル、アルファポリス、マグネット、カクヨムについても投稿をしたのですが、数字が見れなかったり、指数を横並びにできない基準になっていたので、共有すべき情報としては責任がもてないため、今回は割愛いたします

【投稿サイト総括】
・上記にあります9サービスにて4作品スピンオフ展開しました。上位の5サービスだけでも「1,000人以上」(ユニークとかは算出できないので重複アリですが)のユーザーにリーチすることができました。手元に無料で見せてもよい作品があれば、上位5サービスだけでも投稿するとよいかと思います。アカウント作って、あとは基本コピペなので。それだけで1,000人にリーチできるなら、やるべきだな、と数字をふりかえって考えた次第です。

あともう一点情報共有がありまして、レギュレーションによっては「商用リンクができない」サービスがあります。iOS向けのアプリでも展開していると、Appleの規約に違反してしまうことになるのでNGです。わたし含めてみなさんも「レギュレーション(利用規約)なぞ、読まずにすっとばす」かと思いますので、いちおう共有しておきます(すっとばした結果、怒られたから。でも、これからもすっとばします)
なお、逆説ではありますが「レギュレーション無視してAppleの規約に違反しちゃうユーザーばっかじゃん」と思っているサービスはiOS向けのアプリ展開を避けている、もしくは止めた、と勝手に思ってます
----------------------------
【電子書籍化】
・もともと今回の大会で売りたいものは「電子書籍」なので、電子書籍の体裁で配信し、導線をつくるという施策になります。基本無料での提供なのですが、Amazonだけは有料配信になっています。通常の手段だと、Amazonでの無料配信はできません。こちらは「プライスマッチ」という裏技を使うのですが(詳細はコレ読んでください。無料です)、楽天KOBOの管理画面のエラーによって、KOBOでの無料配信が出来なかったため、発動が実現しておりません。なので、無料配信は現在BCCKSとBookWalkerのみとなります。んー、でも資本が海外から完全に楽天へシフトしたっぽいので、たとえ無料配信できたとしても、プライスマッチの対象と見なされなくなった可能性も否めません(KOBOの話)

1位:BookWalker(DL数:119冊
すみません、公表できるのはこちらのみになります。他は観測できていません。予測では「1冊あたり10日間で10DLいけば御の字(つまり、現時点でトータル20DLが合格点)」だったので、それをはるかに上回る数字でした。ちなみに「11月度が締まったので」と前述しておりますが、実際のところ電子書籍については11月23日から配信開始したので、実質1週間での数字です。びっくりしました。12月1日の本日現時点だけでも、すでに10冊以上DLされており、BookWalker御大にすり寄ろう、という気持ちが高まりつつあります(※ ちなみに天籟日記の数は入っておりません。こちらも非常に好調ですが、ブレるのでまた別途)

あとはNovelJamとは直接の関係はないと思うのですが、Kindleで無料配信している下記2作品について、
「440 Days in KDP: 実体験に基づいた電子書籍マーケティング」
Two Years in KDP: 【続】実体験に基づいた電子書籍マーケティング

10月度くらいからやたら数字が伸びており、11月度はそれぞれ100冊以上DLされていました(※ Kindleのみの数字です)

んで、「we're Men's Dream」本作の中で描かれたレシピをクックパッドに投稿しまして、2日で90閲覧くらいされていました。またいつかやろうかと思いますが、別世界からの謎の異物混入は既存のユーザーにとっては迷惑になる可能性もあるので、慎重に行いたいと思います

また、トピックスがまとまりましたらレポートいたします。
知見の共有、と、もったいぶりたいところですが、実際のところ、毎回自分用備忘録として書いたものをさらしているだけです。マウンティング取りたいという気持ちは10パー以下です(少しはありますよ)

つづく

◆本大会で創作した『We're Men's Dream』無印本編はこちらよりご購入可能です!
【BCCKS版】
https://bccks.jp/bcck/161730/info
【Kindle版】
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B081J9YYFM/
【KOBO版】
https://books.rakuten.co.jp/rk/aa28caa535c23aef93c64b75d7ee0848
【BOOKWALKER版】
https://bookwalker.jp/de3e112f1a-4cf6-461b-8143-81078010c5b0/
【ブックパス版】
https://bookpass.auone.jp/pack/detail/?iid=LT000122769000997071
【BookLive版】
https://booklive.jp/product/index/title_id/682321/vol_no/001
【honto版】
https://honto.jp/ebook/pd-series_900231-682321.html
【Apple Books版】
https://books.apple.com/jp/book/id1489459600
【DMM版】
https://book.dmm.com/detail/k874anhnd00107/
【Kinoppy版】
https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-08-EK-0792736
【OMNI7版】
https://7net.omni7.jp/detail/5110664066
【Reader Store版】
https://ebookstore.sony.jp/item/LT000122769000997071/

◆『We're Men's Dream』の公式スピンオフが以下にて無料で読めます!
【第一弾】『we're Men's Dream -type D-』
【第二弾】『we're Men's Dream -type B-』
【第三弾】『we're Men's Dream -type C-』
【第四弾】『we're Men's Dream -type AAA-』

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキ、あなたのことも
8
NovelJam2018秋、鈴木みそ賞。 NovelJam2017優秀賞受賞作家。 好きな音楽家はリッチーコッツェン。 http://www.amazon.co.jp/%E6%BE%A4-%E4%BF%8A%E4%B9%8B/e/B00AXDIBXM/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。