見出し画像

「お酢」選びも環境への思いやり

ごはんが主役の料理研究家 おくのひろみです。
noteを始めたので、とりあえず綴っていこうと思います (^^)
宜しくお願いします(^^)/

夏になると、ピクルスやマリネ、酢の物などさっぱりした酢を使ったお料理が増えますね。
お酢は健康にも良いものとされますが、どんなお酢を選ばれますか?

私が好んで選ぶのは、国産純米酢

環境への優しさを選ぶなら、輸送にCO2排出が少ない、
国産材料で作られたもの。

売り場で、手に取って「ラベル」を見てくださいね。

画像4

これは、「国産純米酢」と表記されているもの。
名称 米酢
原材料 

原材料は「米」だけです。国産なので輸送コストも低く、
CO2排出も少ないですね。

画像4

名称  穀物酢
原材料 穀類(小麦、米、コーン)アルコール、酒かす

原材料に、いろいろ入ってます。
小麦、コーンなど、ほぼ輸入しているものと考えられるので、
輸送に、CO2を排出

輸送コストがかかるのに、純米酢の半値ぐらいです。

外国産の小麦やコーン・・・ポストハーベストや遺伝子組み換えが気になります。また、記事にしますね。

アルコール添加の米酢

画像3

こちらは、「純米酢」と表記されていません。

名称 米酢
原材料名 米、アルコール

原材料のお米が国産かは分かりませんが、
純米酢 ではないので、アルコールが添加されています。


アルコールが添加されることで、原材料の「お米」の量が少なく、
また速醸法という方法で、早く熟成できる。

お酢も発酵調味料なんだけど、
数時間から1日でできちゃうお酢ってどうなん?

時間をかけて発酵熟成されたものは、
有機酸も多く、芳香性も味わいも豊かなものになります。

健康志向で選ぶなら

環境に優しいものを選ぶことは、お酢のもつ、
有機酸やうま味が多く含まれ、
実は、私たちの身体にも優しいものになります。

まずは、お酢を手に取って、
原材料を知ることから、はじめませんか?
健康に良いものを選ぶと、実は、
自然環境にも負荷が少なく、
地球の健康にも寄与できるのですよね♡

最後に

画像4

私が、レッスンで使っているマルシマさんの
有機純米酢です。

受講生さんたちが手に入れやすいことと、
お酢の風味がほどよく、食材の持ち味を活かしやすいからです。

無農薬のお米や、昔ながらの伝統製法でお酢を作られている
蔵元さんもたくさんあります。
「昔ながらの伝統製法」を次世代に受け継ぐという意味では
お気に入りの蔵元さんのお酢を選ぶのも良いですね!

最後までお読みいただきありがとうございました。

ごはんが主役の料理研究家 おくのひろみ 



この記事が参加している募集

いま私にできること

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
3
大阪で食育活動、いなほ料理教室を主宰しております。 noteでは、身体によいって情報がたくさんあるけど、 食べもの選びのモノサシになる情報や、食べ物の食べ方、食べ合わせ、 また、法人様向けの食育セミナーなどでお伝えしている、お役立ち情報を 一部有料記事で発信していくつもりです!

こちらでもピックアップされています

食べものを選ぶモノサシづくり
食べものを選ぶモノサシづくり
  • 1本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。