ネアンデルタール人: 答えは進化ではなくエピジェネティクス
見出し画像

ネアンデルタール人: 答えは進化ではなくエピジェネティクス

加藤 豪

Recent genome reports show that the Neandertals are essentially fully human, causing scientists to reclassify them as "archaic humans."1,2 But what about the apparent subtle differences in anatomy that first caused scientists to claim that Neandertals were a completely different species? It turns out that the answer can be found in epigenetics, according to newly published research.3
 最近のゲノム報告によると、ネアンデルタール人は基本的に完全な人間であることが判明し、科学者たちは彼らを「旧人類」と再分類したのです。
 しかし、最初に科学者たちがネアンデルタール人はまったく別の種であると主張した、解剖学的に明らかにされた微妙な違いについてはどうだったのでしょうか?
 その答えは、エピジェネティクスにあることが、今回発表された研究で明らかになりました。

Epigenetics, in the more modern sense, refers to the heritable chemical changes performed by cellular machines to DNA that alter gene function without actually changing the DNA nucleotide code. In the field of genomics, it is more accurately referred to as chromatin modification. Chromatin is the stuff chromosomes are made of which consists of the DNA molecule packaged around proteins called histones. Both the DNA and the histone proteins can be chemically modified to control how genes function and are regulated along the chromosome.
 エピジェネティクスとは、細胞機構がDNAに対して行う遺伝性の化学変化のことで、実際にはDNAのヌクレオチドコードを変えることなく遺伝子の機能を変化させます。
 ゲノミクスの分野では、より正確には「クロマチン修飾」と呼ばれています。クロマチンとは、染色体を構成する物質で、DNA分子がヒストンと呼ばれるタンパク質に結合したものです。DNAとヒストンの両方を化学的に修飾することで、遺伝子の機能や染色体上での制御をコントロールすることができるのです。

Specifically, the DNA molecule is modified by adding methyl groups to the cytosine nucleotides called DNA methylation. In general, the more methylated the DNA is at the start of a gene region, the less active the gene is. The patterns of DNA methylation across the genome are collectively called the methylome and can be compared between similar genomes and correlated with specific types of gene activity.
 具体的には、DNAメチル化と呼ばれるシトシンヌクレオチド(シトシン塩基をもつヌクレオチド)にメチル基を付加することで、DNA分子が修飾されます。 
 一般に、遺伝子領域の開始点でDNAがメチル化されているほど、その遺伝子の活性は低くなります。ゲノム全体のDNAメチル化のパターンを総称して「メチローム」と呼び、類似のゲノム間で比較したり、特定のタイプの遺伝子活性と相関させたりすることができるのです。

In a recent report in the journal Science, researchers studied the methylomes of two different Neandertals using a new indirect method of analysis for archaic DNA.3 They corroborated their DNA methylation profiles with modern humans and reported that "over 99% of both archaic genomes show no significant methylation differences compared to the present-day human." Another verification of their technique is that they also analyzed the patterns of Neandertal methylation compared to modern humans in housekeeping genes—those that are required for the maintenance of basic cellular function. The methylation patterns were the same compared to modern humans, indicating that the study's methodology was fairly accurate.
 「Science誌」に掲載された最新の報告によると、研究者たちは、旧人類のDNAを間接的に分析する新しい方法を用いて、2種類の異なるネアンデルタール人のメチル化を調査しました。
 彼らは、現代人とのDNAメチル化プロファイルを確認し、"両方の旧人類のゲノムの99%以上は、現代人と比較して有意(重要)なメチル化の違いを示さない "と報告しています。
 また、彼らの技術を裏付けるものとして、細胞の基本的な機能を維持するために必要なハウスキーピング遺伝子における、現代人と比較したネアンデルタール人のメチル化パターンも分析しました。現代人と比較してもメチル化のパターンは同じであり、本研究の手法がかなり正確であることが示されたのです。

The most interesting aspect of the study came when the researchers reported that "in each archaic human we found ~1,100 differentially methylated regions." While some of these areas may have just been related to population variability, significant methylation differences between Neandertals and modern humans were found in areas of the genome associated with the control and regulation of hox gene clusters. Hox genes are known to be associated with bone and skeletal development. Thus, the authors of the report believed that the regulatory changes in these regions driven by epigenetics was at the root of the various anatomical differences we see between modern humans and Neandertals, even though the DNA sequences are essentially the same.
 この研究で最も興味深かったのは、「各旧人類において、約1,100の異なるメチル化領域が見つかった」という報告です。これらの領域の中には、単に集団のばらつきに関連するものもあるかもしれませんが、ネアンデルタール人と現代人の間では、ホックス遺伝子群の制御と調節に関連するゲノムの領域で、有意なメチル化の違いが見られたのです。
 ホックス遺伝子は、骨や骨格の形成に関連していることが知られています。そのため、DNAの塩基配列が基本的に同じであるにもかかわらず、現代人とネアンデルタール人の間に見られるさまざまな解剖学的差異の根源には、エピジェネティクスによって引き起こされるこれらの領域の制御変化があると、報告書の著者は考えています。

Epigenetic profiles in the genome are affected by diet, life-style, and environmental factors. Creationist climate scientists believe that the earth's environment and human living conditions were much different directly after the flood—about four thousand years ago—than they are today. We also know that the Neandertal remains being found are not in flood sediments, but buried in caves so we can surmise that they were likely living during the first few generations of post-flood humans. Thus, this new epigenetic evidence fits well with biblical based predictions about science: Neandertals were clearly not an evolving pre-human species, but were in fact fully human with trait variability being determined by epigenetic factors.
 ゲノムのエピジェネティックプロファイルは、食生活やライフスタイル、環境要因によって影響を受けます。

 創造論者の気候科学者たちは、約4千年前の大洪水の直後には、地球の環境や人間の生活環境は現在とは大きく異なっていたと考えています。

 また、今回発見されたネアンデルタール人の遺骨は、洪水の堆積物ではなく、洞窟に埋まっていることから、洪水後の人類の最初の数世代の間に生きていた可能性が高いと推測されます。
 このように、エピジェネティックな新しい証拠は、聖書に基づいた科学に関する予測とよく一致します。
 ネアンデルタール人は、人類が出現する以前の明らかに進化した種ではなく、実際にはエピジェネティックな要因によって形質の多様性が決定された完全な人間だったのです。

出典:
https://www.icr.org/article/neandertal-answer-epigenetics-not-evolution

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
感謝しています。
加藤 豪
トレーナーでクリスチャンです。 赤十字救急法救急員/介護職員初任者研修 日本体育協会公認スポーツリーダー 健康管理士一般指導員/健康管理能力検定1級 NESTAシニアトレーナー NESTA PFT お問い合わせ先:https://l69.jimdofree.com/