新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

まだまだベトナムと良い関係を続けていきたい方へ

元技能実習生監理団体職員

ベトナムはアジア6億マーケットの玄関口

(地理的利点)

ベトナム人の優秀さを、品上げて事業に取り組む仲間にまで昇華させていくことで、今までにない利益を生み出すことが可能になります。
同時に、海外進出などリスクでしかないと考えつつも、これだけ不安定かつ世界と身近な現在では、円安、インフレなど昨今の事情も含め、日本事業のリスクヘッジとしても、非常に大きな意義のあることです。

*この点で不慣れな「送り出し機関」も、日本側をグリップできる相手と組むことで、実はビジネスチャンスになるのかもしれません。(餅屋が違うため、コラボするという意味で)

講師ご紹介(対談)

(冒頭の動画をご参照ください)

相談に乗ってくださる方は、足掛け15年のこの方

私が一緒にベトナム進出提案していた方

佐々木 紀行(ささき・のりゆき)
株式会社ブレインワークス取締役。
2006年、株式会社ブレインワークス入社。
2007年より日本企業のベトナム進出の支援事業を担当し、F/S企業マッチング、視察コーディネート、販路開拓等を担当する。
ベトナムへの駐在は2011年~2012年、2016年~2017年の計4年。
ベトナムではホーチミン市を中心にハノイ市、ダナン市、カントー市、ゲアン省など多くのベトナム現地企業及び行政担当者とネットワークを構築。
2012年~2013年には経済産業省のクールジャパン推進戦略事業においてホーチミン市にて徳島県・北海道の物産を展開する『物産館事業』を展開し、現地にてブランディングと販路開拓に努める。
コロナ禍においても日本企業のベトナム展開の支援を行っており、現地の販路開拓、企業マッチング、店舗開業支援など幅広く手掛けている。

(セミナー・講演実績)

・2016年11月8日 公益社団法人ベトナム協会主催セミナー 「ベトナムにおける飲食業界について」
・2018年1月23日 東京商工会議所主催 中小企業のためのベトナムセミナー「北部・中部・南部の特色と進出可能性」
・2018年10月30日 あいち産業振興機構様セミナー 「ベトナム進出ビジネスセミナー」~北部・中部・南部を比較しながら進出の可能性について考える~
・2019年3月6日 公益社団法人ベトナム協会主催留学生イベント 「ベトナム・カントー市における活動について」

『限定5社』…(本気)×(先着)

労働者受入だけに収まらず、着実に失敗せぬよう海外への事業展開にも取り組みたい企業(団体)にお応えします。
コチラは『個別サポート(コンサル)』です。
ご希望の方は、最下部よりエントリーください。

【自監理団体内にて同様のセミナー開催をご希望される方】

も、エントリー対象とさせていただきます。
注:希望される受入先がある場合(詳しくは冒頭の動画をご参照ください)

(動画内キャプチャー画像)

< 1on1 個別プチコンサル 内容 >

1.自己紹介 & 本日の打ち合わせ の 目的確認(5分)
ご挨拶とアイスブレイク時間です。(元職員も同席フォロー いたします)

2.貴社(貴団体)の現状 と 課題のヒアリング (15分/20分)
貴社のおかれている現状や、進出背景、ざっとの計画や課題感についてヒアリングを実施します 。

3.貴社の課題に対する 回答 (15分/35分)
アナタからの 感想 をヒアリング 後 、 どのように 改善 していくのか 共有 していきます。

4.サービス 説明 (20分/55分)
貴社の進出支援について、提示するサービスと金額を説明します。
補助金サポートも含む)

5.クロージング (5分/60分)
振り返り、感想など含め、ご挨拶

< 個別プチコンサル 日程 >

日時は応相談です。
エントリーにて届く内容に応じて、個別にやり取りし、日程調整させていただきます。

< エントリー >

https://www.gaikokujin.link/member/cf/g6gov

注意事項
・エントリーしたからといって、ご案内する進出支援サービスへ、お申し込みをしなくてはならないということではありません。
・エントリーしたからといって、個別プチコンサルを受けられるとは限りません。
・佐々木さんとそのスタッフが、リアルに、個別に、貴社の相談に乗って助言くださいます。
・ご不明な点等はコチラから、お問い合わせください。

*7月末現在、佐々木さん以下、様々な各社の業務対応に追われています。
(コロナも実質明け始めているので、色んな事が動いてますね…補助金活用の企業も多いため、この時期は特に)
そしてそれでも、様々な会社が時代に応じて両国の懸け橋へのお手伝いにつながるならばと、今回、限定募集ながら、個別対応までお付き合いくださいます。
今回のご案内が、上から目線と思われる方や、本気度合いの薄い方は、どうかご遠慮くださいませ。
逆に、本気の方は”壁打ち”代わり含め、ぜひこの機会をご活用ください。

最後に

期日は、あってないようなものです。
ご相談いただいた際に、対応余力があれば、お応えできますよう努めますが、お約束はできかねます。
この機会に、一歩踏み出してみてください。
それでは、宜しくお願いいたします。

プライバシーポリシー



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
元技能実習生監理団体職員
外国人技能実習制度や特定技能について、アレコレと2015年から毎日情報発信し続けてます。 このnoteも、ちょっと使ってみました。 https://gaikokujin.link/blog/