全知!語彙バトラーことは 語彙バトル全国大会編 第1話「なんかすげーやつが来た!」

アタシは字引ことは!小学六年生!なりたいものは、日本一の語彙バトラーなんだ!
「へへーん!お前みたいな脳足りんの頓珍漢のオタンコナスが語彙バトラーになれるわけねーだろ!」
むかつく!きらい!こいつは、そう、幼馴染(どや!!)の馬頭ひとし。悪口の語彙力だけはすごくて、学校で1番の語彙バトラー。むかつく!
絶対日本一になって、闇の語彙バトラーになんかされた兄貴を…なんとかするんだもん!
「今日は、違う学校の生徒を、見せます」
担任のゴリ岡は、体育の先生だから語彙力が低い。
「先生、それを言うなら、『転校生』を『紹介』、でしょう?」
すごい!大人のしらない言葉を、さらっと話した!顔もなんかかっこいい!
「某は文豪坂よしふみ、ご学友の面々におかれてはご機嫌麗しく…」
すごい!なんか難しい言葉!この男子がいれば、語彙バトル全国大会、勝てるかも!
「語彙バトルなどは嗜まないので、ご容赦されよ」
えー!

えっと、どういう意味?

【続く】

#逆噴射プラクティス #小説 #ホビー #語彙力 #バトル

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
5
Vチューバーです

こちらでもピックアップされています

逆噴射小説大賞2018:エントリー作品収集
逆噴射小説大賞2018:エントリー作品収集
  • 1864本

「逆噴射小説大賞」とは、ダイハードテイルズ出版局が主催し、社会派コラムニストの逆噴射聡一郎先生が審査員に加わる、コンテンポラリーで由緒あるパルプ小説大賞です。今回の本文文字制限は400文字以内です。しかしこれは「400文字以内で物語を完結すること」という意味ではなく「小説の冒頭部400文字で応募する」という意味です。つまり「この続きを読みたいと思わせる、最もエキサイティングなパルプ小説の冒頭400文字」を表現した作品が大賞を受賞し、その応募者は大賞の栄誉とともにCORONAビール1カートン(24本入り)を獲得できます。 応募要項:https://diehardtales.com/n/nfce422e0faef

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。