見出し画像

検索機能。

数日前のこと。
友人と2人で初めてくる街を歩いていると、女の人に声をかけられた。

「ここに行きたいんですけど、見つからなくて、、わかりますか?」

スマホでお店の名前を提示された。
友人は、その女の人に地図を出してほしいとお願いした。

友人と女の人が2人で話している間、私は頭の中で今まで来た道を思い出した。
もう一度、お店の名前とロゴを見せてもらい、私はひらめいた。


さっき通った道の脇にあった駐車場の向こうにそんな看板見た気がする!!


どこで見たのか、頭の中で検索し、どこからいけば辿り着くか考えた。駐車場を突っ切ることは不可能そうだったから。


考えた方向に進んでいくと、お店ののぼりが見えた。
無事に女の人を目的地に届けることができた。

友達に、周りにある物覚えながら歩くの楽しそう~、今度からやろうっと。

そう言われたけど、わたしのこれは無意識なんだよなぁ。
完璧に燃費悪いタイプの人間💦

あみ。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます!!
4
【自称】ギフテッドの女子大学生、あみ。です。 日々の出来事や今まで感じてきたことを、ひとりごとのように呟いていけたらいいなと思っています。