見出し画像

モノの価値は「状況」によって変化する



本日、友人に「一発ギャグしてください」と、
飲み会の場でしか言われないようなことをLINEで言われ「新鮮やな」と思い1時間かけて作った作品が、携帯の不備によって全部消されてしまったマツです。

そういう時は「ああ、神様が今じゃないって言っているんだ」と悟るようにしてます。





さて、最近あった嬉しいこと。




僕の実家は飲食店を営んでいる。コロナにより絶賛ピンチ状態が続いているが、なんとか粘っている。


僕も一従業員としてお店を手伝っているが、ヒマな時はとことんヒマだ。


ウチの飲食店は接待で来るお客さまが多く、今のこの状況では会社が「接待NG」にしているトコロが多い。
そんなワケで、お客さまが来て3.4組なのだが、この前若い女性2人組が来てくれた。



この女性2人組は、1.2ヶ月ほど前に初めて来て頂き、その時にいつも夏に配っている「お中元ビール券」をお渡ししてから、来ていただけるようになった。


「お中元ビール券」はビールが2杯飲める券で、このビール券があるから来ていただいているのかもしれないが、お店側としてはとても嬉しい。



なんせ「接待」がメインなので、客層も高く、提供する料理の値段も別段安くない。


なので、若いお客さまが来ていただけることは少ないので、例え「ビール券」のためであろうが、嬉しいものなのだ。


今は「お中元ビール券」は配っていないが、女性2人組は来てくださる。



その女性2人組は、いつもキラキラしている。容姿が派手とかそういうことでは無くて、純粋に輝いている。新品のオモチャを見て目を光らせている子供のような、純粋さがとても新鮮で僕は好きだ。


料理が完成しテーブルにお出しする。その時に1人の女性がこう言った。






「これが食べたくて昨日からずっとウズウズしていたんですよ」





なんかもう、めっちゃ嬉しかった。
自分たちのお店の料理が、心の奥底まで届いている気がして、何故だか一安心した。



正直、ここまで嬉しいと思ったことは、今まで働いていて無かった。もちろん一定の嬉しさはあるが、どこかその嬉しさに慣れてしまっている自分がいた。



コロナ以前は、何十、何百人とお客さまの対応を行う。
なので、ひとつひとつの所作が作業的になってしまう部分もあった。意識はしているが、これは僕の甘さだろう。



ただ、コロナが流行してからは、お店に来てくださるお客さまは減り、接客を行う数も少なくなった。





モノの価値は「状況」で変化する。お金も食べ物も。



お腹がいっぱいの時より、お腹がすいている時のご飯の方が圧倒的に美味しいし、
100万持っている時に貰う1万円より、1万しか持ってない時に貰う1万円の方が嬉しいに決まってる。




だからこそ、今は圧倒的にお客さまの大切さが身に染みている。


コロナのせいでお客さまは減ったが、「お客さまの大切さ」に気づいたのは、コロナのおかげだろう。




女性2人組はお料理を食べ、お酒を飲んで帰っていった。正直なところ、満足だったのかは分からない。もう来ないかもしれないし、また来るかもしれない。



ただ、今日の食べている時の表情や、「楽しみにしていた」という言葉に嘘はないだろう。



僕たち飲食店は、お客さまに満足して帰っていただけることが最大の喜びであり、そのために料理やサービスを向上させる。


女性2人組の輝かしい目とあの言葉が、今も脳裏に焼き付いている。多分これからもずっと。













この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
この愛を送り返したい!
1
22歳ネオニート/自転車旅やヒッチハイク旅をして現在大学4年/夢はエンターテイナー/日常や考えていることを書きます/普段は見せない文面だけの顔をご堪能あれ/22歳のリアル
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。