田中 元

田中 元

    マガジン

    最近の記事

    2021年まとめ

     昨年はこうしたまとめを書きませんでしたが今年は書いておきます。  仕事は減少気味で名前の出ない仕事が中心だったのですが、その中でいくつか署名記事を。  文春ムック『証言「機動戦士ガンダム」文藝春秋が見た宇宙世紀100年』(文藝春秋社)に記事を2本書きました。宇宙世紀最初の100年間に刊行された文藝春秋や週刊文春に掲載された記事を集めた、という設定のムックです。  『おかねチップス』というウェブメディアでいくつか取材と執筆をしました。  取材済みで今後公開予定のものも

    スキ
    2
      • 2019年まとめ

         あと20分ぐらいで2019年が終わるので急いで書きます。  今年のライター仕事報告、まずここ数年やっている、高崎市の個人経営飲食店を紹介するウェブメディア「絶メシリスト」の担当分が下記の通り。  もう一軒取材済み分があり、そちらは年明け公開になると思われます。  絶メシはテレビ東京で『絶メシロード』として深夜ドラマ化、2020年1月24日から放送スタートとなりました。私はかかわっているといっていいのかわからないぐらいかかわっていないのですがこちらもよろしくお願いします

        スキ
        1
        • スカイウォーカーの夜泣き

          ※当記事には「スター・ウォーズ」シリーズと『猿の惑星』とBBC版『SHERLOCK』についてのネタバレがあります。この程度は一般常識だろうと思われる方も少なからずいると思われますが、未見で今後鑑賞するであろう人はこれからもどんどん生まれてくるわけで、この程度でもそれなりにデリケートに扱うべきだと思う。  2019年12月20日に公開された映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』をもって、「エピソードいくつ」と冒頭に記された「スター・ウォーズ」シリーズのいわゆる本

          スキ
          2
          • 城戸賞一次選考通過シナリオ『不安図書館』

             第45回城戸賞にシナリオ『不安図書館』を応募したところ一次選考を通過した。が、二次選考で落選。 ※上記ページは毎年上書きされるため、現在は第45回の選考経過は確認できません。  たかが一次を通過した程度とはいえ応募総数421編中の42編であり、なおかつ城戸賞で一次通過は2度目となるため、今回が単なるまぐれ当たりではない、と強引に思い込むことにして今後の自信につなげたいが、二次の発表があったのが昨日10月15日であり、現時点では落選による傷が癒えているとは言い難い。そこで

            スキ
            2

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る

          記事

          記事をすべて見る すべて見る
            • 2018年まとめ

               今年も間もなく終わるので、今年一年の間にやった仕事をまとめておきます。本来このブログは16年ぶりにインドに行ったのでそのことを忘れないための記録用、及び仕事報告用のつもりだったんだけど、どっちも中途半端にしか書いていなかったので、ひとまず仕事の方をまとめて。中途半端なインド旅行記はこちらにまとめております。  いきなり普段のライター仕事とは違いますが、1〜2月頃にかけて、「CHAT NOVEL」という、いわゆるメッセンジャーアプリでの会話形式で話が進む小説アプリで数本作品

              • Amazonプライムビデオで知らないタイ映画を探る

                 AmazonプライムビデオはAmazonプライムが提供している動画配信サービスで要はNetflixとかHuluとかと同じようなものであり、オリジナル作品も用意してはいるものの、おすすめ作品とか新着作品とかの一覧を見ている限りラインナップ的には一見普通。  が、何かの拍子にたまたま英語タイトルに英語解説、スタッフキャストも英語でしか書かれていないあからさまにB級以下な感じの知らない洋画作品がいくつか見つかった。作品ページに表示されている「この商品をご覧になったお客様はこんな

                スキ
                2
                • 【お知らせ】VV magazine特別号「丹治直子という女」手伝い

                   お知らせが大変遅くなってしまったのですが、河合塾美術研究所新宿校のGallery Kartにて開催されている「Kart Invitation Program Vol. 09 石原篤展「編集力」~河合塾卒業生 丹治直子を編集する~」にて配布されている『ヴィレッジヴァンガードマガジン特別号 河合塾美術研究所・卒業生 丹治直子という女』の編集を手伝っております。  上記イベントは7/14までとなり、すでに配布は終了している可能性もありますが、お見かけの際はどうぞよろしく。

                  スキ
                  2
                  • デリー→リシケシ移動と、キタコレ!にてリシケシ「カフェおかえり」取材記事公開のお知らせ

                     『キタコレ!』にて、取材執筆撮影担当記事が公開となりました。  3〜4月にかけてのインド旅行時に行ったリシケシュ(リシケシ)でしばしばお邪魔した「カフェおかえり」の紹介記事となります。下記は「カフェおかえり」のみちこさんブログ。  リシケシはデリーからバスで7時間ぐらい。しかし何時発なのかがよくわからず、移動前日にデリーのバスターミナルへ行って確認したところ、「朝10時と11時だ」という人もいれば「午後2時と3時だ」という人もいて、しかもどちらも単なるそこらの人ではなく

                    スキ
                    1
                    • 【お知らせ】週プレNEWSにて担当した映画『ガチ星』記事公開

                       「週プレNEWS」にて、取材執筆担当した記事が本日5/25(金)に公開となりました。  内容は映画『ガチ星』試写会イベントの様子と、江口カン監督へのインタビューとなっております。『ガチ星』は明日26日から新宿K's CINEMAを皮切りに全国順次公開予定。  インド旅行思い出記録のつもりで立ち上げたブログですがこうした報告もしていきますのでよろしくお願いいたします。

                      スキ
                      2
                      • インド映画は客席ガラガラ

                         今回のインド旅行にあたって出国前にインド映画3本、インドを舞台にしたイギリス映画1本をNetflixで、インド旅行中はインド映画5本を現地の映画館で鑑賞した。その他出国前と帰国後にインド人コメディエンヌのスタンダップコメディとドキュメンタリー短編と長編を1本ずつNetflixで鑑賞。個々の作品のタイトルやデータや感想は最後にリンク入れておきます。  インド映画といえば歌って踊って泣いて笑って約3時間のインドにおける最大の娯楽みたいなイメージがあり、事実過去にインド旅行

                        スキ
                        1
                        • ネパール・インド旅行2002

                           久々のインド旅行を機に新ブログを立ち上げたものの更新できておらずみっともないので、現在閉鎖中の旧ブログから前回のネパール&インド旅行記事を公開に戻しておきます。 2002年4月22日 バンコク 2002年4月23日 違法 2002年4月24日 ダッカ 2002年4月25日 カトマンズ 2002年4月26日 犬に噛まれる 2002年4月27日 病み上がり 2002年4月28日 警官嫌い 2002年4月29日 スノウリ 2002年4月30日 バラナシ 200

                          • インド旅行2018まとめ

                             16年ぶりにインド旅行をした。海外旅行自体も8年ぶり。かつてはこまめに日記をつけて旧ブログ(閉鎖中。気が向いたら一部記事を再公開するかもしれません)にアップしていたのだが、今回はそうしたことを一切しておらず、かといって記憶にとどめられるほど若くもないのを実感しているので、忘れないうちに可能な範囲で少しずつメモ的にアップしていこうと考えている。  とはいえ仕事をせずに一ヶ月旅行していただけに経済的なしわ寄せがあり、当たり前だがお仕事優先生活にならざるを得ない。もしかしたらこ

                            スキ
                            4
                            • 再生

                              भारत गणराज्य 2018

                              Queuing Cam 利用。