見出し画像

満月(詩)


配信用に書き下ろした朗読用の詩 作・本山由乃

劇団ロオル公式サイト


満月

満ち満ちて
流れず
月は丸く
口を開く
青黒い 潮の香りと

飲み込まれていくようだった、空に。
砂利が背に刺さる痛みにようやく、
転々とした星に気付いた。

これから、
こらからを、
これからは、

接続詞の波に流され攫われゆく。
その先が、泡となってゆくのをひらすら眺めて、
眼を閉じた。

内臓に響く波音の低温、
夜の海、
その向こうは闇、
黄泉、が口を開く。

流れゆく、のだろうか。
放り出された四肢は動かない。
流されてゆきたい、のだろうか。
声も出ず、
しばらくの死を揺蕩う。

どうせ、
どうせあと数時間。
あと数時間で全てが終わる。
うすぼけた中で、今に引き戻されてしまう。

それまではこのまま、
何事もない細波でいられますように。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

7
女優・本山由乃主宰(演出・脚本)《麗しさに秘められた鋭い棘で、その刹那を刺す》をコンセプトに、演劇を中心に様々な表現活動をしております。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。