見出し画像

紫煙(短編朗読戯曲)

劇団ロオル 朗読戯曲 作・本山由乃

劇団ロオル公式サイト

紫煙

登場人物

  

女  くゆらせた煙の向こうに居る男(ひと)へ
   「ねえ、アナタ」と声をかける。
   反応はもちろん無い。
   それでもまた。

   手を伸ばせば触るる距離も、
   今は只、果てしない。
   煙草を肺に思いきり、
   「痛むから、」と苦笑の顔を
   瞼に浮かべてもうひと吸い

   爪先に滲む毒々しい臙脂
   ルームライトに照りかえる。

   
   くゆらせた煙の向こうに居る男(ひと)へ
   「ねえ、アナタ」と声をかける。
   反応はもちろん無い。
   
   うつろな眼のまま虚空を見つめ、
   アナタは何を思うのか。

   あたしの事ではないのでしょうね。
   足元のナイフはあまりにも現実で、
   紫煙に視線を託しては、
   あたしが想うはアナタばかりで。

   なんて不公平なのかしら。
   「誰のモノでもないんだから、お互い様よ。」
   と笑えたら。

   こんなに煙が渋いことも、
   知らずに済まされたのでしょうに。


   くゆらせた煙の向こうに居る男(ひと)へ
   「ねえ、アナタ。
    あたしをどうしたかったの。
    アナタはあたしの何だったのかしら。
    あたしはアナタの何だった?
    
    指が真っ赤よ、趣味じゃないわ。
   
    だからアナタとは最初から、
    最期の一瞬(とき)まで合わなかったのよ。」




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3
女優・本山由乃主宰(演出・脚本)《麗しさに秘められた鋭い棘で、その刹那を刺す》をコンセプトに、演劇を中心に様々な表現活動をしております。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。