手嶋龍一が語るインテリジェンスの真実。『汝の名はスパイ、裏切り者、あるいは詐欺師 インテリジェンス畸人伝』 。

スノーデン、アサンジ、ジョン・ル・カレ、ゾルゲ・・・

歴史に名を残す彼らは、スパイ、裏切り者、はたまた詐欺師・・・

前代未聞のインテリジェンスノンフィクションが

手嶋龍一の最新刊、マガジンハウス、

汝の名はスパイ、裏切り者、あるいは詐欺師 インテリジェンス畸人伝

インテリジェンスオフィサー達の真実を語りながら

やがて立ち現れてくる彼らの素顔。そしてその共通点とは?

さらに、パナマ文書が世界にもたらしたこと、

インテリジェンスとアメリカ大統領選、

そしてサイバー空間に舞台を移しての諜報活動・・・

手嶋龍一が語り尽くします。

今、あなたが手にしているのは、インフォーメーション?

それともインテリジェンス?

この世界の真相と深層を知る為に。

じっくりとお聴き下さい。

音声はこちら

定期購読マガジンはこちら

※音源をダウンロードする場合は、パソコンで画面を開き、

再生ボタン下の「ダウンロード」ボタンより行ってください。

手嶋龍一

外交ジャーナリスト・作家。1949年、北海道生まれ。NHKワシントン特派員として冷戦の終焉に立ち会い、FSX・次期支援戦闘機を巡る日米の暗闘を描いた『たそがれゆく日米同盟』、続いて湾岸戦争時の日本外交の迷走ぶりを衝いた『外交敗戦』(ともに新潮文庫)を発表。ワシントン支局長として2001年の同時多発テロに遭遇し、10年に及ぶ対テロ戦争を追った『ブラックスワン降臨』を上梓。NHKから独立後に発表したインテリジェンス小説『ウルトラ・ダラー』、その姉妹編にあたる『スギハラ・サバイバル』がベストセラーに。慶應義塾大学教授としてインテリジェンス論を講じ、現在も各地の大学や公的機関で後進の指導に取り組んでいる。最新刊はマガジンハウス『汝の名はスパイ、裏切り者、あるいは詐欺師 インテリジェンス畸人伝』。

番組でのOA曲


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつもご愛聴有難うございます。 宜しければサポートお願い致します!

2
全国のFM局で放送中「ラジオ版 学問ノススメ」の音声、番組情報を発信してまいります。www.jfn.jp/susume ジャパンエフエムネットワーク公式アカウントです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。