助教?講師?大学の役職・肩書について
見出し画像

助教?講師?大学の役職・肩書について

 教授=大学の先生という印象はあると思います。しかし、大学で教育や研究をする人の全てが「教授」ではありません。
 大学に入った方は、教員ごとに肩書が違うことを何となく目にしますが、それぞれの違いを知る機会は大学では提供されていないと思います。
 大学院進学を考える方はもちろん、そうでなくとも大学の様々な人と接する、研究者が書いた情報に触れるなどの上で、大学教員の肩書について知っておくと理解の手助けになるかもしれません。

1.学校教育法が定める大学教員

 大学の役職は学校教育法の「第九章 大学」で定められています。以下、引用する92条が役職に関する主要な部分です。

第九十二条 大学には学長、教授、准教授、助教、助手及び事務職員を置かなければならない。ただし、教育研究上の組織編制として適切と認められる場合には、准教授、助教又は助手を置かないことができる。
② 大学には、前項のほか、副学長、学部長、講師、技術職員その他必要な職員を置くことができる。
③ 学長は、校務をつかさどり、所属職員を統督する。
④ 副学長は、学長を助け、命を受けて校務をつかさどる。
⑤ 学部長は、学部に関する校務をつかさどる。
⑥ 教授は、専攻分野について、教育上、研究上又は実務上の特に優れた知識、能力及び実績を有する者であつて、学生を教授し、その研究を指導し、又は研究に従事する。
⑦ 准教授は、専攻分野について、教育上、研究上又は実務上の優れた知識、能力及び実績を有する者であつて、学生を教授し、その研究を指導し、又は研究に従事する。
⑧ 助教は、専攻分野について、教育上、研究上又は実務上の知識及び能力を有する者であつて、学生を教授し、その研究を指導し、又は研究に従事する。
⑨ 助手は、その所属する組織における教育研究の円滑な実施に必要な業務に従事する。
⑩ 講師は、教授又は准教授に準ずる職務に従事する。

 要するに、研究と教育をする人の中で、「特に優れた」のが教授、「優れた」のが准教授、可能なのが助教です。助手は直接的な学生指導ではなく補佐をします。
 また、「教授又は准教授に準ずる職務」とされる講師を置くこともできます。曖昧な立場ですが、基本的には助教の上という扱いの大学が多いです。
 事務職員の他に、必要な職員などを置くことができます。大学図書館とは別にある学部・講座単位の図書室の人などは職員が多く、その場合教員には入りません。

2.非公式だけど大体の序列 教授・准教授・講師・助教・助手

 大学教員としての序列は、教授・准教授・講師・助教・助手と一般的にされます。本来、講師は置かなくてもいいですし、助手は補佐役であり教員と言えるか微妙ですが、様々な教育に関する統計を毎年出す「文部科学統計要覧」の大学における「教員数」の欄に以下のように掲載されています。

教授 Professor      69870(人)
准教授 Associate professor  44587 
講師 Lecturer           23159
助教 Assistant professor       43823
助手 Assistant                        5818
<文部科学省『文部科学統計要覧(令和3年版)』2021年>

 なお、ここでの講師は常勤講師に限ります。非常勤講師(Part-time Lecturer)は、大学とは授業単位の契約関係であり、正規教員の枠組みには入りません。
 基本的には助教が若く、大学入学時のオリエンテーションを仕切る教員は多くの場合助教です。
 助手が他と比べ少ないのは、実際に教育研究を補佐する役目は大学院生を働かせるか、あるいは非正規職員という形で雇用することが多いからと思われます。

3.2007年以前の呼び方に注意 助教授から准教授、助手から助教へ

 注意すべきは、2007年に学校教育法が改正される以前、教授・助教授・助手という序列であったということです。古い肩書に当たる時は、助教授は現在の准教授、助手は現在の助教と読み替える必要があります。
 変更の理由は主に「主たる職務が教育・研究か教育・研究の補助かが必ずしも明瞭でない助手の職」の立場を明確化することでした。つまり、助手だと下働き感が強くて教員かどうかよくわからないから、教員なのか補佐なのか明確にしましょうということです。
 また、教授を頂点とした講座組織(教授・助教授・助手)を解体するというねらいもあったようです。助教授から准教授への変更は、決して教授の補佐役ではない、という意味があります。(それだと助教ってあまり良くない名称では、という意見もあります(馬越2007)。)

参考文献

◆文部科学省『文部科学統計要覧(令和3年版)』2021年
◆小林淑恵「若手研究者の任期制雇用の現状」『日本労働研究雑誌』660、p.27-40、2015年
◆馬越徹「新設された『助教』名称は適当か:日・韓・中の三国比較の視点から」『名古屋高等教育研究』7、p.231-248、2007年
◆小河誠巳「助教の仕事:教員の視点からの大学生活」『特技懇』271、p.166-169、2013年

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
がくまるい@学校で教えない教育のこと

人文社会科学を深く、でも分かりやすく広めることを目指し、動画や文章を制作しています。 サポートいただければ、文献購入費用など、さらなる活動の充実にあてさせていただきます。 自己紹介はこちら:https://note.com/gakumarui/n/n4096860d043a

ありがとうございます!活動の励みになります!
教育学・社会学・心理学・古典などの文章や解説動画を作っています。 自己紹介や文章・動画へのリンクまとめ:https://note.com/gakumarui/n/n4096860d043a