現代の大学関係の「博士」は全部「はくし」と呼べばまず間違いない ~博士読み(はかせ・はくし)問題~
見出し画像

現代の大学関係の「博士」は全部「はくし」と呼べばまず間違いない ~博士読み(はかせ・はくし)問題~

 博士論文、博士課程、博士号、○○博士…。いずれの「博士」にしても、現代の大学関係の博士はまず「はくし」と呼べば間違いありません。

1.大学院でも普通に「はかせ」って呼んでました…。

 これで終わる程度の話をなぜ私が記事にしたのかというと、私は博士課程前期・後期と計5年間在籍しながら、「はかせ」なのか「はくし」なのか知らなかったからです。大学院の中でも「はかせ論文」「はかせ課程」「はかせ号」という言葉は普通に耳にしていました。多分、自分自身でも口にしたことはあるが、「はくしですよ」と突っ込まれた経験は1度もありません。
 一般でも、オーキド博士や阿笠博士のように、「博士=はかせ」というイメージの方が強いのではないでしょうか。博士という言葉について、以下に整理しています。

2.辞書の定義 ~物知りハカセと肩書ハクシ~

 博士という言葉の定義は、辞書で以下のようになります。博士の3・4は難しいのですが、要は古い時代の制度では「はかせ」という肩書が存在しましたが、明治以降の西洋から導入した大学制度における博士は「はくし」と呼んでいる、ということです。

はく‐し【博士】 
1 学位の一。大学院の博士課程を修了し、博士論文の審査および試験に合格した者に授与されるもの(課程博士)と、博士論文の審査に合格して博士課程修了と同等以上の学力があると認められた者に授与されるもの(論文博士)がある。ドクター。
2 ⇒はかせ(博士)

はか‐せ【博士】
1 学問やその道の知識にくわしい人。「お天気博士」「物知り博士」
2 学位の「博士 (はくし) 」の俗称。「博士号」「文学博士」
3 律令制の官名。大学寮に明経 (みょうぎょう) ・紀伝(のちに文章 (もんじょう) )・明法 (みょうぼう) ・算・音・書、陰陽 (おんよう) 寮に陰陽・暦・天文・漏刻、典薬寮に医・呪禁 (じゅごん) などの各博士が置かれ、それぞれ専門の学業を教授した。
4 (「墨譜」とも書く)声明 (しょうみょう) の経文の傍らに記して、音の高低・長短を示す記号。上がり下がりなど音の動きを線で視覚的に表した目安 (めやす) 博士と、音階(宮・商・角・徴 (ち) ・羽)を文字または記号で表した五音 (ごいん) 博士とに大別される。節博士 (ふしはかせ) 。
<出典:デジタル大辞泉>

 オーキド博士は「はかせ」の「学問やその道の知識にくわしい人」の意味なのでしょうか。あれ、それだとポケモンじいさんとそう変わらないのでは…。
 ※ポケモンという作品に無粋なマジレスをすると、X・Yではソニアについて「あの若さで博士号を取得した」と言及されており、どうやらポケモン世界にも学位的な概念があるようです。まあ、ポケモン世界は文字も違うし、やはり「はかせ」の方が親しみやすいですからね。

3.他の「博士」読みの見解 常用漢字表・NHK

 公的な文章で漢字の読みを示しているものに『常用漢字表』(平成22年内閣告示第2号)があります。常用漢字2136字の読みを示した「本表」と当て字や熟字訓を示した「付表」があり、「はかせ」は付表に記された読みです。「本表」の「博」の欄では、以下のように「はくしごう」の言及が「博士(はかせ)」と別にあり、博士号の正式は「はくしごう」だと意図的に示している感があります。

博 |ハク | 博識,博覧,博士号 | 博士(はかせ)
  バク   博労,博徒

 大学の「博士」について法律で定めているのは教育基本法ですが、この中では読み方に関する言及はありません。『常用漢字表』に準じていると考えていいでしょう。
 また、NHK放送文化研究所(2002)は、「博士」の読み方について「正式な学位の呼称として言う場合は、[ハクシ]と読んでいます。」と回答しています。

4.「はかせ」のスタート?1887年「学位令」

 「学位令」は初めて「博士」という大学の学位について定められた法令です。この際に「はくし」という読みに定められた、というのが『日本国語大辞典』に記載されていました。以下、辞典で記された引用ですが、出典元の『金城だより』は、現在の中日新聞の前身の1紙のようです。

「学位令にある博士と言ふ文字の発音方は、従来唱へ来りたる如くハカセと読む事と思ひの外、ハクシと発音する事になり居る由」金城だより 明治21年(1888)6月21日

参考文献

◆デジタル大辞泉(2021年7月14日現在)
◆『常用漢字表(平成22年11月30日内閣告示)』2010年
◆豊島秀雄「『博士』の読み方、『ハクシ』と『ハカセ』の使い分けは?」NHK放送文化研究所HP、2002年
https://www.nhk.or.jp/bunken/summary/kotoba/gimon/092.html
◆『精選版 日本国語大辞典』小学館、2006年


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
がくまるい@学校で教えない教育のこと

人文社会科学を深く、でも分かりやすく広めることを目指し、動画や文章を制作しています。 サポートいただければ、文献購入費用など、さらなる活動の充実にあてさせていただきます。 自己紹介はこちら:https://note.com/gakumarui/n/n4096860d043a

ありがとうございます!活動の励みになります!
教育学・社会学・心理学・古典などの文章や解説動画を作っています。 自己紹介や文章・動画へのリンクまとめ:https://note.com/gakumarui/n/n4096860d043a