新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

今日の世界 原油市場の動き(2021/05/07)

【要約】
ここでは、世界の原油市場の動きを可視化。
データ分析、衛星分析を合わせたビジネス展開を検討しています。


【1】世界主要 価格指標


ドバイ UAE産の原油で、中東産原油などの価格指標
ブレント 北海産原油で、アフリカや地中海原油などの価格指標
WTI 米国産原油で、南米産原油などの価格指標
OPECバスケット OPEC諸国の代表的な原油価格を加重平均した値

画像1

新型コロナウイルス抑制策が緩和される中、欧米では旅行需要が回復するとの期待があります

【2】中国原油市場


大慶 大慶油田(中国第1 黒竜江省)の価格
勝利 勝利油田(中国第2 山東省東営市)の価格
東シナ海 東シナ海 油田の価格

画像2

北京の統制が効いていることがわかります。

原油価格チャート
https://oilprice.com/jp/%E5%8E%9F%E6%B2%B9%E4%BE%A1%E6%A0%BC%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%88

追記:書いている理由

長期契約LNG価格とスポットLNG価格が4倍にまでなってしまったような、この異様な価格差は、現状を知らない一般のひとを納得させること難しいと思われます。
原油および天然ガス(LNG)は、それぞれ基本的には、差別化できない商品です。それが、(商品の品質や数量などが)同一であっても、価格がちがうという一物二価は、どうしても一般のひとの不信感を煽ってしまうのはやむを得ないのかもしれません。
ここでは、まず、最近の天然ガス・LNG価格の現状を追うことに絞りました。


この記事が参加している募集

noteのつづけ方

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
オープン・ソース・インテリジェンス

よろしければサポートよろしくお願いします。いただいたサポートは、日中韓とアメリカのリアルタイム感情分析を進めるために使わせていただきます

IBM Watson君も感謝してます!
オープン・ソース・インテリジェンス(open source intelligence 以後OSINT)という、衛星画像など一般に公開され利用可能な情報をもとに分析する手法を使って、中国との商取引を10年以上行っています。