ひらぴす

生きてるだけですてきなあなたの存在を言語化します。丨広報 / 編集 / 執筆 丨1996年札幌生まれ丨横浜国立大学で精神分析を学んでいました丨ブログ ▷ https://hirapieces.com/challenge/profile

ひらぴす

生きてるだけですてきなあなたの存在を言語化します。丨広報 / 編集 / 執筆 丨1996年札幌生まれ丨横浜国立大学で精神分析を学んでいました丨ブログ ▷ https://hirapieces.com/challenge/profile

    マガジン

    • マーケ・広報のまなび場

      マーケティング、広報系のイベントに参加したまなびをわかりやすくまとめます。有益です。

    • 美と権力

      「女は存在しない。」 精神分析学者ラカンは言いました。では自分は何なのか。

    • 北海道日記

      北海道でみつけたすてきな写真を載せます。

    • 「見た目」に縛られる女たち

      大学3年のときに書いた論文。 論理的じゃないので論文じゃないかも。

    最近の記事

    固定された記事

    卒業研究 『刺すために生きる ―男と女を破滅に導くエロス権力の正体―』

    これは、私が横浜国立大の精神分析ゼミで卒業時に書いた卒業論文です。 けっこう変なタイトルだと思います。もっと無難で、よくありそうな内容にすることも出来ました。 でも、「どうせ書くなら、何気ない内容で終わらせたくない。本気で書きたい」と思い、命を削る覚悟で書きました。 結果、精神分析を使った私小説のようなものになりました。 「そんなの卒論として認められるのか?」と思う方もいるかも知れません。でも、ちゃんと受理されるどころか、教授には、「今年一番の作品だった」と言っていた

    スキ
    27
    有料
    1,900
      • 【闇を深掘るnote vol.2】”海外の魅力を発信したい!” 大泉祥香さん

        こんにちは!ひらぴすです。 「自分らしさってなんだろう」「強みってなんだろう」 そう思ったことはありませんか? そんなとき、役に立つのが”闇”です。 今のあなたの⾏動は、 潜在意識ではつらかった経験や、深く悩んだことがきっかけとなっているはずです。その闇をさらけ出すほど、人は共感を覚えます。 「でも、一人ではなかなか自分について深堀りできない……」 そんな方の自分自身の魅力発見のきっかけになりたい。 ということで・・・ 「あなたの強みは、あなたの闇」 これをテー

        スキ
        7
        • 【闇を深掘るnote vol.1】 "モテる為に生きてる"フリーランスエンジニア ひろすけさん

          こんにちは!ひらぴすです。 「自分らしさってなんだろう」「強みってなんだろう」 そう思ったことはありませんか? そんなとき、役に立つのが”闇”です。 今のあなたの⾏動は、 潜在意識ではつらかった経験や、深く悩んだことがきっかけとなっているはずです。その闇をさらけ出すほど、人は共感を覚えます。 「でも、一人ではなかなか自分について深堀りできない……」 そんな方の自分自身の魅力発見のきっかけになりたい。 ということで・・・ 「あなたの強みは、あなたの闇」 これをテー

          スキ
          7
          • ミヌレがお手伝いできること

            ミヌレ株式会社は、「終わりのない勝ち負けの世界を抜け出し、ひとりひとりの”ワクワク”から生まれる輝きであふれる世界をつくる」をミッションに、3つの軸で事業を展開しています。 💎ミヌレの事業の3つの軸わたし  創作と冒険をしつづけ、  ワクワクがあふれる生き方を体現します。 いっしょに  お互いの資産をかけ合わせ、  かつてない価値を生み出します。 あなた  人生のストーリーと想いを言語化し、  あなたのファンをつくります。 💎お手伝いできることミヌレがお手伝いできるこ

            スキ
            8

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • マーケ・広報のまなび場
            ひらぴす
          • 美と権力
            ひらぴす
          • 北海道日記
            ひらぴす
          • 「見た目」に縛られる女たち
            ひらぴす

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            【精神分析論文】 私の「女」と戦う方法 ―傷つける享楽―

            ※これは、横浜国立大学 精神分析ゼミで大学4年春学期に書いた論文です。 はじめに前回の論文で美に執着する女性たちの苦悩について触れ、こう結論付けた。ほかの女性をけなし陥れようとするのも、痩せて女性性から逃れようとするのも、整形し美貌を追求するのも、すべては男性への憎悪のせいである、と。 女は生まれた瞬間からモノであり、勝手に値札がつけられる立場はあまりにも受動的で、好き勝手値踏みする男性が悪いのだと。しかしこれでは、指摘された通り女性側の視点に偏っているうえ、男性が悪いと

            スキ
            8

            「見た目」に縛られる女たち ー最終回 問題への応答とあとがきー

            問題への応答さて、ここまでの例を見たうえで、冒頭のマツコと村上の会話で明らかにされた美醜の問題を考えよう。 1、男の武器は財産。女の武器は美貌。 オルフェスのCMのようにイケメンとブサメンで女性の態度が変わるというような出来事は実際よくある。本来男にとっても美醜は大切なのだが、社会的に見た目以外の部分で権力が持てるよう吹き込まれているため、男性は財産があり社会的に高い位置の肩書を持っていれば女が寄ってくるのも事実だ。 女はどうだろう。マツコのいう「男の武器は財産、女の武

            スキ
            24

            「見た目」に縛られる女たち ー第3回「整形の先に幸せはあるか」ー

            メンヘラ整形アイドル動画投稿サイトyoutubeに整形の経過を載せ続ける「轟ちゃん」というアイドルがいる。フォロワーは4.2万人。整形に費やした総額は600万円だ。彼女は『整形を考えている人へ。』という動画でこのように言う。 「悩むくらいならやるな。整形はハイリスクローリターン。」 ハイリスクの理由は手術失敗の可能性、整形依存に陥る可能性があること。一つの手術が納得のいく結果になる可能性は経験上30パーセントほど。彼女も上唇にしびれの後遺症が残る。ローリターンの理由は、手

            スキ
            17

            「見た目」に縛られる女たち ー第2回「細さは正義?」ー

            太るのがこわい現代の日本において、女性の求める「美」に痩せていることは必須条件である。『世界で最も美しい顔100人』のランキングにノミネートされたことのある女性芸能人をいくつか挙げると、石原さとみ(157㎝45㎏)、桐谷美玲(163.5㎝39㎏)小松菜奈(168㎝推定40kg前後)。美しい「顔」ランキングのはずが、選ばれているのはモデル体型の細い人ばかりだ。日本人以外にも様々な国籍の女性がノミネートされているが、ぽっちゃりした体型の人は誰一人いない。男性の求める理想体型のアン

            スキ
            23

            「見た目」に縛られる女たち ー第1回「美をめぐる女の闘い」ー

            まえがきを読んでいない方はこちらから▼ 「選ばれる」のは美人だけかこどもは鏡で自分の姿を自分だと認識できるようになった瞬間から想像界での「私か、他者か」といった二者択一の闘争状態に置かれる。生まれたばかりのころは親に無条件に愛され、周囲に「可愛いね」と言ってもらえるが、成長し他者と関係するようになるにつれて必ず自分が選ばれるわけではないことを知る。 お笑い芸人尼神インターの狩野誠子は、双子の美人の妹に「シュレック」というあだ名で罵られ、無視されて6年間で一言しか口をきいて

            スキ
            20

            「見た目」に縛られる女たち ー第0回 まえがきー

            可愛くなりたい、細くなりたい、美しい顔が欲しい。この願望が常に私を支配する。『人は見た目が9割』という新書がヒットしたり、『人は見た目が100パーセント』というドラマが放映されたりと、人間関係における見た目の重要さはすでに建前抜きで一般に浸透しつつあるように見えるが、大体その中身は「周りの人によい印象を与えるために清潔感や言葉遣いやしぐさや服装といったノンバーバルコミュニケーションを大事にしましょう」という話であり、肩透かしを食らってしまう。 もちろん内面は表情や挙動といっ

            スキ
            20