見出し画像

#134 機会の貧困をなくす。

定時制高校で講義しました!
テーマは、「モチベーション・高校時代のターニングポイント」について。

夜の学校。
夜中に学校の電気が点いていて。

何度か訪れたことのある高校ですが、また雰囲気が異なりました。

先生曰く、
昔は定時制に通う学生は不良、いわゆるヤンキーが多かったが、今は引きこもりや発達障害を持つ学生などが多いとのこと。

その背景の多様さを垣間見ることができました。

講義のあと、先生と色々お話しをしました。

定時制高校は地域になくてはならないもの。

どんな人であれ、学ぶ機会、出会う機会は大切で。

先生、友達をはじめとした『他者との出会い』

それがその人の人生を大きく変えるキッカケにもなるわけで。

それにしても、先生の熱量と、生徒を想う心にとても感化されました。

やはり教育や学生には何かしらでずっと関わっていたい。

機会の貧困をなくす。


その役に立ちたいと思えた一日でした。
ありがとうございました!! 

ーーーーー

講座・講演依頼受付中!
応援・シェアよかったらお願いします!

ここまでご覧いただきありがとうございます。

ふくしまソーシャルワークラボは『思いやりを広げる人を増やす』をミッションとし、個人・企業・学校などでの研修・講演等の活動に取り組んでいます!

今までの実績はこちら↓

講演・研修依頼・その他、お気軽にTwitterのDMまたは下記からお問合せください↓
fukushima.swlab@gmail.com

次回の記事もどうぞお楽しみに!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!