見出し画像

【書く】記事の書き方、人に教えられる?

これまで「ライティング」を教わった経験ナシ

昨日、『プロのWebライターに学ぶ【糸島ライティング勉強会】』というイベントに出席していました。

教える方ではなく、教わる側で。いや、着席するなり「(一応)プロの人が何しに来たんですか!」とツッコまれたのはお約束ということで。講師の花野さんはおれよりちょっとお若くて、広島から移住してきた「雑食系Webライター」さん。以前Lancersのイベントでご一緒して、お話したことがありました。会場が普段出勤しているシェアオフィス・糸島よかとこラボということもあっての参加です。

実はこれまで、ライティングを人から教えてもらったことってほとんどなくて。フリーライター/編集者として20年ほど仕事をしてきたんだけど、書いた原稿をボロクソに赤字を入れられる経験はさんざんあったんだけど、正面切って「ライティングとは」を学ぶのは初体験だったのですよ。

結果、すごくおもしろかったんですよね。花野さんは原稿の構成を考えるところから実際の執筆に至るまでをすごくシステマチックにやってて、ちゃんと「成果物」を「生産」する、というパターンができていた。その点おれはたいていインスピレーションに頼る派で、これといった型がないタイプ。そりゃ仕上がりやペースにムラが出るよな、と改めて痛感した次第です。

材料を前にしておもむろに座り、「降りてきた!」と叫んでやおらキーボードを乱打しまくっていつの間にか原稿が……!というプロセスでは、早晩イカンことになるな、と思った次第です。

技術を他人に伝えるために必要なのは「言語化」と「再現性」

おれはこれまで、人に「どうやったらうまく書けるようになれますか」的なことを聞かれると、たいてい「たくさん読んでたくさん書くことですね」という塩梅の返事しかしていなくて(もちろんこれは厳然たる事実だけど)、それだけではよくないなと。これ、だれにも伝わらないですよね。いや、「書く」とか「話す」ってのはすごくパーソナルなスキルで、伸ばし方も人によるとはいえ、「おれはこうやってます」くらいのことは言葉にして言えたらいいなと。そうすることで、他の誰かが言葉として咀嚼したり、行為として真似たりするタネになるし。

ということで「書くメシ」面白そうね!

花野さんの話を面白く聞きながら、帰り道にほろ酔いの頭で考えると、これまでの師匠たちからビシバシ入れられてきた赤字をそれなりの体系を持って言語化することはできるのかな、という気になってきました。それって、自分自身のためにもなるし(これが再現性のメリット)。ということで、川添さんにはやんわり引き気味のこと言っておいてなんですけど、「書くメシ」の末席に加えてもらって糸島で「書くこと」についてのお話をする機会を持ってみようかしら、と思った次第です。花野さんも前日夜も眠れないくらい緊張したっていうし、おれ程度がスベッっても誰も困らないしな!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

読んでいただけて幸いです!
13
フリーライター、編集者。東京で20年近く活動したのち、福岡・糸島にUターン。守備範囲は「ゆりかごから墓場まで」。調べごとをして書くのが得意。インタビュー、簡単な写真撮影も。活動範囲は福岡県内から九州北部、定期的に上京します。ご依頼はfukamihiroshi@gmail.com

コメント2件

さっそくありがとうございます。
僕は心配性なのでガチガチに構成固めますが、深水さんの様なインスピレーションで書けるスキルも身に付けたいです。

近々糸島よかとこラボに入居します※最初はフリー席ですが
ヤッターワーイご近所さん増える!うれしい!いやフリー席でも全然OKだと思いますよ!
なんかインスピレーションだと、手癖で書けるタイプの記事はいいんですけど、そうでないものはだんだん着地点がねじれていったり、工数ばかりかかって……。ちゃんと構成を作ろう、とホントに思いました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。