花野洋介

福岡のライター・編集者・ライター講師 ひとり編集プロダクション『KAKUHITO』代表 noteではエッセイを中心に執筆。

花野洋介

福岡のライター・編集者・ライター講師 ひとり編集プロダクション『KAKUHITO』代表 noteではエッセイを中心に執筆。

    マガジン

    • 【キャッチコピーが満載】ほぼ毎日コピーライティングまとめ

      2020年7月1日~12月10日まで連日制作した150個のキャッチコピーをまとめました。 季節や行事などさまざまなテーマで考え抜いたキャッチコピーばかり。 キャッチコピー制作のヒントはもちろん、何気ない日常のスパイスにもなるマガジンです。

    • 【 購入特典あり 】Webライター必読記事まとめ

      Webライター向けとして私が書いてきた「Webライター必読記事」を一冊にまとめてみました。購入特典として、私がこれまでクラウドソーシングに応募して9割採用された「キラーテンプレート」も付いています。

    • お気に入り記事

      • 【キャッチコピーが満載】ほぼ毎日コピーライティングまとめ

      • 【 購入特典あり 】Webライター必読記事まとめ

      • お気に入り記事

    最近の記事

    • 固定された記事

    花野洋介へのお仕事依頼はこちら

    お仕事依頼のページをご覧頂きまして、誠にありがとうございます。 “オクトパスライター”の花野洋介と申します。noteの「お仕事依頼」用に、経歴や実績を一部まとめてみました。 オクトパス=タコ。 何本も足があるタコの如く「雑食系」に何でも承っているので、このキャッチコピーに決めました。Web・雑誌問わず、執筆以外にも企画や編集、コンテンツ制作など一括してお受けしています。 ▼花野洋介(はなのようすけ) 150文字プロフィールフリーランスのWebライター/編集者/Webコ

      • 12月8日(木曜) 今日は朝から体がダルかった。夜には熱が出てしんどいな。健康第一を痛感。

        • 12月7日(水曜日) 今日もバイトに明け暮れた1日だった。バイト先近くにあるお店で、アジフライの旨さを再確認した。

          • 12月6日(火曜日)編集者としての実績がまだまだ少ないので、来年からは電子書籍界隈にも参入したい。最近のネットニュースの誤字脱字は目を覆うばかり。気軽に文章を広められるようになった時代だからこそ、文章のスペシャリストの編集者は必要だから。

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 【キャッチコピーが満載】ほぼ毎日コピーライティングまとめ
            花野洋介
            ¥300
          • 【 購入特典あり 】Webライター必読記事まとめ
            花野洋介
            ¥300
          • お気に入り記事
            花野洋介

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            12月5日(月曜) 今日は日付変わってサッカー日本代表の試合を観戦。結果は残念だったけど、厳しいグループを首位通過できたのは日本サッカーにとって光明。日本サッカー、まだまだやれるよ。

            12月4日(日曜)日雇いバイトで久しぶりの電話対応。通話時間は僅かだったが、何とも言えない高揚感に包まれた。

            12月3日(土曜) 今日から年末までの短期バイトがスタート。フリーランスになって人とのやり取りが減ったので、短期バイトは人との接触を確保する良い機会だと思う。

            12月2日(金曜) 今日も構成作成など作業に追われた1日だった。 最近感情の起伏が激しく、昼飯時に急に一人で大声を出してしまった。男性更年期かも。

            12月1日(木曜) 今日は佐賀で日雇いの仕事。 何気ない一言で物書き人生を考えさせられるターニングポイントの日になった。

            11/30(水曜) 今日は構成作成やミーティングなど、朝から晩まで慌ただしい1日だった。クライアントとのミーティングで実力の無さを痛感したが、同時に「文章をもっと磨きたい」「編集者としてもっとレベルアップしたい」そんな気持ちになった。

            11/29(火曜日) 今日は朝からテレビやSNSで怒ってる人を沢山見た。 「何をそんなに怒ってるんだろう」「そんなに怒ると精神衛生上よくない」など、自分の感情もグラグラ揺らぐほどキツい1日だった。

            20年間会わずに死んだ親父に伝えたいこと

            しとしとと小雨が降る朝、妻が血相を変えて伝えてきた。 家庭の問題で20年間音信不通だった父親が、70歳でこの世を去った。死因は末期の肺がん。 母親によると、1年前に末期がんを宣告されてとある施設に入院していたそう。新型コロナの影響もあり、葬儀は身内(私以外)で終わらせたらしい。 そのため私は父親の最期を看取っていないし、火葬された後の骨も見ていない。亡くなった知らせを聞いても全然悲しくなかったし、涙も出なかった。 「親父が死んだ」事実を淡々と受け止めた。 スーパーで

            醬油ラーメンを見ると思い出す20歳の失恋

            「彼女を大事にしない人とは付き合えません」 19歳で初めてできた彼女から、ラーメン屋で突然言われたセリフ。 熱々の醬油ラーメンを口に含んだ瞬間に言われ、まるでスローモーションのように麺が弧を描いたことを今でも鮮明に覚えている。 それ以降、醬油ラーメンに対して特別な感情を抱くように。 田畑智子さん似の女性と恋に落ちた高校時代は部活(柔道)に明け暮れていて、先輩から 「女の子と付き合うと弱くなる」 と、今の時代では考えられない教えを刷り込まれていた。 高校卒業後、警

            「その一振りで、ご飯がアートに変わる。」ほぼ毎日コピーライティング-第150回 ふりかけ編-

            この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

            「同じ1ヶ月なのに、なぜかソワソワ。」ほぼ毎日コピーライティング-第149回 12月編-

            「今年もあと1ヶ月」 毎年12月になると、至るところで聞かれるこのセリフ。 クリスマスや年末年始など、イベントも多い12月。 1年間を締めくくる1ヶ月は、ソワソワも感じる。 あなたにとって、良い12月になるように。 ━━━━━━━━━━ ■公式サイト https://y-hana.site/ ■Twitter https://twitter.com/Loverock1230 ■Webライター養成講座(ストアカ) https://www.street-academy.

            「日本で唯一の最高順位。」ほぼ毎日コピーライティング-第148回 日本一編-

            「この瞬間のためにやってきた」 日本一になった選手から、こんな声を聞く時もある。 2番でも3番でもない。 日本で1番の頂き。 ━━━━━━━━━━ ■公式サイト https://y-hana.site/ ■Twitter https://twitter.com/Loverock1230 ■Webライター養成講座(ストアカ) https://www.street-academy.com/myclass/45391 ━━━━━━━━━━