見出し画像

こういうときは特に息のことを考えよう!

クラリネットを始め、管楽器は息で音の発生源を振動させていないと何も始まりません。どんなに指が滑らかに動いていても、舌の動きが速くても息がなければ全部帳消し、残念な結果になってしまうんです。

音を出している限り息は必要ですが、その中でも特に息のことを考えてほしいところを書いてみます。ここは他のことに気を取られ息が減りやすいところでもあります。ここで息が十分使えていると、1ランク2ランク上の演奏になりますよ。

この続きをみるには

この続き: 376文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
表面的な知識だけでなく、一歩踏み込んだ自分を発揮できるヒントをお届けします。

張りつめてガチガチの楽器プレイヤーの心と身体緊張を解くヒント、アレクサンダーテクニークを使った楽器奏法、クラリネットの奏法、力を発揮できる…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただけると大変喜びます!

ありがとうございます!
1