毛並みんインタビュー「死ぬときに『ああミスiDになれなかったなあ』って思って死ぬのはまじで嫌」
見出し画像

毛並みんインタビュー「死ぬときに『ああミスiDになれなかったなあ』って思って死ぬのはまじで嫌」

藤林檎

公開インタビュー生配信「〇〇とふじりんご」Vol.2のゲストは毛並みんでした!

画像1


ミスiD2020のファイナリストかつミスiD2021にエントリー中のようちえんじ妖精アイドルの毛並みんは、昨年のミスiDでそしてファンの応援に加え毛並みん自身のチアーズへの多額の課金によってセミファイナル、ファイナルへと勝ち進んだということ、そしてそうやって勝ち進んだのがそもそも女の子ではなかったということで大きな賛否を呼んでいました。その渦のど真ん中で毛並みんが何を思っていたのか、またどうしてそこまでミスiDに対して強いこだわりを持っているのかが、お話を聞いている内に見えてきたような気がします。

ミスiD選考委員による公式ツイキャスについて

藤林檎 先日ミスiDの選考委員が出演してここまでの選考の振り返りをする配信が公式であって、そこで岸田メルさんから毛並みんに対して「きもい」とか「おじさん」とかいう言葉もありながら言及されていました。毛並みんはあの配信を聞いてどう思いましたか?

毛並みん まあまあ「言ってんな~」って!岸田メルさんは長いこと毛並みんのこと知ってくれてて、その中で「絶対関わりたくない」って岸田メルさんが毛並みんに対して思っている訳ではないことをわかってはいるし、毛並みんは大前提として中身があるとかじゃないから別に何言われてもいいんだよね。

藤林檎 毛並みん的にはそういう風な受け取め方だったんだね。

毛並みん そうだね、別に毛並みん誰かの言葉でいちいち傷つくとかはもうないから。公式ツイキャスで話題に出てうれしかったっていう方が今回は大きかったかも。毛並みんの名前を二回くらい出してもらえて。

藤林檎 そういえばその前にミスiD実行委員長の小林さんからも、選考委員の周庭さんが毛並みんにだけ自身唯一の◎をつけたから毛並みんはカメラテストに進出した、というツイートがあったよね。

毛並みん ねー、そんなことあるんだって。本当にありがたくて!うれしかったー。

藤林檎 理由を聞ける機会があるといいですよね。

毛並みん カメラテストがあるからね、そこでお話できたらいいなあって思ってる。


毛並みんがまだインターネット上にしか存在していなかった頃

藤林檎 毛並みんの一番最初はツイッター上にしかいない実体のない存在だったんですよね?

毛並みん 元々は本当にツイッターでツイートしかしてない存在っていうかんじで。

藤林檎 それは何年ぐらい前の話?

毛並みん 10年前の2010年ごろからツイッターを初めて、3年ぐらいずっとツイートだけをしてた。その後にツイキャスとかをするようになったのね。でも毛並みんこの姿でずっと存在はしてたんだけど顔出しとかはしてなくて、顔出しはしないまま声だけのツイキャスをしていて、そのままグッズの通販とかをするようになったのね。毛並みんシールとかを売るようになって、で2016年の3月になって人前に現れるようになったの。

藤林檎 じゃあ今ライブとかはじめてから4年ぐらい?

毛並みん そうですね~。

藤林檎 最初の頃はどういうイベントに出てたんです?

毛並みん 一番最初は毛並みん主催のイベントを開いて、出て欲しい人に声かけて出てもらって、その後は知り合いでイベンターみたいなことやってる人がいてその現場に呼んでもらったり、あとはツイッターで「毛並みん気になるんです」って声かけてもらって出演させてもらったりしてたね。

藤林檎 じゃあ人前に出るようになってからはけっこう最初から結構アクティブに活動してたんですね。

毛並みん そうですね、でも最初の頃は現場が年間10回とかそのぐらいだったりしたので。

藤林檎 ツイキャスだけをやってた時代は、どういう人が活動についてきてくれてたの?

毛並みん 今では毛並みん完璧なアイドルだと思うんだけど、当時はインターネットのヤバい存在として名を馳せてたの。なんか絶叫とかしたりしてた。

藤林檎 それはどういう意図でやってたの?

毛並みん 魂が「したい」って言ってた…かな…。意図とか全然考えてなかった。

藤林檎 それが当時の毛並みんなりのライブだったのかな。

毛並みん そうかもしれない。この魂の衝動をどうしたらいいかわからないから、絶叫とかしてたんだと思う。

藤林檎 それ今もうないよね?動画とか…。

毛並みん 見られてヤバいやつは消してる。

藤林檎 でもその時代を知ってて今も応援してくれてる人もいるんだよね?

毛並みん いる~!でも過激だった毛並みんが好きだったから、こういう風に可愛くなってアイドルになった毛並みんはちょっと違うな~って言って離れていっちゃった人もいるんだけど。

藤林檎 じゃあ毛並みんは最初からこういう感じってわけじゃなかったんだね。

毛並みん 毛並みんは全然そんなに変わっていったつもりはないんだけど、まあ今は絶叫とかはしないし、その時はアイドルではなかったから、その人が好きなのはアイドルではなかったんだな~っていう感じ。

藤林檎 ちなみにこのツイッターID(@geri_girl)の由来は?

毛並みん 尖ってた時代に下ネタを絶叫してたんだよね。その頃の名残!変えてもいいかなって思うんだけど、愛着があるから変えづらいな~って思ってる。

藤林檎 昔のブログとか見てたら結構下ネタバンバン出てくるから「あ、昔はそういうキャラだったのね」と確かに思った。

毛並みん 当時からアイドルだったんだけど、まだ完璧なアイドルじゃなかったかな~。

藤林檎 まだ未完成の頃の…。

毛並みん そう、模索。模索してた。


ミスiDを知ってからファイナリストになるまで、そして今年。

藤林檎 毛並みんがミスiDを知ったきっかけはミスiD2014でBiSを辞めた寺嶋由芙ちゃんがミスiDにエントリーしたということで、実は私も同じ理由なんですけど、BiSは何きっかけで知りました?

毛並みん 元々色んなアイドルが好きだった中でたどり着いて…。元々ももいろクローバーZさんが好きだったんですけど、ももクロが野外でライブする時にBiSも合わせてそこに行きゲリラでライブするっていうところで初めて知って、それ見て最初は「やってんな~」ぐらいに思ったんだけど、最終的にはPVを見たのが格好良くてハマったかな~。

藤林檎 由芙ちゃんが出てるのをきっかけにミスiDを知ってから、その後毛並みんがミスiDに書類を出したのはそれからどのぐらい後です?

毛並みん ミスiD2016にエントリーしたから…。2年かな。2年後。

藤林檎 知ってから出るまでは結構間があったんですね。

毛並みん そうだね。その頃毛並みんはまだ実体を持った存在じゃなかったので、で、ミスiD2016に書類を出した時もまだあんまり実体はなかったのよ。人前に出るなんてもっての外みたいなかんじ。でも書類が通って、「講談社来てくださーい」って言われたから、「わかりました!」つって、行ったの。

藤林檎 じゃあ毛並みんが実体を持って人前に出るようになったのはミスiDもきっかけのひとつだったってこと?

毛並みん そうだね。お客さんと触れあったのは2016年の3月がはじめてなんだけど、その前にカメラテストで人前には現れてた。

藤林檎 初ライブよりも前にミスiDのカメラテストに出てたってこと?

毛並みん そうそう。

藤林檎 そうなんだ!毛並みんを語るうえでそんなに最初からミスiDって大きな存在だったんだね。

毛並みん ありがたかったなー、本当…。まさか受け入れてくれると思ってなかったからさ~。受け入れてカメラテストにまで呼んでもらえてあの時は本当、自信に繋がった。

藤林檎 そこからファイナリストになるミスiD2020まで毎年書類は送り続けてた感じですか?

毛並みん そうだね~。ただミスiD2019の時だけ書類送りそびれちゃったんだけど。

藤林檎 カメラテストに行く機会はミスiD2020以前にもあった?

毛並みん それは2016だけ。

藤林檎 てことはミスiD2016で初めて書類を出してカメラテストまで、2017、2018は書類で落ちてて2019は申し込みしそびれて2020にファイナリスト?

毛並みん そうだね~。

藤林檎 すごいね、ドラマを感じますね。

毛並みん 執念、執念だね~。

藤林檎 一番最初のミスiD2016でエントリーしようって思ったのはなんでだった?

毛並みん 実体を持つ前からずっとアイドルとしてツイッターはやってたんだけど、「誰かの明日を笑顔にできればそれはもうアイドル」みたいな言葉をミスiDが掲げてたのを見た時に「それ毛並みんじゃん」って思って、書類を送った。

藤林檎 前例とか自分に似た例が全くないのに書類を送れたのすごいね。

毛並みん まあ、書類送るだけならいっかな~って感じで送ってみたんだよね。なんか行ける気がして。ていうか2016でカメラテストに行く経験がなかったらこうやって今アイドルとして活動してなかったと思うのね。だからほんとに2016でカメラテストに呼んでもらえたことは確かに毛並みんにとって一番大きい出来事だったといっても過言ではない感じ。

藤林檎 そしてミスiD2020になるわけですけど、2020もカメラテストまでは自力で選考委員に選ばれて行ったわけですもんね?

毛並みん そうですね。カメラテストまでは自力でちゃんと行った!

藤林檎 それでカメラテストでは選考委員の選考からは漏れて、チアーズのポイントレースで一位になって復活したんでしたよね?

毛並みん そうだねカメラテストで落ちた人が対象のチアーズのリエントリーっていうポイントレースがあって、それに参加して。

藤林檎 そこでチア数が一番になった人がセミファイナリストになれるルールで、そこで毛並みんは一番になったんだけど、一番になるためにファンの応援と合わせて自分も課金して自分に大量にチアしたということ。

毛並みん そう!そう。

藤林檎 私は例年ミスiDはセミファイナリストの発表があってから追うようにしてたので、実はリエントリーで毛並みんがセミファイナリストになるまでの流れはあんまりちゃんとは知らずにいて、でも後から聞いた話だと結構燃えてたみたいに聞いたんですけど…。

毛並みん そうだね。やっぱ毛並みんが一位になって、毛並みんという存在に対して「いや女じゃねーじゃんwww」みたいなツイートはたくさんありましたね~。そして毛並みんが一位になることによって二位以下になってしまった人間たちのファンの方が「マジでありえない」みたいなことをツイートされてたりしてましたね。

藤林檎 毛並みんはそれに対してどう思いました?

毛並みん まあそうだよね…とは思いながらも、でも毛並みんもたくさんの人に応援してもらって、「毛並みんにセミファイナリストになって欲しい」と思ってたくさん応援してくれたみんながいるから、別に…怖くはなかった。

藤林檎 確かに毛並みんの課金だけが注目されがちだけど、それ以前にファンの方からのたくさん応援があったっていうこともかなり重要な部分よね。

毛並みん そうです!全CHHERが毛並みんのってわけじゃないし、毛並みんあの期間一番多くの人間から応援されたという自負があって、だから課金じゃなくて一人一票制だったとしても毛並みんが一番だったんじゃないかなあって思ってる。

藤林檎 そして毛並みんはセミファイナルからファイナルに行くときの選考からも漏れてしまい、そこでまたチアーズの復活戦で課金をして再び一位になるわけだけど、再び課金で選考に進むということに対して迷いはなかったです?

毛並みん 迷いはあったけど、そこの迷いというよりは、リエントリーでセミファイナリストになれた時に毛並みん「二度と課金レースには出ません」って言ったのね。その一か月後ぐらいにまた選考落ちちゃったから、「落ちちゃったな~」って思ってて、でももちろんファイナリストになりたいからどうしようかなあって思ってる時に、森田無職って名義で当時エントリーしてた平成墓嵐のアッくんもセミファイナルで落ちちゃったんだけど、「毛並みん戦おうぜ~!」って言ってくれたから、「わかった!」って言って。そこでアッくんが「戦おうぜ」って言ってくれたことによって全ての迷いが絶ち切れた。

藤林檎 アッくんがそこでそんなに大きな存在としてそこにいたんですね。

毛並みん ほんとにそう。

藤林檎 そうしてファイナリストにまでなった時に、毛並みんが選考委員の選考によって選ばれたのは書類からカメラテストに行くところだけで、後はファンと自分の力によってファイナルにまで進んだわけじゃないですか。「選考委員から選ばれていない」ということに対してはどういう風に受け止めてましたか?

毛並みん まあちょっと悲しいというか寂しいというかね、刺さらなかったんだなとは、思いました。

藤林檎 選考委員から選ばれないまま選考を進むことは意味があるんだろうか?という疑問から復活戦も含めてチアーズのポイントレースを蹴る人も例年いるわけですけど、毛並みんはそこに対してはどう思っていましたか?

毛並みん でもその時「なりたい」という気持ちが勝ったかな…。選考委員から選ばれてないからどうのこうのというよりは、なれるチャンスがそこにあるから掴みに行きますという気持ちで、掴みに行ったかな~。

藤林檎 ミスiDという肩書にはそこまでの価値を感じないという人もたくさんいる中で、毛並みんがそこまでしてミスiDになりたかったのはなんでです?

毛並みん やっぱりきっかけとして毛並みんの中で大きいものがあったし、なんかこのままじゃ死ねないなあって思ったのね。死ぬときに「ああミスiDになれなかったなあ」って思って死ぬのはまじで嫌だなあって思った。もちろんミスiDになったからって何かがもらえるとかでは全然ないし、けど肩書というか称号として毛並みんはとっても価値があると思っているから、欲しかったの。

藤林檎 ただ一年経ってみて思うのが、毛並みんがセミファイナリスト、ファイナリストになったことは選考委員の手によるものではなかったけど、でもそれでも結果として毛並みんはしっかりミスiDの文脈の一部になっている気がして。例えば私も自分が今年エントリーするかしないか考えている時毛並みんの存在は頭の中をよぎってたし、課金まではしなかったものの、一次選考期間はずっと自分で自分に自主チアしてたしそれを普通に公言もしてたし、でも別にそこにもはや何の引け目も感じずにいられるのは毛並みんのおかげだなと感じていたし…。
だから毛並みんがミスiDの文脈のひとつになるために、結果として選考委員に選ばれたかどうかは関係なかったんだということが、私にとって新鮮だったというか、ミスiDって不思議なオーディションだなと感じてた。

毛並みん 毛並みんは選ばれなかったけど、でも決して嫌われてるわけじゃないんじゃないかなって勝手に思ってるんだけど。また来たよって思われてるんじゃないかな~と思いながら今年も書類を送ったんですけど。だから毎年の儀式っていうか、イベントなんだよね。書類を送るっていうことがね。癖になっちゃって。

藤林檎 ミスiD2019で書類を送れなかったのはなんでですか?

毛並みん やっぱ2年通らなかったから。「毛並みんの居場所はここじゃないのかな」ってその時はちょっと思ってたかも。

藤林檎 逆に今年はなんでエントリーしましたか?

毛並みん さっき言ったアッくんにまた「毛並みん戦おうぜ~!」って言われたの。笑

藤林檎 アッくんはなんでそんなに毛並みんに声かけてくれるんだろう…。笑

毛並みん 墓嵐のライブ中にねよくアッくんと戦うんだけど、その延長線上にミスiDが戦場としてあるんだよね~。っていうことがまずあって。あとはね、毛並みんミスiD2020でやり切ったつもりでいたんだけど、あれできたなーこれできたなーっていうのが後からたくさん出てきたのね。で今年のエントリーシートには幸いなことにサイトには非公開で選考委員にだけ読んでもらえる欄があったじゃない?そこにそれをば~って書いて。2020のロスタイムみたいな気持ちでそこは書いたのよ。それを送って。さすがに去年もファイナリストだったし、通らないだろうなって思いながらそこは書いたんだよね。正直。

藤林檎 でも一次選考通りましたよね。

毛並みん 正直予想外だった。


ミスiD2020テーマ投稿 #らーめんとじょし  について

藤林檎 去年ミスiD2020で「らーめんとじょし」って言う企画をやってて、そこで内容としては「ラーメンと女子」ってテーマでチアーズに写真や文章を投稿するっていうもので、そこで選ばれた人に一杯ポイントがもらえたり、小林さんからコメントもらえたりみたいな催しだったんだけど、そこで毛並みんも小林さんからコメントもらってましたよね?

毛並みん あれは小林さんのご厚意で、参加した全員ひとりずつにコメントがもらえてたんですけど。

藤林檎 あれ全員でしたっけ?

毛並みん そう全員に出してたの。そこで毛並みんについたコメントが「よく見ると、とっても可愛い」みたいな。そこでおじさんがどうのみたいなこと書かれてて毛並みんはブチ切れたんだけど。まあ正直その日はたまたま疲れてたんだよね…。そこでその文を見てブチ切れてしまって、というのも毛並みんはずっと妖精さんですよというのでやっていたところにすっごい水をかけられたような気持ちになって、なんかすごい悲しくなっちゃって。けどその件は最終面接で和解をしたので。毛並みんもちゃんと「ブチ切れてごめんなさい」って謝ったし。

藤林檎 じゃあ最終面接の場で小林さんからのフォロー的なコメントも改めてちゃんとあってみたいな

毛並みん そうそこでもコメントいただいて。でも毛並みんほんとに全然そのこと忘れててさ。それくらいの感じのことだったんだけど。

藤林檎 和解できてるならよかった。私ずっとそのこと引っかかってて。なんかこないだの公式ツイキャスの後にもツイッターで「女の人にはおばさんとは言わないのに、そうじゃない人にはおじさんって言っていいんだとしたらそんなのはおかしくないか」みたいなツイートがあるのを見た時もほんとにそうだなと思ってて。

毛並みん 毛並みんもそこはちょっと引っかかるよね。毛並みんもたぶんその同じツイートを見てて、「確かにな~!」って思った。絶対にあの人達はどんな人が出てきてもその人のことは絶対に「おばさん」とは称さないと思うのね。でも毛並みんのことはおじさんって言うから、その差ってなんだろうって考えたら、なんかちょっとね嫌だな~って思うよね。


毛並みん実体を持っていない時からすでに自分のことアイドルだと思ってたの

藤林檎 毛並みんの活動やミスiDにエントリーすることも、「人を笑顔にしたい」っていうことが大きな動機になっているっていうことで合ってます?

毛並みん そうだね。そうしたいからこうやってアイドルとして色んな現場に出たりしているかな~。

藤林檎 そう思うようになったのは、自分が元々アイドルが好きだったからっていうことが大きかったですか?

毛並みん その流れが自然なんだろうけど逆で、毛並みん別に実体を持っていない時からすでに自分のことアイドルだと思ってたの。自分がアイドルだからアイドルのことも好きになったの。「同業の人を見ている」みたいな。

藤林檎 どんなアイドルの子を推してましたか?例えばさっき言ってたももクロのメンバーとかで言うと

毛並みん 昔からずっとあーりんですね、佐々木 彩夏さん。

藤林檎 推してる理由とかありますか?

毛並みん やっぱり一番アイドルとして完成しているっていうのが大きかったかな…。当時の佐々木 彩夏さんは14歳とかだったと思うんですけど、それであんなににこにこしてて、可愛いを極めると格好いいになっていくと思うんですけど、その当時からそういう片鱗がありましたね。

藤林檎 そこにはあーりんに対して共感みたいな気持ちがあったんですか?

毛並みん 共感っていうか、師匠のような気分だった。


毛並みん×バーチャル?

藤林檎 毛並みんはこういうバーチャルの身体に興味ありませんか?

毛並みん 興味?興味あるよ~!興味あるけど、技術とかが追いつかない。

藤林檎 そうなんだ。じゃあリアルの存在であることにこだわりがあって、バーチャルは嫌だからアバターは作りたくないとかそういうことじゃない?

毛並みん そういうわけじゃなく。笑 技術力がただただ足りないだけ。

藤林檎 もしこういう感じでバーチャルアバター持つならどういう感じがいいとか、イメージありますか?

毛並みん え?(自分を指して)こういう感じ…。こういう感じがいい。

藤林檎 そのまんまで行きたい?

毛並みん そうだね。そのまま行きたいかな~。人間の姿は馴染まないと思うので。


毛並みんハープ弾けるんだけど

藤林檎 大森靖子さんか靖子さんのファンの人きっかけで私は毛並みんのことを初めて知った記憶があるんですけど、毛並みんは靖子さんにどうたどり着きましたか?

毛並みん それも友達の紹介だったと思うんだけど、「これはほんとに凄いから聞いた方がいい」って聞かせてくれて「確かにこれはすごい!」ってなって聴きだした。それでミスiD2016でカメラテストに落ちたじゃない?セミファイナリストになれなかった人も含めて、カメラテストに通った人宛に大森さんのスタッフさんからメールが来たの。「MVに出てくれませんか~?」って。それで一人3秒ぐらいの動画を撮って送ってください~って。送ったのよ毛並みんも。そしたら使われなかったのが毛並みんだけだったらしくて。愛してる.comのPVなんだけど。毛並みんも「愛してるよ~!」って言う動画を送ったんだけど。ちょっと毛並みんは使えませんってなって使わなかったらしい。

藤林檎 そこになんで使われなかったとかの説明は…?

毛並みん まあそこはテイストが。笑 女の子達が「愛してるよ~」って言う動画だから、しょうがないかな~って。でもその後に大森さん公認非公式でゆるキャラが「愛してるよ~」っていう動画を出したのね。そっちから声がかかってそこでは使ってもらったから、まあ、いっかな~って。

毛並みん 大森さんもそこで毛並みんのことを知ってくれていて。で、毛並みんハープ弾けるんだけど

藤林檎 え?そうなんだ。

毛並みん それでハープ弾いたピンクメトセラの動画上げたらツイッターで反応してくれたりしてた。


毛並みんと平成墓嵐

藤林檎 プロデューサーの夕月未終さんとはもともとお知り合いだったんですか?

毛並みん そうお互い顔見知りでね。現場とかで会ったら「ああどうも~」みたいに挨拶する仲だったんだけど。そして墓嵐の人達がやってたクリスマス会に毛並みんはソロとしてお呼ばれして。で毛並みんは元々他のメンバーとも知り合いだったりしたから、「久しぶり~」みたいになって。で毛並みんそこで初めて墓嵐のライブを見たのね。そこでめちゃくちゃ面白いな~って思って見てたんだけど、面白いな~でその時は終わってたの。それが終わって夕月さんから「入ってよ!」みたいに言われたんだけど、毛並みんは毛並みんキングダムの公務とかあってなかなか墓嵐のライブに参加できないかも…とか思ってたし、墓嵐は墓嵐でこの時点ですでに解散する運命が決まっていたから悩みに悩んで、それでもやっぱり「…入ります!」って言って入った。

藤林檎 え、すごいね。その日1回見ただけなのにもう「入ろう」ってなったんだ。

毛並みん なった!すーごい楽しかったんだよね~。年に数回会う仲だったところからこうやって一緒に活動するようになって、夕月さんだけじゃなくて他のメンバーとも結構知り合いだったから、本当に良いご縁だったなって思ってます。

藤林檎 どうして毛並みんに声をかけたかとか、その時に何か説明みたいなことはあったんです?

毛並みん 墓嵐は元々女の子だけのアイドルグループだったんだけど、そこから男性メンバーも入ったりしてたとこから、「じゃあ次は妖精じゃない?」ってなって、毛並みんになったらしい。あんま妖精っていないからさ、毛並みんになっちゃうんだよね~。毛並みんが入ったらインパクトで毛並みんが勝っちゃうんじゃないかなとか、グループとして大丈夫なのかな~とか思ったんだけど、なんかすぐ馴染んじゃった!

藤林檎 最初みんなどんな反応だった?毛並みんがメンバーになるって言って。

毛並みん でもみんな暖かく受け入れてくださいましたね~。ありがたいことに。

藤林檎 去年ライブとかを見て、毛並みんは墓嵐のみなさんからの信頼を得てるんだなって感じてて、でもやっぱりそこで信頼を得られるのって、そこにきちんと言葉や行動が伴ってるからだと思うのね。だから毛並みんがそこで信頼を得られたのは例えば墓嵐の練習をがんばるとか、きちんと色んな時間や期限を守るとかそういうところがちゃんとしてて信頼を得ていったのかなと想像しているんだけど、毛並みん的には実際どういう風に感じてる?

毛並みん そうかもしれない…ね!まあ墓嵐結構時間を守れなかったりするんだけど。笑 毛並みんはそこそこ守るし。そこそこね。あと歌もね、ひとりでアイドルやってたからそれなりに歌えるし、ダンスもちゃんと覚えて行くし、あと夕月さんからは「あんなに心配してた出席率が良すぎる!」って言われてて、そういうことがあって毛並みんが墓嵐の一員になれたのかな~って思ってます!

藤林檎 そこで良い関係性を築けてるのが、すごくいいなあって思ってて。

毛並みん 毛並みんずっとひとりでやってきたからさ、メンバーがいるってすごいありがたいことなんだよね~。


「毛並みんなんなん?」って思う人は絶対いるし、いて欲しいと毛並みんは思ってるの

藤林檎 毛並みんからこれを読んでくれてる方に伝えておきたいことって何かありますか?

毛並みん 毛並みんがミスiDに出るということに対して色んな意見があるというのはもちろんわかるので、で「なんだなんだ」ってなって叩くようなことももちろんあるとは思うんですけど、別に毛並みんそれでよくて。去年もまあそこそこ叩かれたんですけど、周りの平成墓嵐のみんなとかファンのみんなとかがすごい怒ってくれて、でなんか結局あんまり叩かれなくなってしまったんですけど。でもそれ実は吉田豪さんのところとかにクレーム的なDMが行ってたらしいのね。そういうの別に毛並みんに直接言ってもらえればと思います。それで毛並みんが行動を変えるとかは全然ないんだけど、でも意見として知っておきたいなあと思うので。まあでも毛並みんのこと好きじゃなかったらこんなインタビュー読まないと思うんですけど、もし毛並みんにご意見がある方は直接言っていただければ毛並みんがすごく楽しくなるので。

毛並みんが全く叩かれない社会はまじで不健全だから、「毛並みんなんなん?」って思う人は絶対いるし、いて欲しいと毛並みんは思ってるの。それで毛並みんの存在をどうしても認められないという人がもしいたとしても、あなたが認める認めないじゃなくて毛並みんはこうやってここに存在しているし、あなたが毛並みんのことを嫌いだということはわかりましたから、それで毛並みんを殺してしまおうとか、そういう風に思うんだとしたらそれはおかしくて、毛並みんは毛並みんとして生きていくし、あなたはあなたとして生きていきましょうねと思いますね。

藤林檎 そこが毛並みんの凄いとこだなと思ってて、例えば私は一方的に嫌いと言われたらただただ腹が立つだけだけけど、それに対して毛並みんはそういう風には「嫌い」という言葉を捉えてないってことだもんね。

毛並みん そうだね、もちろんちょっぴり悲しくはなるよ?でもまあそういう意見があるのはわかるし、絶対に毛並みんを好きになれっていうわけでもなく。そんなのそれこそ不健全だからね?それは毛並みんは目指していないので、「毛並みんが存在していますよ~!」と存在していることを、許す…いや許す許さないとかじゃなくて、毛並みんがここに存在していますよということをアピール出来ていたらいいなと思ってます。


毛並みん 

ツイッター
https://twitter.com/geri_girl

YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCS2Ycvfo1MPEDZFkW4Zp2bw

TuneCore
https://www.tunecore.co.jp/artist/KENAMIN


画像2

次回配信について

次回配信日、ゲスト共に未定です!決まり次第藤林檎ツイッターでお知らせします。

またSHOWROOMアプリをDLした上で下記ルームをフォローしていただけると配信開始時に通知を受け取ることができます。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
藤林檎
バーチャルファッショニスタ🍎/文化系ギャル🌹/VRoid https://www.instagram.com/fujiringoapple/ ここではインタビュー記事を書いたり日記を書いたり