見出し画像

2016年7月30日 旅31日目 ガラパゴス(3日目):ゾウガメと陸イグアナとチャールズ・ダーウィンに関する誤解

ガラパゴス3日め。

朝食後、朝のツアーにレジェンド号からゴムボートでイサベラ島に上陸しようとしたのだが、波が高くてなかなか上陸できず。僕たちのチームはなんとか間隙をついて陸に上がることができたが、後続は岸に近づいては引き返すの連続で、観光というより、上陸作戦のようだった。

今日は最終的には全チーム上陸できたが、これまで30回くらいガラパゴスに来ているというガイドさんによると、一度だけ上陸を諦めた高波があったそうだ。

上陸しただけでお腹いっぱいな感じだったけれど、そこから歩きで島内探索へ。

運が良ければ、ゾウガメや陸イグアナが見られます、と聞いて、ガラパゴスに来てゾウガメを見ないわけにはいかないのだが、見られないこともあるのか……と心配になった。

出発してしばらくすると、「カメ、カメ!」のガイドさんの声。道から茂みに入って覗き込んでみると、少し離れた草むらに、大きな亀の甲羅をみつけた。やった!ゾウガメだ!と、お題クリアを喜んだものの、遠目に甲羅をみただけなので、こんなものなのか、という物足りなさもあった。

だが、しばらく歩いてみると、なんと道の真ん中にゾウガメが!


すごい、でも、あまりに唐突に出現したことに驚いた。観光業者がこの場所に仕込んでいたのではないか、とうたがったくらいだ。

その後も、数頭ゾウガメを発見。

また、ガラパゴスといえば思い出す生き物で、ゾウガメと並ぶ二大巨頭、陸イグアナも見ることができた。

これも、最初は一頭見つけただけで大興奮だったが、いるところにはいるものだ。

僕は爬虫類一般は大の苦手で、山歩きをしていると蛇を見たくもないのに探してしまう。

陸イグアナも、日本でいきなり見かけたら、たぶん一目散に逃げだすと思う。

でも、ガラパゴスでは嬉々として近づき、写真を撮るのだから、おかしなものだ。

この続きをみるには

この続き: 837文字 / 画像5枚
この記事が含まれているマガジンを購入する

40代半ばの中年男性が家族とプチ世界一周に出てみた記録です。何かのアクシデントで死んだら、「無職」って報道されるのか……

または、記事単体で購入する

2016年7月30日 旅31日目 ガラパゴス(3日目):ゾウガメと陸イグアナとチャールズ・ダーウィンに関する誤解

fujipon

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

9
『琥珀色の戯言』http://d.hatena.ne.jp/fujipon と『いつか電池がきれるまで』http://fujipon.hatenablog.com というブログをやっている、「何者にもなれない医療関係者」です。

この記事が入っているマガジン

いろんなものに流されて、とりあえず旅に出てみたよ。
いろんなものに流されて、とりあえず旅に出てみたよ。
  • 48本
  • ¥300

40代半ばの中年男性が家族とプチ世界一周に出てみた記録です。何かのアクシデントで死んだら、「無職」って報道されるのか……

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。