CD売らないプロジェクト

37

CDをやめる上で考えていたあれこれ

今年は全国各地でフリーライブをやりまくって、QRコードが付いた無料ダウンロードカードをばら撒きまくる予定でした。 2018年頃から前もって制作費用をクラウドファンディングで募り、CDをやめて全曲無料ダウンロードにして、マネタイズを音楽じゃないものに変えていっています。それもこれもストリー…

何者でもない者を目指して

25歳の時に作った一発公開レコーディング「四半世紀」を折に、シンガーソングライターという枠からはみ出すことばかり考えてきました。スキルを分散させることで他とは比べられない"シンガーソングライター"からこの世に一人だけの"藤森愛"になろうとしてたんです。 そのためにシンガーソングライター…

出ている答えに興味はない

「ダウンロードもやってCDも売ればいいじゃん」と言われたことがあるのですが、新しい方へ移行する時って今までやっていたことをやめないと伝わりにくいんですよね。 iPhoneからイヤホンジャックの穴がなくならなかったらBluetoothイヤホンを買おうと思わないのと同じで、私が今でもCDを売り続けなが…

CDを売らなくなってから考えるようになったこと

今年もCDを売らないで活動していこうとしている人です。 レコ発とはよく言いますが、昨年は"レコ無しリリースツアー"というタイトルで文字通りCDを売らずに、音楽は無料ダウンロードできるようにし、歌詞譜面などが載ったブックレットとグッズを販売しました。 それで売り上げはあるのかとよく心配さ…

CDを売らなくても生きていける未来への選択肢を増やすために

今の私に何が出来るのかと言うと、こんなことをしたらこんなことが起きるという実践結果を見せていくことです。 私一人の力でCDが売れない時代を変えることは出来ないし、ミュージシャンが食べていける環境を用意できるわけではありません。ただノウハウを伝えたり、こんなことも出来るのだという選択…

敵わない相手のライバルにならない

CDを売らないと決めた今、音楽があっても届ける物体がありません。でも逆を言えば何にでも音楽を乗せて届けられるということです! CDを売らないと他に売るものがないとよく聞きますが、こんなに物が溢れている世の中でそんなことはないと思います。むしろどんな物でも簡単に手に入る時代になったため…

賛成も反対もそのままでいい

福田良彦岩国市長への表敬訪問が「日刊いわくに」新聞へ掲載されました!イラストやCDを売らないプロジェクトについて大きな記事へ詳しく書かれています。 そしてこの時に寄贈した岩国をテーマに書き下ろした原画はなんと!市長応接室に飾られているそうです!!本当に光栄です。。。私がシンガーソング…

CDという入れ物を飛び出した先へ

恐らく皆さんが一番気になるのがこの部分だと思うのですが、CDをやめて売り上げは以前よりも上がりました。単純にCDより単価が高いものを売っていることと、グッズのバリエーションが増えたからです。どちらもCDをやめなければ考えなかったことだと思います。だから考える時間はものすごく増えました。…

CDが売れないことを恐れてはいけない

"CDが売れない時代"とよく聞きますが、これは少し分かりにくいなあと思っています。私的には、"CDプレイヤーが売っていない時代"、"音楽はほぼ無料で聴ける時代"の方が分かりやすい。 これは何度も言っているのですが、決してCDを売りたくないわけではなく、CD自体が音楽を届ける上で高いハードルにな…

CDにしなかったことで大変だったこと

今年から音楽は無料にして、CDの代わりの物を売ることに挑戦しています。物販はついにCD付きの作品が「四半世紀」のみになり、それ以外はダウンロードスタイルになりました。 当然この先もCDではない物で届けていくのですがこれがなかなか大変で、"どんな物にするのか"を考えなければならない。今まで…