藤森愛

表現者

藤森愛

表現者

マガジン

  • 生活すること

    生きるって何だろう?それは生活することなのではないだろうか────30才で伊東市にある海の街へ移住して感じたことを書いています。

  • 芸術について

    芸術についての考えをまとめたものです。

  • 私の伊東

    伊東市へ移住してからのイベントについて。

ストア

  • 商品の画像

    藤森愛オフィシャルファンクラブ会員証

    ▼藤森愛のオフィシャルファンクラブができました! ▼一度入会すれば、その後の費用は一切かかりません。 【入会特典】 ▼会員ナンバーが発行されます。 ▼ファンクラブ限定のグッズを購入できたり、おまけがもらえたりします。 ▼随時、特典を増やしていく予定です。 【FUJIMORIAI OFFICIAL FAN CLUB】 https://www.fujimoriai.com/officialfanclub
    500円
    FUJIMORIAI ONLINE SHOP
  • 商品の画像

    藤森缶バッジ(ファンクラブ限定商品)

    ▼藤森愛オフィシャルファンクラブ限定の缶バッジです。未入会の方は、会員証もご購入いただきますようお願いいたします。 ▼ファンクラブの方は、ご購入の際に備考欄へ会員ナンバーをご記入ください。 藤森愛オフィシャルファンクラブ会員証のご購入はこちら https://fujimoriai.official.ec/items/79604973
    300円
    FUJIMORIAI ONLINE SHOP

ウィジェット

  • 商品の画像

    藤森愛オフィシャルファンクラブ会員証

    ▼藤森愛のオフィシャルファンクラブができました! ▼一度入会すれば、その後の費用は一切かかりません。 【入会特典】 ▼会員ナンバーが発行されます。 ▼ファンクラブ限定のグッズを購入できたり、おまけがもらえたりします。 ▼随時、特典を増やしていく予定です。 【FUJIMORIAI OFFICIAL FAN CLUB】 https://www.fujimoriai.com/officialfanclub
    500円
    FUJIMORIAI ONLINE SHOP
  • 商品の画像

    藤森缶バッジ(ファンクラブ限定商品)

    ▼藤森愛オフィシャルファンクラブ限定の缶バッジです。未入会の方は、会員証もご購入いただきますようお願いいたします。 ▼ファンクラブの方は、ご購入の際に備考欄へ会員ナンバーをご記入ください。 藤森愛オフィシャルファンクラブ会員証のご購入はこちら https://fujimoriai.official.ec/items/79604973
    300円
    FUJIMORIAI ONLINE SHOP
  • 商品の画像

    藤森ステッカー

    \栄ミナミ音楽祭限定オンラインショップ販売!/ ▼ 雨風や直射日光に強く、屋外でも長期間貼れるステッカー。
    200円
    FUJIMORIAI ONLINE SHOP
  • もっとみる
  • 藤森愛/新井
  • 藤森愛/潤
  • 藤森愛/Life is like a dream
  • ”Step forward. MUSIC IS …
  • 藤森愛/平成維新(THE BOTTOM LINE)

最近の記事

  • 固定された記事

海の街へ移住したら

伊東へ移住して1年が経ったので、今しかないこの新鮮さをパッケージングしておくためにも、初めの1年で起きたことをまとめておくことにした。 伊東市は約半分が国立公園になっていて、国際観光温泉文化都市にも指定されている自然豊かな街。私が暮らしている「新井」という場所は、特に古い街並みが残っている漁村で、道端で干物が干されているのが当たり前の風景。高齢化が進み、空き家も増えているけれど、私がここでしか感じ取れないものが確かにある。 勝手に健康的な生活になる早寝早起きはしたくてもで

    • 私の処方箋

      今の暮らしになってから1年半以上が過ぎた。ここでの日々は静かに、穏やかに流れていく。ありとあらゆる存在が私を支えてくれているおかげだろう。打ち寄せる波の音も、どこまでも続いていく地平線も、季節と共に色を変えていく山々も、朝陽と共に歌い始める鳥たちも、今日は天気がいいねとご近所さんと交わす会話も、おまけでもらった干物も、日常の中にある全ての出来事が私の支えとなっている。 以前の私の支えは音楽しかなかった。だからこそ音楽へ注げたエネルギーは多かったし、できたこともたくさんある。

      • 創作とは何かと対話すること

        私は一人でいることを全く苦に感じない。道端でご近所さんと世間話したり、干物屋のおじちゃんと話したりで充分満足できる。だから家族も友達もいない街へ移住できたのだろうけど。一人っ子なこともあり、一人の時間を過ごすサバイバル術みたいなものを幼少期のうちに会得したらしく、むしろ友達付き合いは苦手な方だった。ツアーミュージシャンになってからも旅の道中は一人だったし、どこかへ属したいという気持ちも全くない。一人でいることは私にとって、最高に充実した時間だ。 でも、時折り不安になる。一人

        • 2度目の風景画展をやります

          伊東へ移住したばかりの頃は、この目に映し出される景色の全てが、この肌に染み渡っていく感覚の全てが新鮮でした。それらは次第に私と混ざり合っていき、少しずつ見える景色も、感じ取るものも変わってきているようです。海の青さの中にある様々な青色、時の流れと共に何層にも重ねられてきた色彩、暮らす人々それぞれが持つ生活。以前よりもより深く、鮮明に映し出されるその姿は、移住したばかりの新鮮さとはまた違った新しさなのです。2年目の今もなお、私はこの街の日常風景の美しさを発見し続けています。

        • 固定された記事

        海の街へ移住したら

        マガジン

        • 生活すること
          154本
        • 芸術について
          25本
        • 私の伊東
          6本
        • 海の街での暮らし
          57本
        • FUJIMOREALTIME Vol.2
          2本
        • 藤森愛10周年記念作品展「人生如夢」
          29本

        記事

          私のポンコツバッテリーの使い方

          まるで水の底にいるかのような重たい身体を、地べたに横たえる。胸が締めつけられているせいで上手く呼吸ができず、脳に充分な酸素が行き渡らない。1秒先のことを考えるだけで精一杯。冷蔵庫の中にあった納豆や豆腐やレタスなどの調理しなくてもいいものを機械的に食べ、また地べたに横たわった。この傾いた世界を見るたびに私は、自分が躁鬱だったことを思い出す。 風景画展の準備のために大量のエネルギーを使い、バッテリーが切れてしまった。しばらくはコンセントに繋いで充電しなければならない。私は自分の

          私のポンコツバッテリーの使い方

          視点が変わった世界で見えるもの

          水がゴーゴーと音をたてて流れているのが聞こえる。さっきまで降っていた山の水が、川を伝い海の方へ降っていく音だ。昔は川だった上に道路を作ったらしく、私は川が通っている山を少し切り拓いた場所に暮らしている。山と海と川の3点セット。移住を決めた時はそこまで自然に囲まれて暮らしたいわけではなかったのだけど、この地へ来た瞬間にここで暮らしたいと直感で感じたということは、私は無意識に自然を欲していたのだろう。 部屋に差し込む陽の光、BGMのように絶えず聞こえる様々な鳥の鳴き声、海から吹

          視点が変わった世界で見えるもの

          静岡銀行さんでコラム「しずぎんのうた」を寄稿することになりました!1枚の風景画をテーマに、伊東での暮らしを通じて感じたことを書き下ろしています。アプリをダウンロードすれば誰でも閲覧可能です。各「しずぎんアプリ」からぜひご覧ください。

          静岡銀行さんでコラム「しずぎんのうた」を寄稿することになりました!1枚の風景画をテーマに、伊東での暮らしを通じて感じたことを書き下ろしています。アプリをダウンロードすれば誰でも閲覧可能です。各「しずぎんアプリ」からぜひご覧ください。

          ゴールのない芸術作品を目指して

          藤森愛として活動14年目を迎えた(昨年は間違えて12年目と言ってたみたい)。今でもこうして藤森愛という看板を出して活動できているのは、たくさんの支えがあるからなのだと年月を重ねるごとに強く、深く感じる。 芸術ごとを続けていくのは難しい。なんでもそうだろうけれど、特に芸術は生きていくために必要なものとしての優先順位は圧倒的に低い。生きていくためには絶対に必要だ!という人もいるかもしれないけれど、芸術は安心安全な生活の上でしか成り立たないものだと私は思っている。だから今、自分が

          ゴールのない芸術作品を目指して

          現実から解き放たれたフォルムと色彩

          ポーラ美術館で初めてアンリ・マティスの「リュート」を見た時、正直その良さは分からなかった。パースを無視したダイナミックな線と、大胆に置かれた強烈な色彩に、私は戸惑いさえも覚えた。なんて自由すぎるのかと。自由すぎて脳が追いつかない。でも決して複雑なことはしておらず、むしろ簡略化されたその絵になぜか心が引っ張られる。美術館を見終わったあと、気になって調べたくらいだ。だけど当時の私は、その絵に引っ張られている理由が自分でも説明できないままだった。 あれから月日が流れ、私はよりコン

          現実から解き放たれたフォルムと色彩

          戦わない勇気

          ギターとキャリーバッグを担いで、バスへと乗り込んだ。運転手さんにゆっくりでいいですよ~と言われる。久しぶりの大荷物に私は手こずっていた。こんなに重たかったっけ。今回の荷物はまだ少ない方で、これよりもっと重い荷物を担ぎながら全国を飛び回っていたなんて信じられない。あの頃は重さなんかよりも、世界が広がっていくワクワク感の方がまさっていたのだろう。伊東駅でお土産を買うと店員さんに、たくさんありがとうございますと満面の笑みで言われた。その笑顔すぎる笑顔に心がほっこり温まる。この小さな

          戦わない勇気

          言葉になる前の音に耳を傾けながら

          カーカーカーというカラスの鳴き声で目が覚めた。時計を見ると朝6時前。ここ最近は目覚ましの音ではなく、朝日と共に鳴き始めるカラスの声で起きることが多い。お前はニワトリか!二度寝しようと思っても、スヌーズみたいに何回も繰り返すもんだから目が覚めてしまう。でも、目覚ましの音でびっくりして起きた時のような不快感はない。自然界の音だからかな。伊東に来てからは、自然の音に耳を傾けることが多くなった。特に文章を書いている時は、外から聞こえてくる色んな音を言葉に乗せるように書いていくため、音

          言葉になる前の音に耳を傾けながら

          天国に生まれた私たちは

          家にいながら好きな時間にドラマや映画を楽しめる。本を読まなくてもYouTubeで誰かが分かりやすく解説してくれている。お店に行かなくてもネットで注文すれば次の日には欲しいものが届く。どんなに遠い世界の果てでも写真や動画で見ることができる。お店の口コミを調べればハズレを引くリスクを下げられる。100円均一でだいたいの生活用品は揃えられる。500円払えばおいしい牛丼を食べられる。スマホを開けばすぐに誰かと繋がり合える。 こうして並べてみると、私たちが今生きている社会はとても満た

          天国に生まれた私たちは

          小さな街の小さな物語たち

          もうすぐ冬も終わりだなあと思いながら、ふとスーパーで目に入った大根。そういえば、今シーズンは煮物を作っていない。出汁の染み込んだあの味を想像した途端に食べたくなり、半分に切られた大根を買った。煮物は出来上がるまでに少し時間がかかる。調味料を適当に鍋の中へとぶち込み、ダラダラとYouTubeを見ながら待つ。このダラダラとしている時間が最高に無駄で楽しい。スーパーの惣菜コーナーで大根の煮物を買ってしまえば楽なのだけど、私は楽をしたいわけではない。できるだけ楽しいと思える時間を増や

          小さな街の小さな物語たち

          現代社会での自分なりの幸福論について考えてみる

          観葉植物たちが無事に冬を越えられるかを心配している。ベンジャミンは部屋が寒すぎたのか、半分ほど葉を落としてしまった。パキラは冬眠させているからあまり変わっていない。他の植物たちは冬の日差しでもニョキニョキと成長し、新芽を生やしたものもある。植物を通してたくさんのことを学んだ。水をあげるタイミング、日差しとの距離、土に混ぜる肥料の種類、植え替えの時期など、それぞれの植物に合わせて環境を用意する必要がある。調べた通りにやったとしても、個体差があるから上手くいかない時もある。スクス

          現代社会での自分なりの幸福論について考えてみる

          一度目の春に添えられるいただきもの

          部屋の中で河津桜が咲いている。新井の土産物店で買い物をしたおまけでいただいたものだ。昨年も河津町でもらって部屋が桜まみれだったため、またこの季節がやってきたんだなあと。まだ暖房が必要なくらい寒い日もあるのに、桜が咲いているのは不思議な感じだ。もうじき花びらは落ちて葉桜となり、一度目の春が終わる。そして4月頃にまた別の桜が咲き始める。伊豆は春を二度も楽しめる場所なのだ。 買い物へ出かけようと家の外へ出ると、ご近所さんたちがいつもの場所で集まって話していた。最近見なかったねー。

          一度目の春に添えられるいただきもの

          創作することは体の機能の一部

          新しい机を買った。机自体を斜めにすることができるため、姿勢が前かがみにならない。先日、腱鞘炎になってしまったため何かを改善しなければと思い、まずは姿勢を直してみることにした。だから作業部屋には、大きな机が2つ並んでいる。1つは音楽やWEB系の作業をするため、今回買った斜めの机は絵を描くためだ。 ふと、高校生の頃の自分を思い出した。絵も描きたいし、音楽もやりたい。けれども進路は一つに絞らなければならない。あの頃の時代は副業なんてなかったし、フリーランスもメジャーではなく、仕事

          創作することは体の機能の一部