見出し画像

How to 新入社員研修

いよいよ新入社員がジョインしてきます。🎉

今年から社長自ら簡単なワークショップを開催するので、
「これぞ社長だというところを見せつけてやろう!」
と、とても小さいことを思っている次第。😁

今回のポイント

画像1

・POINT1:新人研修をより実りある体験にするために
・POINT2:新人CGデザイナーの成長の助けになるために

実り多い新人研修を開催することで、
素晴らしいデザイナーを生みだす最初の一歩に出来ればうれしいです。

----------
まずは伝えたいことをハッキリさせておきます。

それはズバリ会社のビジョンである
『感動体験をデザインする
という事を伝えることです。

ビジョンというのは、会社における道標です。
「こっちに進んでね、こっちがみんなの進む道だよ!」
と指し示している、カーナビの目的地のようなものです。

”目指すゴールの方向”がしっかり伝わって、
そのビジョンがしっかりと共感できるものであれば、
”そのためにどのような行動をすべきか”
の行動指針となるわけです。

※「感動体験をデザインする」事がいかにキャラバンズとしてのビジョン足り得るのかは、最後の方に書いてあります。

次に伝え方について考えてみましょう。

以前、「娯楽のUI - by Nintendo -」というセミナーの映像を拝見しました。UIや新人への伝え方などとてもわかり易く説明しているので、見てない人はぜひ見てみるよ良いと思います。(1時間30分ある長い動画なのですが、伝え方の話は、最初から12分くらいまでです。)

この動画では新人への伝え方について、
大事なポイントを3つ紹介しています。

・教えることより体験してもらう事
・はじめての体験は貴重
・体験はやっぱり面白く

つまり、この動画の伝え方に乗っかって、
「会社に入って最初の研修で、
面白い体験をしてもらうことで、
効率的にビジョンを伝えちゃおう!」

って事なのです。

これをベースに、キャラバンズの新人研修では、
具体的に何をするのかを書いていきます。
ちなみに、事前に社内ワークフローを開催して、
効果は(ある程度)検証済みです。

キャラバンズの新人研修は以下3部構成です。

①カードゲームをプレイする
②そのゲームについての考察
③まとめ

①カードゲームをプレイする

まず、フローリッシュゲームズの「ニックネーム」というカードゲームをみんなでプレイします。(もちろん僕も参加します。)

このカードゲームはお互いをニックネームで呼びながら、
カードをおねだりするだけのシンプルなものなのですが、
はっきり言って結構盛り上がります。

詳しい説明は割愛しますが、まだお互いに気恥ずかしさが残っている頃にプレイすると一気にお互いの距離が縮まりますよ!

↓↓↓カード詳細はコチラ↓↓↓

②そのゲームについての考察

プレイしたゲームの「どこが面白かったのか」を話します。
経験上、プレイヤーから出てくる意見は以下のようなものです。

・欲しいカードをズバリ言い当てた時が面白かった。
・ニックネームで呼び合うのが恥ずかしいけど面白かった。
・みんなとの距離が縮まっていく感覚が面白かった。

おそらく”面白い”とは、何らかの体験を通して
感情曲線が大きく動いた時に感じるものに違いありません。

③まとめ

ここでいちばん重要な投げかけをします!

「ゲームが面白かった理由に、
デザインに関するものが無かったのはなぜでしょう?」

「デザインはゲームの面白さを決める物に
成りえないのでしょうか?」

いいえ、それは違います。

・プレイヤーが感情移入しやすいキャラクターデザイン、
・カードの手触りや、持ちやすい形、
・読みやすい文字や数字。。。。

これらはゲームを面白くするための
とても大事なファクターのひとつです。

だって、
びっくりするほど的外れなイラストで
何が書いてあるか判らない数字や文字では
正しく楽しく遊べないですよね?

ただ、ここでは、
「デザインは重要なファクターではあるけれど、
それだけではゲームは面白くならない。」

ことを再認識して欲しいのです。

デザイナーをしていると、
知らず知らずのウチに自分たちの仕事が
「デザインリソースを制作する事」
だけに偏ってしまう事があります。

クリエイターとしての僕たちの仕事は
「面白いコンテンツをつくること」です。

自分たちの持っている「デザインスキル」を使い、
「面白いコンテンツ」をユーザーに届け、
自分たちの価値を最大化しているのです。

さきほど面白いとは感動曲線が動くことだと言いました。

つまり、僕たちの仕事は、
自分たちの持っているスキルを駆使して、
感情曲線が動くような、面白い体験
をつくる(手助けをする)こと!
なのです!

それが、
「感動体験をデザインする」
というビジョンです。

このビジョンがしっかりと伝わることで、
新人デザイナーが少しでも迷わずに、
価値あるデザイナーに成長して貰えれば何よりです。

コロナ対策で入社後すぐにテレワークに切り替わる会社も多く、
新入社員の皆さんは不安なことも多いと思います。

僕たち会社側の人間も、皆さんに少しでも安定的に
成長して貰えるようがんばりますので、一緒に楽しみましょう!👍

↓↓↓ニックネームに興味がある人はコチラ↓↓↓


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Thank you for reading!
3
株式会社キャラバンズ代表/CEO。元3DCGデザイナー。ゲームCG制作とオリジナルサービス「chara.la(キャララ)」展開。最近は営業とUXデザイナーを兼任。会社を運営していく上での組織改善点、自社サービスのUX/売り方等について書いていきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。