Frich(フリッチ)公式ブログ

支えあいに特化したコミュニティプラットフォームを提供しています。 東京都の東京金融賞2019金融イノベーション部門で第1位、神戸市等が主催する「SDGs CHALLENGE」での採択や、「世界を変えるスタートアップ大賞」(日経トレンディ)に選出されるなど大きな注目をあびています。

Frich(フリッチ)公式ブログ

支えあいに特化したコミュニティプラットフォームを提供しています。 東京都の東京金融賞2019金融イノベーション部門で第1位、神戸市等が主催する「SDGs CHALLENGE」での採択や、「世界を変えるスタートアップ大賞」(日経トレンディ)に選出されるなど大きな注目をあびています。

    マガジン

    • 共済のプロ 可児先生に訊く

      • 7本

      近年、福利厚生の施策として共済会が見直されています。 長年共済会を研究してこられた共済会のエキスパート、千葉商科大学教授で株式会社労務研究所 代表取締役の可児先生にお話を訊きます。

    • 予防による割引

      Frichでは、グループメンバーにアクシデントが無ければ、翌月の支払いが割引になります。その仕組みを解説します。

    • 用語集

      Frichでは、保険業界特有の用語を使う場合があります。こちらでは、そうした専門用語の解説しています。

    • 友だちの招待とグループ

      Frich最大の特徴は、友だち同士でグループをつくることで、アクシデントの予防を図りつつ、アクシデントが無ければ翌月の支払いが割引になるというメリットがえられることです。この仕組みについて解説します。

    • 透明性へのこだわり

      Frichでは、加入者が支払ったお金の使途を明らかにしています。

    最近の記事

    • 固定された記事

    Frichプラットフォームの今後のロードマップ(Frich's Roadmap)

    Frichは、P2P互助のプラットフォームを運営しています。 InsurTech文脈で「P2P保険」とカテゴライズされることが多いため、事業内容を見ていただく前は保険会社として理解されることもしばしば。 一方、Frichの真贋=プラットフォーマーであることのご理解をいただくと、なにやら霧が晴れたように当社のご理解が深まることが大変多い状況です。 そのようなわけで、当社事業をより深く正しく知っていただくため、「P2P保険」といっても国内外で多種多様なバリエーションがあることを

    スキ
    4
      • Frichは、「80%の確率で自分を助けるセーフティネット」を目指す

        「他人を支えるために自分が成すべきことをする精神は素晴らしい。だけど率直に言って誰だって自分が一番かわいい。自分さえ助かれば良いと思う人が大多数ではないか?」 自分が一番かわいいと考えるのは当然です。 しかし我々は、自分を第一優先に考えることと他人を支えることは必ずしも相反する価値観ではないと考えています。むしろ自分や自分の家族を最優先にすることが、実は「コミュニティづくり」に繋がっているのだと考えています。 ここに阪神・淡路大震災の記録があります(平成15年版 防災白書)

        • 「DAO」って「共済」のことでしょ?前からそんな風に考えている。

          Web3.0時代のDAO。 今回はそんな時代の最先端が、実は産業革命期の共済と酷似しているのではないかという話だ。 共済誕生の背景産業革命勃興期、マンチェスター地方にある織物の町・ロッチデールでは、大資本に搾取される労働者が生活協同組合をつくった。 低賃金で働く彼らは、買い物をする際、悪徳商品を買わされたり、量をごまかされたりして、苦しい生活を余儀なくされていた。 ならば自らが店主になることで、ごまかされることもなく、失業の恐れもない環境をつくろうと彼らは決心し、集まった

          • わんちゃんを何より大切に思うあなたへ

            ペットカートという新しい文化を創るご協力をしていただけませんか? ペットカートでおでかけという新しい生活様式は近年急速に拡大してきています。 また、利用者が急速に増えてきているがゆえに、当初想定していなかったさまざまな場面でのご利用が増えてきました。 ペットカートにご興味をお持ちいただく方は、みなさん、わんちゃんのことを誰よりも一番に考えている方々だと思います。 より安全で、楽しく、笑いが絶えないようなお出かけのシーンに、ペットカートがともにあるような、そんな風景が当たり

            スキ
            6

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 共済のプロ 可児先生に訊く
            Frich(フリッチ)公式ブログ 他
          • 予防による割引
            Frich(フリッチ)公式ブログ
          • 用語集
            Frich(フリッチ)公式ブログ
          • 友だちの招待とグループ
            Frich(フリッチ)公式ブログ
          • 透明性へのこだわり
            Frich(フリッチ)公式ブログ
          • 法律に対する誠実な取組み
            Frich(フリッチ)公式ブログ

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            1996年の保険自由化から25年、保険業界はこんなに大きく変わった。

            1996年の保険自由化は日本の保険業界に大きな変化をもたらした。その後、数回の法律改正を経て、保険料率の競争や商品・発売チャネル(販売経路)の多様化が実現し、そうした変化の流れがP2P保険の登場につながった。 そこで本記事では、保険自由化に至るまでの状況と保険自由化によってもたらされた変化、保険自由化以降の状況の3点にフォーカスし、保険業界の変遷をたどる。 保険自由化に至るまでの状況まず、自由化に至るまでの状況をみていこう。 自由化前の法的枠組み 自由化以前の法的枠組

            スキ
            3

            5分でわかるブロックチェーン技術入門

            最先端のデジタル技術を活用するインシュアテック。その中核的な技術であるブロックチェーン技術は「インターネット以来の最大の発明」ともいわれる革新的な技術である。 P2P保険の将来的な進展のカギを握っているともいわれるブロックチェーン技術とはどのようなものなのだろうか。 ブロックチェーン技術のさまざまな側面についてわかりやすく解説する。 ブロックチェーン技術の仕組みと種類 仕組み ブロックチェーン技術はサトシ・ナカモトによって考案された画期的なアルゴリズムだが、もともと

            スキ
            3

            ビジネスにおけるSNSマーケティングのポイントとポテンシャル

            P2P保険では、SNS上で共済グループをつくり、グループ単位で保険に加入する仕組みになっている。SNSは、膨大な利用人口、多様な情報の発信と受信、人間関係の構築・維持にも関わる、ポテンシャルの高いプラットフォームである。 本記事では、国内外の調査結果を基にSNS利用の実態を明らかにし、SNSマーケティングのポイントに触れながら、SNSがビジネスにもたらすポテンシャルについて考える。 世界のSNS利用状況 SNSはどの程度利用されているのだろうか。まず、世界全体の状況をみ

            スキ
            1

            江戸時代における、強制拠出・連帯責任などの「助け合いのしくみ化」の話。

            P2P保険の仕組みを支えるのは「相互扶助」というコンセプトである。 江戸時代後期は財政難に苦しむ藩が多く、経済再建問題が重大な課題だった。それらの対策として「相互扶助」の仕組みを活かした優れた取り組みが編み出された。 その中でも特筆すべきは二人の人物の施策だ。 一人目は、上杉鷹山。 凶作や飢饉の際の救済政策を実施し、その後の大飢饉で藩内から1人の飢餓者も出さなかったといわれる。 二人目は二宮尊徳。 信用組合・協同組合の先駆けともいえる画期的な相互扶助金融制度を作っ

            スキ
            2

            【事例】海外の最先端の保険は今、どうなっているのか

            P2P保険といっても、その仕組みはさまざまである。また、ニッチな市場をターゲットにしているため、対象者や提供するサービス、商品も多様だ。さらに、それらによってもたらされる社会的意義も異なる。 P2P保険のはじまりは2010年。その取り扱いを手掛けたドイツの企業をはじめとして、海外のP2P企業は、革新的かつ独自の特徴を備えたさまざまなサービスを提供し、P2P保険をさらに進化させつつある。  本稿では、ドイツ、イギリス、アメリカ、中国など海外の主要なP2P保険の事例を取り上げ

            スキ
            6

            P2P互助で「飼い主の長期入院」をカバー。ペットを守るコミュニティ。

            犬猫の約 1 割は単身世帯によって飼育されている*1 コロナ禍によってペットを飼う人自体が増えたのもあるが、実はコロナによってあらためて顕在化したリスクがある。 それが隔離(入院など)で長期不在時になった時のペットのお世話だ。 自分で見つけるコロナ罹患を例にとると、ペットの預け先は感染者自らが探し、誰がどんな方法で運ぶかまで決めることが原則となっている。*2 アニコム損保がコロナ感染者のペットを無償で預かる「#StayAnicom」プロジェクト*3を始めるなどの動きもあるが

            スキ
            1

            高齢者と愛猫の幸福ためのサービス「ねこふく」はじめます。

            保護猫施設運営のネコリパブリックが、FrichのP2P互助プラットフォームを活用し、高齢飼い主むけに「万一の時に保護猫を引き取る仕組み」を開始。  「令和2年 全国犬猫飼育実態調査」(一般社団法人ペットフード協会)によれば、猫を飼っている人の割合は60代で10%、70代では8%程度となっている。一方、生活環境等の向上により、同調査では猫の平均寿命は15.45歳まで延びている。  コロナ禍で猫などのペット飼育頭数が増えたとされるが、保護猫施設運営のネコリパブリックでは、飼い

            スキ
            6
            再生

            【審査員講評】ICJ ESGアクセラレータ― 2021

            以下の3つの賞を同時受賞しました。 ①金融インクルージョン部門大賞 ② J&J 事業創造賞 ③セブン・フィナンシャルサービス賞

            スキ
            1
            再生

            ICJ ESGアクセラレータ― 2021

            生命保険・その周辺領域という巨大マーケットにおいてこれまで規制により拾えなかったニーズを、P2Pという新しい手法で解決します。個人や企業が主体となって「自分たちに必要なニッチな保障」を作ることができ、従業員向けの付加保険、施設毎の福利厚生などにも貢献できます。

            スキ
            1

            たった5分あれば、誰でも渋沢栄一の偉大さがわかる。

            渋沢栄一は不思議な人だ。 生涯に関わった会社は約500、公共事業は約600。 しかも、その多くが「日本初」である。 保険会社も「日本初」のひとつだ。 彼は当時のニーズを的確に掬い上げ、日本初の保険会社を手始めにさまざまな保険会社の設立や維持・改善に尽力した。 なぜ彼は日本にも保険会社が必要だと考えたのだろう。 5分間でわかる「渋沢栄一はこんな人」 渋沢栄一はどんな人物だったのだろうか。 「グランド・オールド・マン」 ちょうど100年ほど前の1923年9月1日、日本は

            スキ
            5

            現代に登場した、人々の「助け合い」のプラットフォーム、P2P保険とは何か。

            SNS時代の新しい保険の形「P2P保険」に注目が集まっている。 P2Pとは「Peer-to-Peer」を略したもので、簡単にいうと「対等の者(Peer、ピア)同士が通信をすること」を指す。 「P2P保険」の2つの「P」も「対等な仲間同士」という意味を表している。 これまではニーズがありながらも、市場規模が小さいという理由で提供が難しい保険サービスがあった。 しかし、P2P保険であれば、ニッチなニーズであっても、同じニーズをもつ契約者が一定数確保でき、ビッグデータやAI

            スキ
            3

            「英大手保険会社Direct Line GroupのCMOによるテクノロジーを活用した保険のリブランディング」

            家や車、最新のガジェットを持ってから、保険のことを考えるようになったとき、年間契約や不明瞭な価格設定、現実的な生活スタイルにそぐわないような複雑なサービス内容などを思い浮かべます。 Hot Topics社では、Direct Line Groupのマーケティング・ディレクターであるマーク・エヴァンス氏にインタビューを行い、同グループが消費者の需要に応えるためにどのように新しい技術を取り入れているかについて伺いました。 エヴァンス氏は自分の役割の重要な部分を、ブランドを再活性化

            スキ
            3